*

女性のすね毛!超簡単に処理する3つの方法

夏の到来。女性の皆さんは、だんだん薄着になってきますよね。タイツやストッキングの季節は終わり、素足の季節。七分丈の軽快なパンツや、スカートにサンダルなど、夏らしい服装になってきます。

でも、やはり女性のお悩みは無駄毛ではないでしょうか?皆さん、お手入れどうしていますか?もともと薄い方やお手入れがそれほど必要のない方は、本当にうらやましい!
素足
私はどちらかというと、ちょっと濃いタイプなんです。だから、すね毛の処理も必須!もちろん、夏は短パンや水着も着ますから、ちゃんとお手入れをしておかないといけません。

これから必須のすね毛処理。簡単に処理する方法を調べてみましたので、ご紹介いたします。

SPONSORED LINK

■原因

同じ女性なのに、すね毛が薄い人と濃い人がいるのはなぜでしょうか?その原因を調べてみました。

  1. 遺伝。
    両親または祖父母などからの遺伝で体毛が濃い事があります。
  2. ホルモンバランスの乱れ。
    昔よりも濃くなってきたと思ったら、それはホルモンバランスの乱れが考えられます。
  3. 間違ったお手入れ方法。
    剃刀でそった場合、間違った剃り方をすることにより、肌を傷つけたり、さらに濃く見えたりします。

黒いすね毛は、本当に嫌ですね。見られても幻滅されますし、自分でもとても気になります。お手入れをしすぎても、皮膚を傷つけてしまいます。女性としては、つるつるすべすべのお肌に憧れますね。

■処理方法1

*剃る

一番簡単な方法は、やはり剃ることでしょう。お風呂で剃る人が多いと思いますが、案外間違った剃り方をしている方もいるかと思います。

今一度、NGポイント正しい剃り方を確認しましょう。

  1. お風呂場で剃るのはNG。
  2. 何もつけずに剃るのはNG。
  3. ボディソープなどを付けて剃るのはNG。
  4. 同じところを何度も深く剃るのはNG。
  5. 同じ剃刀を1ヶ月以上使用するのはNG。

風呂場で、石鹸をつけて剃るのかNGとは、ビックリですね。

正しい剃り方は下記の通りです。

  1. お風呂から出た後など、温まった後に剃る。
  2. 専用のシェービングクリームを使う。
  3. 一度剃ったら、温かいタオルでクリームごと拭くか、お湯で流します。
  4. 剃り残しがあった場合は二度剃りをせず、電動シェーバーなどでその部分のみ剃る。
  5. 剃り終わったら、冷たいタオルで、毛穴を引き締める
  6. しっかり保湿を行う。

毛穴が開いているお風呂の中ですと、肌を傷つける可能性も高く、そこで、傷をつけるとバイ菌も入り易いのです。ボディソープでなく、専用クリームで滑り易く適切な方法で剃ることが必要です。
お風呂

■処理方法2

*脱毛器

手軽に脱毛することが出来る脱毛器。最近は色々な性能の良いものが増えています。レーザー脱毛器など、少々高いですが、自宅でサロンのような脱毛をすることができます。ただし、自分で脱毛をしたあとは、必ず肌の炎症を抑えるために、しっかりケアをすることが大事です。

剃る場合も同じですが、その後の保湿やお手入れにより、肌の状態が変わりますし、傷つきやすくなったりします。

SPONSORED LINK

■処理方法3

*ワックス・除毛クリーム

ドラッグストアなどでも、ワックスや除毛クリームが販売されています。手軽に手に入り、自分でお手入れ出来ることから、使用される方も多いと思います。しかし、ワックスははがす時痛みを伴いますし、除毛クリームも、根本から抜けるわけでないので、比較的早く生えてきてしまいます。

■まとめ

女性の悩みは尽きません。毛が濃くなる原因の一つとして、ホルモンバランスの崩れがありますが、これは、食生活やストレスも原因です。女性ホルモンが多いはずの女性が、様々な原因により男性ホルモンが多く分泌されたりすることで、体毛が濃くなったりするのです。

処理方法は、自分がやり易いものが一番です。エステなどでプロに施術してもらうことがよいですが、もちろんお金もかかりますし、通うのは大変です。自分でお手入れをする際には、肌を傷つけないように、丁寧にお手入れすることは心掛けましょう。

エステ

いかがでしたか?

やはり、女性なら、気になるすね毛。夏に向けてしっかりお手入れして、楽しい夏を過ごしましょう!

 

SPONSORED LINK

関連記事

写真1

逆さ箸はマナー違反?一発でわかる正しい知識!!

沢山の人数で食事に行くのは、楽しいですよね。色々な種類のものを頼んで、取り分けて食べれば、何種類もの

記事を読む

写真1

みかんの食べ過ぎは肌に悪い?便秘や下痢の心配は?効果効能まとめ

日本人なら、こたつにみかん が定番ですよね。こたつはなくても、みかんだけは、冬の果物として欠かせませ

記事を読む

ママ友,いらない

ママ友はいらない?必要?その理由は?

最近では、ドラマの題材になっていたりニュースで特集されたりと何かと話題になっている「ママ友」。あなた

記事を読む

塩対応とは?由来は?超わかりやすく解説!

塩顏・醤油顏・ソース顏・・・最近調味料を使って 顔や仕草などを表現するのが流行っていますね。 「ソー

記事を読む

雷 へそ 由来

雷でへそを取られる?!気になる由来を徹底調査

子供の頃に「雷が鳴るとおへそを取られちゃうぞ~」なんて、大人に脅かされたりしたことはありませんか?

記事を読む

色紙で役立つ寄せ書きアイデア。おすすめデザインや退職時の例文。

寄せ書きって、頂くと嬉しいものですよね。仕事を辞める時、卒業の時、結婚の時など、周りの方々が皆で書い

記事を読む

神社お守り処分 (1)

お守りの処分は神社で?燃えるゴミ?正しい返却方法とタイミング。

受験や出産など、人生の大事な場面では多くの人が手にする「お守り」。現代ではどこの神社やお寺でも「旅行

記事を読む

受験生を確実にやる気にさせる名言。応援に超効果的な一言とは?

受験は人生における大きな山場であり、修行の場ですね。 つらい受験に立ち向かい、頑張っている受験生た

記事を読む

ed743740c8e27cb517292a93841abb0f_s

新年の挨拶メール。ビジネスで役立つ文例とマナーを徹底解説!

頑張ってお仕事をしていると、いつのまにかもう年末に向かっていっていますね。早いものです。そこで、新年

記事を読む

ca3ba1d587340e7d31f19ac5c6ef762b_s

枝豆の簡単な栽培方法。害虫で失敗しないコツやプランター選び。

最近小さな家庭菜園を始めてみて、自分で作った野菜ほど安心で美味しい食材はない!と遅まきながら気付いた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑