*

砂糖税とは?いつから導入?メリットは?わかりやすく解説!!

「仕事を頑張った自分へのご褒美に、今日はケーキでも買って帰ろうかな?」なんて経験ありませんか?

男性なら仕事の後はビール!という方も多いと思いますが、女性ならケーキの他、シュークリームやプリンといった、いわゆるスイーツをご褒美とする人も多いと思います。こういう砂糖の甘みって、疲れた身体にはたまらなく美味しく感じますよね。

角砂糖

そんなストレス社会を生き抜く日本人の、甘~い味方である砂糖に今、税金が課せられようとしています!その名も砂糖税!そのまんまですね。「砂糖に税金!?そんなの嫌だっ!!」と、全国から悲鳴が聞こえてきそうですが、当然何の意味もなく作られる、というワケでもないようです。

各所で物議を醸しそうなこの砂糖税問題。一体どういうことなのか、導入されてしまうとしたら何時からなのか。皆が気になるところをズバッとまとめてみました!あなたは砂糖税反対?それとも賛成?

 

SPONSORED LINK

砂糖税とは

事の発端は、2015年6月9日に開かれた厚生労働省の有識者会議。そこでこんな提案が出されました。

「砂糖の摂り過ぎは健康に良くないから、たばことかお酒みたいに税金かけません?」…ちょっと要約し過ぎてしまったかもしれませんが、簡単に言うとこういうことです。このような提案が出たのには以下のような背景があります。

  •  「砂糖の摂り過ぎ」を減らして、国民の病気を予防し、医療費を削減したい
  •  新しい財源を確保したい

なるほど、国のお財布事情がダイレクトに伝わってきますね。厚生労働省はこの提案について、今後検討を進めていくことになります。ちなみに、欧米にはこれと似た税金として「バター税」や、「ポテトチップス税」なるものが既に存在していたりします。

現在、同じく健康を害するという理由で、たばこには1本に約12円、ビールには350ml缶1本に約77円が課税されています。砂糖もこのラインナップに仲間入りしてしまうのでしょうか。

酒とタバコ

メリット・デメリット

ではこの砂糖税が実際に導入された場合、私たちにはどのようなメリット・デメリットが発生するのでしょうか。

まずメリットですが、これは先ほどの“砂糖税が提案された背景”が、そのまま採用されます。ただし、あくまでこれは“国から目線”の場合。私たち一般市民レベルが、体感として得られるメリットと言えば「砂糖を食べる機会が減って、多少健康になれるかもしれない」ということくらいでしょうか。

とはいえ、この砂糖減食が侮れない健康効果を生み出す可能性もあります。砂糖(特に精製されたもの)は、味覚に働きかけることに特化した調味料であり、それ自体が健康食として扱われることはほとんどありません。それに、肥満の原因という観点で見れば、砂糖に全責任はないにしても、原因の一つであるのは誰もが認めるところかと思います。その砂糖の摂取が減るのであれば、少なくとも“健康に悪い”とは言えないでしょう。

続いてデメリット。単純に砂糖そのものが(私たちの感覚として)値上がりするのは当然ですが、砂糖の場合たばこやビールと違って、製品の原料として使われているというのがやっかいなところ。和菓子やケーキなどは言うに及ばず、コンビニで売られているようなパンやジュース類などの、砂糖を使う全てのものに影響が出ることが予想されるのです。今の生活とは切っても切り離せないような、身近なものの多くに、値上がりの波が押し寄せるというのは穏やかではありません。

 

SPONSORED LINK

 

いつから導入されるのか

この砂糖税を含めた増税に関する提言書は、2020年までの導入を目標として提出されました。しかし、実際に2020年に導入されるかどうかはまだ分かりません。先ほどお話した通り、砂糖税が世の中に与える影響は決して小さいものではなく、導入には強い反発が予想されます。

また、「摂り過ぎれば毒となる」という点は、塩であれ胡椒であれ同じことであり、何も砂糖に限った話ではない点など、導入の理由そのものに、まだまだ議論の余地が多く残されています。個人的には、砂糖を嗜好品の一つとしてお酒やタバコと同列に扱うというのは、かなり乱暴な論法かと思います。

 

以上、砂糖税についてまとめてみました。

確かに、健康より大事なものはないかもしれませんが、嗜好品を悪しきものとして制限される人生が楽しいと言えるでしょうか?ですが、嗜好品を楽しめるのも健康があればこそ…。う~ん、難しい話です。改めて、もう一度皆さんはどう思いますか?

砂糖税反対?それとも賛成?

SPONSORED LINK

関連記事

内定式の挨拶はこれでOK!例文あり。わかりやすく解説。

就職活動を無事に終え、見事内定を獲得した皆さん! まずはお疲れ様でした(*´▽`*)ホッと一息ですね

記事を読む

ミサンガを足首にする意味とは?知って得する手首との組み合わせ方。

「お守り」として知られるミサンガ。学生時代はよく流行りませんでしたか?私の高校でも先輩が部活を引退す

記事を読む

トマト 栽培方法 育て方

トマトの栽培方法。ベランダで簡単!失敗しないプランターや肥料選び

「トマトの栽培方法知ってる?」と聞いたら「え~!一番簡単な野菜でしょ!笑」と答えるでしょう。

記事を読む

結婚式の二次会。鉄板でウケる乾杯の挨拶はコレ!使える例文集!

近々、友人の結婚式に出席することになったのですが「二次会で乾杯の音頭をとってほしい」と頼まれました。

記事を読む

キスマークの付け方。女性でも超簡単に出来るコツ!動画解説あり。

あなたはキスマークをつけたり、つけられたりしたことがありますか?場所によっては、こんなとこにつけない

記事を読む

115279

有給休暇の義務化はバイトも有効?気になる疑問を調査!

消化の義務化が検討されて話題となっている有休。有休というと正社員の人にのみ関係があるように感じますが

記事を読む

夏休み 自由工作 中学生

夏休みの自由工作。中学生にオススメはコレ!動画も満載!

現在中学生の方や、中学生のお子さんをお持ちの方の悩みの一つとしてあげられるのが「夏休みの自由工作」で

記事を読む

ホテルからの夜景

花粉症やアレルギー性鼻炎の症状と対策。薬は有効?病院は必要?

もうすぐ花粉症やアレルギー鼻炎に悩まされる方が多くなってくる時期ですね。 花粉症は毎年ニュースで取り

記事を読む

プレゼント

高校生の彼氏彼女が喜ぶクリスマスプレゼントはコレ!予算1万円前後。

ロマンチックなイベントナンバーワン、クリスマスです。つき合っている期間にもよりますが、改めて気持ちを

記事を読む

血液検査でCRPが高いと危険?基準値は?大人と子供の違いは?

以前、形成外科で手術を受けた事があります。術後、何度も血液を抜かれました。ただでさえ手術箇所が痛いの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑