*

葬式のマナー。数珠は必須?持ち方や色の決まりは?正しい知識。

あなたはお葬式のマナーについて、自信ありますか?

私も自信のないときは、とりあえず近くに座る人のまねをしてしまっているような気がします。知ってるようでよく知らない、お葬式のマナー。今回は数珠に着目してみましたので、ここでしっかり身につけちゃいましょう。

 

SPONSORED LINK

数珠は必要?

よく見ると数珠を持っている人と持ってない人、どちらもいませんか?さてこの数珠、必ず必要なのでしょうか?

答えは、以下です。

突然の知らせを聞いてお通夜に駆けつける、なんて場合もあると思います。このような場合、数珠がなくてもかまいません。数珠がないと故人へ祈りをささげてはいけないとしているものでもありません。また、お葬式などで、数珠を忘れたからといって、知っている人に借りるのもNGとなります。数珠は持ち主の身を守るという存在なので、人に借りるようなものではないんですね。

特に若い方はそもそも数珠を持っていない人も多いと思います。それでもかまいませんよ。故人への祈りはでするものであって、道具へのこだわりは特にありませんので、わざわざ準備する必要もないんです

68551893a99e4162112dc186dc0c830e_s

数珠の意味とは?

では、そもそも数珠にはどんな意味があるのでしょうか?

仏教の考え方では、人間に百八の煩悩があるとされています。数珠の玉の一つひとつは、この煩悩をつかさどる仏様と考えられており、数珠が私たちの煩悩を引き受けてくれるという意味があります。

種類も本当に様々で、水晶でできているものを見る機会が一番多いかもしれませんが、サンゴや木製のものもあります。玉の数も煩悩と同じ百八のものや短い略式タイプのものは片手におさまり玉の数のそれぞれです。長いタイプのものは二重にして持っている人が多いですね。また、宗派や男女によっても異なるので、周りの人と違うタイプのものを持っていても心配しないでくださいね。

SPONSORED LINK

 

数珠の色や持ち方は?

気になる使い方ですが、基本的には左手に輪を通して房の部分を下にして持ちます。長いタイプのものは二重にしてください。合掌の時は、両手を合わせて親指を外した状態で両手に回してかけます。短いタイプの数珠の場合は、左手に重ねてもOK。焼香のときは左手にかけておきます。手にどのようにかけるかは宗派によって異なりますので、正しくは家族や詳しい人に確認しておきましょう。

なお、色についてはが良いとされる地域もあるようですが、特に決まりはないようです。宗派によっても形式が異なりますが、特に決まったものがなければ、ご自分が良いと思うものを準備すればOKです。

数珠にまつわるNGはあるの?

数珠選びって難しそうですが、意外と自由なんです。ただし、持ち運びで注意したいことは、座具と呼ばれる数珠専用の袋です。持ち運びの際はしっかりそこに入れてバッグの中で房がぐちゃぐちゃになったりしないようにしましょう。座具は数珠の座布団のように考えられており、机に置くときには必ず座具の上に置くようにしましょうね。

ご愁傷様,メール

注意点!

数珠も長く使っていれば切れてしまうこともあります。これは厄が切れるといって決して縁起の悪いことではありません。とはいえ、葬式の途中で切れてしまうのはあまりよくありませんし、高価な石を使っているものもありますので、修理は早めに専門店などに持っていきましょう。

さて、いかがでしたでしょうか。いざというときに必要になる数珠。ですが、いざというときってなかなか無いものですよね。自分用の数珠を持ってない方も多いのではないでしょうか。決まりやしきたりが多いような気がしていましたが、意外とハードルも低そう。気軽に持てるものなんですね。これからはワンランク上の社会人を目指して、数珠を選んでみるのもいいかもしれませんね!

【関連記事】
こちらも合わせてご覧ください!!

葬式のマナー。香典の書き方は?包み方や渡し方も丁寧に解説。
葬式のマナー。香典の金額は?年齢別の相場はココ!
葬式のマナー。女性の正しい服装をチェック!靴や小物はどうする?
葬式のマナー。男性の正しい服装は?靴やベルトはどうする?
葬式のハンカチは何色が正解?白?黒?男女別に解説!
葬式のマナー。化粧はして良いの?アイラインやマスカラは?
「葬式」「通夜」「告別式」の違い。意外と知らない本当の意味。
葬式や通夜は友引がNG?本当のところはどうなの?

SPONSORED LINK

関連記事

男の浴衣は左前が正しい?わかりやすく解説!参考動画あり!

夏は花火を見に浴衣を着る機会が多くなります。 浴衣は女性というイメージが強いかもしれませんが、 男性

記事を読む

コインランドリー時間乾燥(毛布布団など) (1)

結婚式の余興。鉄板で盛り上がる歌を紹介!男性向けオススメ選曲。

結婚式のお楽しみの一つと言えば、新郎新婦の友人や親戚たちによる「余興」です。余興といえば「歌」ですよ

記事を読む

a0960_006049

秋のお彼岸はいつなの?お墓参りに必要な知識を学ぼう!!

「暑さ寒さも彼岸まで」…という慣用句を聞いたことがあると思います。 春のお彼岸と秋のお

記事を読む

ご愁傷様 意味

「ご愁傷様」の意味と由来は?正しい使い方は?超わかりやすく解説!

大人になるにつれ、「ご愁傷様」という言葉を使う機会も増えると思います。 ですが、何気なく使って

記事を読む

ee8ce9cfe7cec1300ed26ea5bf55ca1f_s

新札の両替場所まとめ!ATMで出来る?郵便局?銀行?簡単チェック

突然ですが社会人一年目の皆さん、お正月の準備は出来ていますか? 何の準備って… もちろん『お年玉』で

記事を読む

内定式の時期はいつ?公務員と一般企業の違いは?

私の知人にも就活中の学生が数人いるのですが、 彼らの話を聞いていると聞きなれない言葉がありました。

記事を読む

a0782_000222

結婚式で持つバッグのマナー。女性、男性で気をつけるべきポイント。

親族や友人の結婚式というのは、普段は着る事の無いドレスコードのオシャレを楽しむ事の出来る貴重な日です

記事を読む

a0002_003789

秋のお彼岸に最適なお供えは?!便利な情報を紹介!

秋のお彼岸といえば、お墓参りシーズンです。秋分の日のお休みを利用して、旦那さんのご実家に帰省する方も

記事を読む

葬式マナー香典書き方渡し方2

葬式のマナー。香典の書き方は?包み方や渡し方も丁寧に解説。

高校を出たばかりの頃、友人たちとお葬式に参列することになりました。葬儀当日、「香典袋ってこれでいいか

記事を読む

結婚式の余興。鉄板で盛り上がるダンスは?男性向けおすすめ選曲集!

結婚式で、新郎新婦から「忙しいのに申し訳ないんだけど……」と余興を頼まれる経験は誰にでも1度ならある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑