*

葬式のマナー。男性の正しい服装は?靴やベルトはどうする?

冠婚葬祭、それは大人としての常識が試される場。大人として、社会人として、こうした公の場での非常識な振る舞いだけは避けたいものです。しかし、そう頻繁にあるものでもないので、必要に迫られないと準備する気が起きない、というのが冠婚葬祭。

ですが、しかし!厄介なことに油断していると突然やってくるのも冠婚葬祭というものです。礼儀作法やマナーは、ネットで調べれば前日でもどうにか対応できますが、礼服などの衣装関連はあらかじめ持っていないとすぐに用意するのは難しいものです。それに慌ただしく用意したものでは思わぬマナー違反の落とし穴があるかもしれません。

そこで今回は、冠婚葬祭の服装、特に男性の葬式での服装についてご紹介!

突然起こりうる大切な人との別れの場、そんなときにみっともない姿を晒さないためにも、ここでしっかりとチェックしておきましょう。

 

SPONSORED LINK

 

葬式での正しい服装は?

まず、ここでお話する「葬式」は、葬儀、告別式を指すと思ってください。お通夜については最後に少しだけ触れたいと思います。

正式な服装、というのであれば男性の場合はモーニング、あるいは和装になります。ですが、最近ではこのようなカッチリとした礼服(正礼装)を持っている人は少なく、少し大げさに見えてしまいます。また、親族が正礼装でなく略礼服であった場合、親族より格が上に見えてしまうこともあるので、略式のスーツ型を選んだほうが無難です。

では略礼服の内容についてもう少し掘り下げていきましょう。スーツと表現しましたが、一般的な黒のビジネススーツと喪服は全くの別物です。その一番の違いは黒色の濃さ。並べて見比べてみると「こんなに違うものか」とびっくりするくらい黒色に差があります。

葬式に行けば、当然周りは喪服を着た人ばかりですので、誰の目にも「あの人は喪服じゃなくてスーツで来ている」と分かってしまいます。成人した大人なのに礼服の一つも持っていない、と周りに思われるのは存外恥ずかしいもの。

「葬式以外で着ることがないなんて、もったいないから普段と兼用できるものを買っちゃえ」なんていう打算的な考えは捨てて、葬式にはちゃんと葬式用として作られた喪服を用意しておきましょう。シャツは白無地ネクタイは黒無地で、カフスやタイピンはNGです。

31d95621809d3ba9d35a2a70ec798390_s

男性の靴は何色?NGはある?

靴も当然黒です。葬式では光りものは身につけないのが基本なので、エナメルのようにテカテカ光るものもよろしくありません。あまり光沢のないものにしましょう。

その他、金具やスエードなどの飾りがあるものはNGとなりますので、なるべくシンプルなものがベターです。靴下も黒で統一しましょう。

髪型に決まりはある?

就活とまでは言いませんが、整えられるのなら黒の短髪で、耳が出るくらいがベストです。とはいえ、最近はオシャレも多様化しており、男性でも長髪の人や、明るい髪色の人も増えています。

お葬式の為だけに床屋や美容院に行くことはありませんが、長髪の人は、お辞儀などの際に髪が前にだらしなく垂れ下がらないように後ろで一つに束ねる、金髪や過度な茶髪の人は、スプレーなどでその日だけ黒く染めるなど、最低限の対応は心がけましょう。髭も本来は剃るべきですが、ちゃんと整えたものであればさほど問題ではないようです。

SPONSORED LINK

ハンカチ、ベルト、コートなど決まりはある?

ハンカチは無地の白か黒、ポケットチーフのように胸ポケットにさすのは、NGとまでは言いませんが一般的ではないのでやめておきましょう。

ベルトについては、葬式は夏場でもジャケット着用が普通なので、そもそも人に見られる機会があまりありません。というわけで余程派手なものでなければそこまで気にしなくても大丈夫です。反対に、冬場はどうしてもコートが必要になります。コートを選ぶときのポイントは色と素材です。

色については、茶やグレーも許容範囲ではあるようですが、やはり黒が最も安全策。素材は、殺生を連想させる皮素材や毛皮はNGです。連想させるという意味では、フェイクファーでも同じことですので、ウールやカシミヤなどの素材を選びましょう。マフラーや手袋も同様です。

その他の注意点

ここまでのお話で大体お分かりかとは思いますが、アクセサリーの類はNGです。身につけておいてもいいのは結婚指輪や腕時計くらいですが、金の腕時計などは当然アウトですので、地味なものにしましょう。シャツや靴下も、たとえ色や柄が正しくても着古したものは失礼になりますので、ちゃんと新品を用意しておきたいところです。

最後にお通夜について。お通夜はその故人が亡くなった翌日に行われるものである為、当然前もって知らされることはなく、突然のものです。ですので、お通夜にバッチリと喪服を着ていくと、まるで不幸を予期していたようで不謹慎にとられることもあるようです。反対に、仕事帰りなどに急ぎ駆けつけた、ということあれば、普通のビジネススーツなどの平服でも許容されます。

ただ、最近ではお通夜と葬儀の区分が曖昧になってきており、葬儀に出られない人が、代わりにお通夜に出る、なんてこともあるので、考え過ぎずにあくまで予備知識として覚えておけばOKです。

以上、男性の葬式での服装、マナーについてでした。改めて上から下まで全て見ていくと、中々必要なものが多いことが分かりますね。これらを、訃報を聞いてから急いで買いに行くのでは骨が折れますので、これを機に今度の休日に礼服を買いに行ってみてはどうでしょうか。

【関連記事】
こちらも合わせてご覧ください!!

葬式のマナー。香典の書き方は?包み方や渡し方も丁寧に解説。
葬式のマナー。香典の金額は?年齢別の相場はココ!
葬式のマナー。女性の正しい服装をチェック!靴や小物はどうする?
葬式のマナー。数珠は必須?持ち方や色の決まりは?正しい知識。
葬式のハンカチは何色が正解?白?黒?男女別に解説!
葬式のマナー。化粧はして良いの?アイラインやマスカラは?
「葬式」「通夜」「告別式」の違い。意外と知らない本当の意味。
葬式や通夜は友引がNG?本当のところはどうなの?

SPONSORED LINK

関連記事

ご愁傷様,メール

「ご愁傷様」メールはあり?正しい使い方は?例文で解説。

「ごめん、明日の約束はキャンセルにして!」と、突然友人からのメール。 理由を訊くと、身内の方が亡く

記事を読む

イラスト2

【注意】法事の平服とは正式にどんな服装なのか。喪服との違いは?

家族親戚が集まる機会というのは、必ずしもおめでたい時ばかりではありません。年齢もそれなりになると、残

記事を読む

結婚式の準備リスト。新郎新婦が当日までに揃える必須な物まとめ!

一生に一度の結婚式。神様の前で夫婦になることを誓う神聖な式。そんな結婚式は誰もが素敵な式にしたいと願

記事を読む

結婚式の二次会。鉄板でウケる乾杯の挨拶はコレ!使える例文集!

近々、友人の結婚式に出席することになったのですが「二次会で乾杯の音頭をとってほしい」と頼まれました。

記事を読む

内定式のメール返信。書き方は?件名は?超わかりやすく解説!

内定が決まった方、おめでとうございます! 社会人1年生になる方も、念願の転職に成功した方も、 未来へ

記事を読む

c35edfa497e9798dd667a174f9fa68a4_s

喪中の範囲は?年賀状の返事はどうする?返信方法や文例を紹介!

身内に不幸があって、今年は年賀状が出せなくなりました。喪中というわけです。喪中ってなにかと気をつかう

記事を読む

男の浴衣は左前が正しい?わかりやすく解説!参考動画あり!

夏は花火を見に浴衣を着る機会が多くなります。 浴衣は女性というイメージが強いかもしれませんが、 男性

記事を読む

820c595a289354250562409b2ed0cc7b_s

成人式のお祝い。金額の相場2016版。お金以外の具体例も紹介。

年が明けるとすぐに成人式がありますね。成人式は大人になったという儀式のようなもの。周りに来年成人式の

記事を読む

お悔やみの言葉 メール

「お悔やみの言葉」はメールで送っても良いの?返信はどうする?

最近は、ほとんどの方が携帯電話やスマートフォンを持っているので、訃報などの急な連絡も、すぐに出来るよ

記事を読む

結婚式の余興。絶対ウケる鉄板ムービーはコレ!厳選ネタ集を紹介!

結婚式を挙げるにあたって披露宴で新郎新婦に余興を頼まれることがありますよね。余興には様々なものがあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑