*

埼玉でぶどう狩り!おすすめスポットは?時期は?2015最新情報はココ!

7eaa3a928ad6dfc4a8fa36360e4276b8_s

秋の味覚のぶどう!最近は一年中食べられたり、ゼリーに入ってたり、、、そんなに口恋しく思うことは減ってきましたが、やっぱり旬のものには勝てませんよね!!お子さんたちもスーパーで売っているパックのぶどうしか知らない子だっているんです。木になっているぶどうを食べられる機会もめったにない!

おススメスポットはここですよー!

SPONSORED LINK

埼玉にはたくさんのぶどう狩りスポットがありますが、それぞれの特徴に分けてご紹介します。

雨でもOK!なスポット

★秩父観光ぶどう農園

期間   8月上旬~10月上旬
料金   ぶどう狩りコース 入園料200円(試食有)
※摘み取ったぶどうは目方計算。食べ放題30分600円~(農園、品種によって異なる)
食事   あり
・石焼バーベキュー1人前1300円
・石焼バーベキュー定食1人前1600円(ご飯、味噌汁)
住所   埼玉県秩父郡皆野町皆野2528-1
TEL   0494-62-0667
営業時間 9:00-17:00

雨の日でも楽しめる屋根付きぶどう棚があり、秩父で一番古い樹齢のぶどうの樹がお出迎えしてくれるアットホームな園です。ぶどう狩りと石焼バーベキューがセットになったコースが家族連れから団体さんに人気。小人数でも予約していきましょう♪

★田中ぶどう園

期間   8月上旬~9月下旬
料金   入園料200円(試食有)とった分量り売り
食事   弁当持ち込み可
住所   埼玉県所沢市中富808
TEL   042-942-0860
営業時間 10:00-17:30(入園は17:00まで)

もともとは栗園がメインだったため、9月上旬からは今でも栗拾いが合わせて楽しめます。ぶどう園は広々としていて木陰で休憩したり自然も満喫できます

よ。扱っている品種が多いのもこちらの特徴です!普段お目にかかれない品種に出会えるかも( *´艸`)

★あしがくぼ果樹公園村

期間   8月~10月
料金   食べ放題有(プランによって異なる)
食事   お弁当の持ち込みが農園によって異なる
住所   埼玉県横瀬町芦ヶ久保1915-6
TEL   0494-21-0299
営業時間 10:00-16:00

15軒の農園が集まった果樹公園村です。周辺には農村公園や道の駅などもあり、日向山山頂へと続くハイキングコースもあります。ぶどう狩りの後に公園で思いっきり遊ぶ♪ハイキングをしてマイナスイオンをたっぷり浴びるもよしっ

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

お弁当持ち込みOK!なスポット

お弁当持ち込みOK!家族連れもカップルも女子会も、手作りお弁当で絆UPです!

★八木観光農園

期間   8月上旬~10月下旬
料金   30分食べ放題:600円~2000円
食事   お弁当持ち込み可
住所   埼玉県秩父市寺尾3287
TEL   0494-23-9035
営業時間 10:00-16:00

30種もの品種が栽培してあり、オリジナルジュースも美味しい(*´▽`*)秩父観光農園村内にある観光農園です。屋根付きなので雨でも大丈夫♪

★将門園

期間   8月上旬~10月中旬
料金   入園料200円、食べ放題は品種、時期によって異なる
食事   お弁当持ち込み可
住所   埼玉県秩父市荒川日野584
TEL   0494-54-0099
営業時間 9:00-17:00

奥秩父の大自然に囲まれてのぶどう狩り!今話題の人気品種「ちちぶ山ルビー」が直売されているのも魅力的です!!

985208ced576018afe6e2c8fe964c1d5_s

★所沢ぶどう園

期間   8月上旬~9月中旬
料金   入園料200円(採ったぶどうを重量精算)
食事   お弁当持ち込み可 休憩所あり
住所   埼玉県所沢市亀ヶ谷470-1
TEL   04-2944-1556
営業時間 9:00-17:00

広々とした園内は数百名単位のお客さんの受け入れもできるほどです。そこで10数種類のぶどうが栽培され、食べ放題はできないもののこちらも広々とした休憩所で特製ジュースやビールなどの販売と一緒に食べられますよ♪お茶はサービスしてあるそうです!

SPONSORED LINK

ぶどう狩り以外もOK!なスポット

ぶどう狩りだけじゃもったいない!バーベキューや他のことも一緒に楽しみたい!!

★みかど農園

期間   8月中旬~11月上旬
料金   食べ放題800円~1000円

  • ぶどう摘み700円~1400円+入園料200円
  • バーベキューセット2800円
  • 芋掘り3株600円
  • 魚のつかみ取り1匹500円

食事   バーベキュープラン
住所   埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬4909
TEL   0494-23-1478
営業時間 9:30-16:30

お得なぶどう狩り食べ放題+バーベキュープランが大人気!他にも芋掘りや川遊びで魚のつかみ取りができます。1日中子どもから大人まで楽しめますね!20名以上の団体特典もあるので子ども会でいくのもおススメですよ( ^)o(^ )

★秩父フルーツファーム

期間   8月上旬~10月中旬
料金   食べ放題1000円~1300円
バーベキューセット 梅2700円~、竹3100円~
(団体以外は土日祝のみ)
食事   バーベキュープラン
住所   埼玉県秩父市下影森877-1
TEL   0494-23-2711
営業時間 9:30-16:30

こちらでは秩父特産の「ちちぶ山ルビー」が食べられます。バーベキューセットの梅は豚肉、竹は牛肉でぶどう狩りの前でも後でも融通してくれますよ♪やっぱり地元で「ちちぶ山ルビー」を食べておきたいですね~!

★小松沢レジャー農園

期間   8月上旬~11月上旬
料金   1200円
食事   溶岩バーベキュー1700円、きのこ鍋1700円(2名以上)

  • 流しそうめん大人600円・小学生未満400円(食べ放題)
  • そば、うどん550円~700円
  • マスのつかみ取り1匹500円
  • マス釣り    1匹600円
  • 手打ちそば・うどん体験 うどん3500円、そば4300円
  • 昆虫採取        カブトムシ持ち帰り1300円
  • 餅つき         1臼7500円(団体割りあり)
  • 竹とんぼ教室      1本400円
  • ピザ焼き体験      1人1700円

住所   埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬1408
TEL   0494-24-0412
営業時間 9:30-16:30

ここまで何でも揃っていて体験ができるところはめずらしいです!レジャー農園というだけあってメインがいくつもあり、子どもも朝からはしゃぎっぱなし!!飽きさせることなく、家族の思い出が作れそうです。予約必須ですよー!

4890a9b301e5b1ca7130162a6155b7bf_s

ぶどう美味しそうですね~!楽しみ楽しみ♪しっかり計画したお休みでも、急な思い付きでも楽しめること間違いなし!普段とは違った自然いっぱいのぶどう棚で、今年は自分好みの品種を探しに出かけましょー( ^^) _U~~

SPONSORED LINK

関連記事

いるか

大分うみたまごの料金は?おすすめポイントは?チェックはここ!!

もともと動物園水族館などそういう施設が尋常じゃないくらいに苦手な私。先日久しぶりに水族館にしぶしぶ行

記事を読む

フェニックスまつりへ行こう!2015最新情報はここでチェック!

フェニックスまつりって知っていますか。 何ともカッコイイ名前のおまつりです。 実は福井県で毎年夏

記事を読む

世田谷ボロ市2015-2016の日程や開催時間。おすすめ出店情報あり。

市場って、楽しいですよね。 魚市場や朝市はもちろん、ガラクタ市やフリーマーケットなど、 たくさんのモ

記事を読む

堺だんじり祭り2015の日程チェック!最新情報&参考動画あり。

皆さんは「関西のだんじり祭り」といえば、どこのお祭りを 思い浮かべますか? 灘ですか? 岸和田でしょ

記事を読む

養老渓谷の紅葉2015。見ごろはいつ?おすすめコースはココ!

紅葉が美しい観光地といえば京都や奈良なんかが定番ですよね。 街並みなどにも風情が感じられて、紅葉狩り

記事を読む

チーズ2

チーズフェスタ2015とは?チー1グランプリって?歴史や概要をチェック!

突然ですが、チーズ、美味しいですよね!温めてとろ~りフォンデュやピザのチーズ・・が好き、いやいや噛み

記事を読む

a0006_002282

東京カウントダウンイベント2015-2016。カップル必見スポット紹介!

ステキな恋人とのカウントダウンイベントって、なんだか憧れちゃいますよね~。特定の人がいるあなたも、こ

記事を読む

五所川原たちねぶたへ行こう!2015最新情報をココでチェック!!

夏!と言えばお祭り!お祭り!と言えば何が浮かびますか?屋台や花火、神輿そして山車などが浮かびますね。

記事を読む

京都,紅葉狩り

京都の紅葉狩り。絶対におすすめのスポットはココ!ランキング3選

秋と言えば、紅葉狩り。紅葉狩りと言えば関西では有数のスポットとしてこの時期注目されるのがやはり京都。

記事を読む

豊洲そらスタジオ 2015 日程

豊洲そらスタジオ2016はあるの?!もう一度行きたい名スポット紹介

家族で楽しめる、夏の思い出作りの名所だった豊洲そらスタジオ。 屋外型アトラクションがこれでもか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑