*

大阪の七五三はどこが良い?オススメ神社3選はココ!

木々の葉も紅や黄色に色づき、秋も深まる11月。
小さいお子さんを持つ家庭には、七五三シーズンがやってきます。

私の記憶の中の七五三というと、なんだか畏まった息苦しい衣装を着せられて、訳も分からない内に写真を撮られて終わった、というもの。当時の子供心を文字に起こすと、ちょっと身も蓋もない感じになってしまいますね。

ですがこの歳になると、自分の七五三をしっかりとやっておいてくれた両親には感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、うかうかしていると、今度は自分が子供の七五三をやってあげる番。とは言え、いきなり七五三と言われても、どこに行ってどうやってやればいいの?というパパママも多いはず。

そこで今回は、七五三のオススメ神社3選in大阪と題しまして、七五三に迷える子羊ならぬご両親に、大阪のオススメ七五三神社をご紹介いたします!

せっかくのお子さんの晴れ舞台ですので、しっかりと、そしてご家庭に合った神社を選んで充実した七五三にしましょう。

SPONSORED LINK

スポット1 「住吉大社」

ご紹介する神社3つは、それぞれ異なるオススメポイントを持つものを選びましたので、そこも参考にしてください。

まず最初にオススメする神社は「住吉大社」。オススメポイントは「王道」です。

全国に2,300以上ある「住吉神社」の総本山としても知られ、創建から1,800年もの歴史を持つ由緒正しい神社です。その知名度は、もはや説明不要と言えるくらいに、大阪における住吉大社はまさに王道!

「まあ住吉さんでやれば間違いはないでしょう」といった感じですので、王道の安心感を求める方は是非どうぞ。
では、日程やアクセスについてです。

本来、七五三は11月15日にお参りするものなのですが、ライフスタイルの多様化もあり、昨今はそこまで厳密ではありません。住吉大社もそこは柔軟に対応しており、11月中はいつでも受け付けてくれます。
予約も必要ありません(というか受け付けてません)ので、仕事の都合に合わせて参拝できます。

ただし、写真や衣装などの全てを住吉大社で済ませたいという方は要注意。境内で写真を撮りたい場合は、11月中の15日と土日祝のみとなっており、衣装レンタルについては予約が必要です。

初穂料(はつほりょう)と呼ばれる、いわゆるご祈祷代は、お一人様 10,000円、お二人様 で15,000円です。

・アクセスは以下の通り。
電車:南海本線の住吉大社駅から徒歩3分。
または、南海高野線の住吉東駅から徒歩5分

スポット2 「道明寺天満宮」

続いてご紹介するのは、「道明寺天満宮」。オススメポイントは「便利」

七五三は結構手間のかかるものです。例えば、祈祷は神社でやって、衣装は貸衣装屋で借りて、着付けは自分たちでやって、写真は写真スタジオに行く、なんて具合に、必要なことを全部バラバラのところでやっていては大変です。仕事が忙しく、中々時間が取れないとなれば尚更ですよね。

道明寺天満宮では、そんな忙しいご両親のために七五三パックを用意しています。
ご祈祷、レンタル衣装、着付け、写真撮影を全てセットにしてあるため、とっても便利。

七五三 大阪

料金は年齢によって異なります。
・3才の場合(男・女)は、24,500円。
・5才の場合(男)は、24,500円。
・7才の場合(女)は、27,500円。
プラスして、初穂料が6,000円です。

しかも、お参り受付の期間は10月1日からスタートし、12月でも受け付けてくれます。
事前の衣装選びとして衣装の予約会がありますので、七五三パックの利用にはそちらへの参加が必須となりますが、それを補って余りある便利さだと思いますので、ご多忙の方はチェックしてみてはいかがでしょう。

SPONSORED LINK

ご祈祷の様子はこんな感じ。子供にはちょっと退屈そうですね。

・アクセスはこちら。
電車:近鉄南大阪線の道明寺駅から徒歩3分
車:西名阪自動車道の藤井寺I.Cから約5分

スポット3 「宝珠院」

最後にご紹介するのは、「宝珠院」。オススメポイントは「専門性」です。

宝珠院の本尊である如意輪観音菩薩は、「安産・子安・子育」として親しまれてきた神様です。七五三は子供の成長を祝う、子供が主役の行事。となれば、宝珠院に祀られている神様はいわば専門家です。

せっかく七五三をするなら、ここの神様に無病息災を祈願して欲しい、という方にはオススメです。

初穂料が5,000円と、他に比べ多少リーズナブルな上、記念品として祈願矢や、お守りがもらえるのも嬉しいポイントですね。
期間は10月1日~12月15日までで、要予約なので、必ず事前に電話かメールで予約をとりましょう。

・アクセスはこちら。
公共交通機関:地下鉄御堂筋線の千里中央駅で下車し、阪急バスに乗り換え、ルミナス箕面の森バス停で下車し徒歩1分 
車:大阪梅田から約25分(無料駐車場有り)

オススメ3選を紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。

親としては多少面倒に感じる部分もあるかもしれませんが、七五三というのは平和な家族の象徴のような行事だなぁと感じました。家族の一生の思い出となるものなので、是非こちらを参考に七五三で子供の無病息災を祈願しに行きましょう。

【関連記事】
こちらも合わせてご覧ください!!

七五三の内祝い。両親にもお返しは必要?何を渡せば良い?
七五三の内祝い。相場はいくら?渡し方は?知っておこう!
七五三の親の服装。スーツはあり?色は?髪型は?
七五三の初穂料。のし袋の書き方は?色は?祝儀袋はあり?
七五三の初穂料。相場はいくら?渡し方は?簡単にチェック。

SPONSORED LINK

関連記事

78ec70d816031751bb86fd4d66a40a36_s

恵方巻き2016の方角は?由来や意味。いつ食べる?食べ方は?

節分と言えば「鬼は外、福は内」というように豆を鬼に向かって投げ、厄を外へ追い出す習慣がありますよね。

記事を読む

七五三 内祝い 両親 お返し

七五三の親の服装。スーツはあり?色は?髪型は?

子供の健やかな成長を祝って、七五三のお祝いがあります。 七五三の主役はもちろん子供たちです。

記事を読む

水天宮で七五三。初穂料は?予約は?最新情報はココでチェック!

現在建て替え工事を行っていて仮宮で参拝が出来る水天宮。 水天宮といえば安産祈願ですが、七五三の祈祷

記事を読む

関東で栗拾い。どこがおすすめ?2015年の人気スポットはココ!

秋といえば、栗が美味しい季節! スーパーで買って食べる栗ももちろん美味しいけれど…。 春のイチゴ狩

記事を読む

815472ab42e16a0880c60d2360f477b9_s

こいのぼり2016の時期はいつからいつまで?関東と関西の違いは?

5月5日といえばこどもの日。そんな子供の日のシーズンには家にこいのぼりを飾る風習が日本にはありますよ

記事を読む

お城 桜 名所

お城と桜を堪能できる名所まとめ!最新おすすめスポット一挙紹介!

日本の『お花見』は奈良時代にはじまったと言われています。 当時は梅が鑑賞されていましたが、平安

記事を読む

0db048322406acb3c631aeeed97e7002_s

高校の春休み期間2016はいつからいつまで?関東、関西で違う?

学期末試験が終わればあっという間に春休み。気温も徐々に高くなり外へ遊びに行きたくなる学生も多いはず。

記事を読む

冬スポ2015とは?日程や口コミを紹介。最新のイベント詳細はココ!

冬のアウトドアと言えばスキー・スノボですね。 都会の喧騒を離れて、澄み切った空気の中、銀世界を思う存

記事を読む

千葉 七五三

千葉で七五三。おすすめ神社はココ!

今年も七五三の季節が近づいてきましたね。 子どもにとっては普段できないおしゃれができる日かもし

記事を読む

ハロウィンはなぜおばけが出てくるの?超わかりやすく解説!動画あり。

毎年10月31日は、海外のお祭りとして知られる「ハロウィン」 最近は日本でもその文化を真似て仮装をし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑