*

カブトムシは交尾後いつ産卵するの?わかりやすく解説。

昆虫の王様『カブトムシ』夏になると子供達がこぞって虫取りで狙い始めますよね。ペットショップなどで高値で取引されたり、昆虫を育てるのって難しいのでハマる大人も続出しているとか。

カブトムシでもなんでも飼育しているとぶちあたるのが「交尾・産卵」放って置いてもいいんだろうけど、きちんとしてあげたい。そもそも、人間は40週で子供が産まれるけど、カブトムシって一体どれくらいで産まれるのかしら?

今回はそんなカブトムシの交尾から産卵までの時間をご紹介します!

SPONSORED LINK

かぶとむし

基礎知識

カブトムシの寿命は1年程。一生のうち7〜8割を土の中で過ごします。成虫の状態で越冬をすることはまずありません。成虫である1〜2ヶ月の間に一生懸命交尾をして産卵を行います。

カブトムシはサナギから成虫にかえり、しばらくはサナギ室の中にいます。その後、後食といわれる成虫になってから初めてエサを食べると交尾可能になります。「成虫になってる!!」と見つけて掘り返して交尾させるのはやめましょう。体が出来上がっていないので、交尾が出来たとしてもうまく行きません。自ら出てくるのを待ちましょう。

交尾から産卵までの流れ

①ペアリング

ペアリングとは交尾を行うメスとオスを合わせることを言います。成虫で採取してきたカブトムシのメスは交尾済みの事が多く、そのまま産卵する事があります。

幼虫から育てている場合は「メス1匹オス2匹」で中に入れるとオス2匹がメスを取り合いより強いカブトムシが産まれる事になります。だたし、それ以上入れるとメスの取り合いでメスが弱ってしまう可能性があるので、入れ過ぎも禁物です。

②交尾

ペアリングが終わると交尾が始まります。念のため2日置いておきましょう

③産卵

交尾が済むと産卵準備のためメスは土の中(または産卵マットの中)に潜ります。潜ったらオスを別籠に移しましょう。そうでないとオスはまた交尾を始めてしまいます。

調べると「カブトムシ 交尾 死」などといった関連項目が出てきます。

この原因は、カブトムシの交尾は激しく半ばオスが強制的に行う面もあるのでそれにメスが耐えられなかったり、後食前に交尾が行われたり、オスの生殖器はかえしのようなものがついていて、交尾後うまく外れずそのまま死んでしまったりと原因は様々です。

それだけ命をつなげる行為は大変って事ですね。ちゃんと順を追って交尾させれば死なせてしまう事は少ないそうなので、環境作りを飼い主がきちんとしてあげて安心して交尾や産卵を行わせてあげましょう。

妊婦

SPONSORED LINK

産卵までの期間について

産卵までの期間はカブトムシによって違います。土に潜ってすぐ産み始めるカブトムシもいれば、10日程たってから産み始めるカブトムシもいます。一般的には一週間くらいで産み始めるそうです。

産んでお腹がすくと土の中から出てきてエサを食べ、産卵の繰り返し。一日大体2、3個ほど産み続け結果100個程産むカブトムシもいるんだとか!!

その後また交尾させて産ませる事も可能なようなのですが、ほとんどが卵を産む事で力つきて死んでしまうそうです。どちらにせよ、産卵はメスの体力を激しく消耗する行為なので、むやみに土やマットを掘り返さずに好きなようにさせてあげましょう。

卵は10日程で孵化しだしますし、2週間もすると卵が沢山土中にあるでしょうから、メスだけ他の容器に移してあげましょう。そうしないと、メスが踏んでしまったりして卵や幼虫がダメになってしまいます。

カブトムシの産卵

いかがでしたか?

お腹の中に10日しかいなくて産卵の疲労でお母さんは死んでしまう・・・って人間界だと考えられませんがこういった事を知ると、「そんな生き物でも生きているって素晴らしい!!」と感じますよね。

近年犬・猫を始め様々なペットが捨てられるニュースを目にします。理由は様々でしょうが、ペットにしてみればいかなる場合も『飼い主の勝手な理由』です。もしあなたがその壁にぶちあたったときは、このカブトムシのお母さんを思い出してみてください。昆虫は話さないけど立派な生き物!!大事に育てて沢山の卵を孵してあげましょう。

【関連記事】
こちらも合わせてご覧ください!!

カブトムシの交尾は超長い?気になる疑問を徹底調査!

SPONSORED LINK

関連記事

コスモスの開花する時期とは?!詳しく解説!!

「コスモス」、古くから日本人になじみのある花ですよね。 昭和の名曲にも「秋桜」という曲があります。

記事を読む

ココナッツオイル

ココナッツオイルの使い方。簡単レシピと効果的なダイエット方法。

ほどよく筋肉もあって、すらっとしていて、、、スタイルがいい人に憧れたことがない人はいないはずですよね

記事を読む

0134c0706b014af40e623c44f4cc03e4_s (1)

引越しの荷造りを手際よく!究極のコツは?手順やポイント徹底紹介

3月から4月にかけては、卒業や入学、入社や転勤など、生活スタイルの変化に伴って引越しをする人が最も多

記事を読む

こたつの温度。高すぎは危険?低温やけどを防ぐポイント。

冬になるとこたつは手放せない!って方も多いのではないでしょうか。こたつにみかん、なーんて最高の組み合

記事を読む

a0002_004821

卒業式のスーツ。母親は何色が良い?30-40代におすすめの髪型や靴。

少し気が早いですが、年越しすれば、もうあっという間に卒業式シーズンになってしまいます。保護者、特にお

記事を読む

ココナッツオイル

ココナッツオイルの肌効果。美容に効く秘密とは?効能と注意点。

ダイエットや身体にいい万能薬として最近話題の「ココナッツオイル」あまり知られていませんが、なんと!肌

記事を読む

福岡のプレミアム商品券。使い方や入手方法は?メリットや注意点も。

題して、 「アジアのリーダー都市へ!FUKUOKA NEXT プレミアム商品券」 美味しいものやア

記事を読む

ココナッツオイル

書き損じ年賀状の交換方法。手数料や期限を徹底解説!得する知識も。

皆さんは年賀状を書いていますか?私は、毎年家族の写真を使って年賀状を作り、友達やご無沙汰してしまって

記事を読む

ミサンガの色の意味を色別に解説!おすすめ&NGな組み合わせは?

手首や足首に巻いておき、「自然に切れると願いが叶う」というミサンガ。お守りですが、アクセサリーとして

記事を読む

a1180_009188

風呂掃除には重曹とクエン酸が効く!浴槽がピカピカになる裏技とは?

毎日の風呂掃除、ときにめんどくさいなぁ~と思ってしまうこともありますよね。今回は重曹とクエン酸を使っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑