*

インフルエンザの予防接種。子供はいつから必要?回数は1回?

そろそろ梅雨が終わり夏が来て気になり始めるのがインフルエンザの予防接種じゃないでしょうか?◯◯県◯◯市の学校が学級閉鎖になりました!など、毎年ニュースでも話題になるインフルエンザ。大人でもはぁはぁいうほどつらいですよね?子供はもっとつらいです。まだうまくどう辛いか伝えられない子がなったら余計大変!そうならないように未然に防ぐことが大事!

インフルエンザねこむ

今回はそんなインフルエンザの予防接種について調べてみました!

 

SPONSORED LINK

予防接種の時期は?

インフルエンザが流行るのは一般的に12月〜3月とされています。そして、インフルエンザの抗体ができるのは2週間ほどかかると見られているので、遅くても11月までには受けておきたいところ。

が、しかーし!11月に流行る可能性もあるので、10月中旬位には打ち始めたほうがいいでしょう。11月は混みますしね。

注射

子供はいつから予防接種が必要?

本来、子供はいつから予防接種をうけるべきなのか。この時期や回数については厚生労働省がしっかりと提示しています。
下の表にまとめましたが、子供の場合は生後6か月以上になったら予防接種が必要となるようです。

年齢 一回の量 回数
6ヶ月以上3歳未満 0.25mL 2回
3歳以上13歳未満 0.5mL 2回
13歳以上の方 0.5mL 1回

※一部ワクチンは量と回数が変わるものもあります。
※13歳以上でも基礎疾患があるなど、医師の判断で二回になる場合もあります。

ここで疑問が出る方もいると思います。

なんで2回受けるの?しかも大人と同量の予防接種量を2回も打つ時もあるじゃない!!と疑問に思うかと思います。

注射子供

そもそも、インフルエンザワクチンは不活化ワクチンで、一ヶ月するとその効力がなくなってしまいます。なのですが、13歳位になるとインフルエンザにかかっている可能性が高く、それだけで体内に抗体がある場合が高く一回の接種でそれを呼び戻すのです。これをブースター効果といいます。

13歳まではその可能性も量も低いので、2回打つことによって一ヶ月で衰えてしまうワクチン効果をぐん!と伸ばすんですね。2回の場合の期間のあけかたですが、2週間〜4週間あけて2回目接種となります。なので「10月に2回目・11月に2回目」なんてのがベストかなと思います。

SPONSORED LINK

予防接種をうける場所は?

厚生労働省のHPでは

−−市町村長の要請に応じてインフルエンザの予防接種に協力する旨を承諾した医師が医療期間で行う個別接種を原則とすること。(接種をする人が寝たきりなどの理由でそれらの医療期間を受診できない場合は対策をしっかりとすることで、自宅などで受けることができる)となっています。

かかりつけの医療期間が100%インフルエンザの予防接種をしてくれるかといったらそうでもないんですね。一番手っ取り早いのは各市町村のHPなんかで確認するのが早いかと思います。

 

さいごに

今年からは何年か前に流行った新型インフルエンザウイルスの抗体も入った四種になるそうです。新しい抗体が組み込まれてそのデータは出ていないものの、インフルエンザワクチンの防御率は70%前後と見られています。防御率の問題だけではなく様々な理由でインフルエンザの予防接種を反対する人もいるのも事実。

「インフルエンザ流行るし、みんなやってるからやらなきゃ」

マスク小学生

ではなく、自分でよく考えて接種するかしないかを決めてください。自分だけならまだしも、お子様に受けさせるとなるとお子様の体調もかかってきます!したとしても、インフルエンザの予防接種は「防ぐわけではなく、酷くなるのを抑える」という効果を得ることができる代物。

「予防接種したからぜーんぜん大丈夫!!」と軽視してはいけません!!手洗いうがい・人込みではマスクの着用などを心がけることも大事な予防です。

子供は風の子とはいいますが、防ぐところは防いであげて楽しい年末年始を送れるように気をつけましょう!!

インフルエンザの予防接種。2015年の値段は?相場はいくら?

SPONSORED LINK

関連記事

ウイルス性胃腸炎の潜伏期間は?空気感染でうつる?原因と予防対策。

あなたはウイルス性胃腸炎ってご存知ですか? 実は私は先日、胃腸風邪にやられて寝込みました。 思った以

記事を読む

a0780_000010

しもやけの治し方はこれでOK!手、足、耳の部位別に徹底解説。

以前、高齢の母が「足が痛い」といいだしました。病院へいくとまさかの「しもやけ崩れ」という診断。重症化

記事を読む

とびひの症状。発熱は?大人も感染する?対策や治療法。

夏と言えば、アウトドアなイベントが満載で気分も盛り上がる楽しい季節ですよね。 しかし!暑さで汗ダク

記事を読む

病気

赤ちゃんの下痢!離乳食はやめるべき?おすすめレシピとNGな食事

赤ちゃんの病気ってどうしたらいいか分からないですよね。なにせどこが痛いのか、どういう風に痛いのか教え

記事を読む

注射

インフルエンザの予防接種。2015年の値段は?相場はいくら?

年末年始のニュースの常連「インフルエンザ」毎年毎年その力をアップして登場しますよね。そんなインフルエ

記事を読む

イラスト1

中性脂肪が低い原因。知らぬと危険?女性が注意すべき症状と改善策。

皆さんは中性脂肪が高いと良くない、ということは何となくご存知ですよね。でも、中性脂肪が低いと言ったら

記事を読む

RS繧ヲ繧、繝ォ繧ケ縺ョ讀懈渊雋サ逕ィ繝サ菫晞匱蟇セ蠢彌36e12542a419c73881c08fe17da23f20_s

RSウイルスの検査。費用は?保険適応の条件は?超わかりやすく解説

もうすぐ色々なウイルスの動きが活発になる時期がやってきますね。子供を病気に感染させたくないですよね。

記事を読む

インフルエンザ A型

インフルエンザA型の症状や潜伏期間。完治するまでの期間と対応策。

インフルエンザと聞いて思い出すのは数年前の冬のこと。あろうことか我が家は、家族全員が同時にインフルエ

記事を読む

蚊取り線香は犬に危険?効果や害を徹底調査!

暑い日が続く今日この頃。日が出ていなくてもムシムシしますよね。そんな時にやってくるのが蚊!! 外にい

記事を読む

鼻かみ

インフルエンザ検査キット。費用はいくら?陰性、陽性の見分け方。

寒くなって空気が乾燥してくると流行ってくるのがインフルエンザ。かかりはじめは風邪の症状とほぼ変わらな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑