*

「お悔やみの言葉」はメールで送っても良いの?返信はどうする?

最近は、ほとんどの方が携帯電話やスマートフォンを持っているので、訃報などの急な連絡も、すぐに出来るようになりました。
昔は、今のような連絡手段がなかったので、取り急ぎ親戚や故人の親しい方へ電話で連絡をとり、そこから知合いに伝わっていくというような手法だったと思います。

訃報のお知らせが来た場合、皆さんはどうされますか?
まずは取り急ぎお悔やみの言葉をお伝えしますよね。

そのような場合、相手に失礼のないように、最低限のマナーを守って心からのお悔やみをお伝えした方がよいでしょう。

このような場合のマナーについて調べてみました。

SPONSORED LINK

お悔やみの言葉 メールで送っても良いの?

メールでお悔やみの言葉を送っていいのは下記のような関係の方の場合です。

  1. メールで訃報の連絡を受けた場合は、メールでお悔やみをお送りしても差し支えないでしょう。
  2. 送り主が、友人や知人など親しい間からの方からの場合。
  3. 送り主が、仕事上の関係の方。上司・取引先担当者など。

友人や知人であれば、あなたからのメールで気持ちが落ち着いたり、癒されたりするでしょう。心をこめたメールをお送りしましょうね。

メールを送る際の注意点

お悔やみのメールをお送りする際の注意点は以下の通りです。

  1. 見てすぐに、誰からのメールか、どのような内容か?がわかる件名にすること。相手の方は、葬儀の準備などで忙しい可能性もあります。
  2. 基本的に、返信はいらない旨をお伝えする。
  3. 同僚や知人だったら、葬儀などで手が足りないこともあるので、何か力になれる事があるのであれば、進んでお伝えしてあげましょう。
  4. 通夜や告別式に行かれない場合は、参列できない旨をお伝えし、お悔やみの言葉として
    取り急ぎ略式でお送りしましょう。

お悔やみの言葉をメールでお送りするのは、基本的には取り急ぎ、という意味です。通知を頂いたら、本来であればお通夜・告別式などに伺い、お悔やみを直接お伝えします。

ただし、遠方で伺えない、もしくはどうしても参列が難しい場合は、弔電をお送りしたり、香典を郵送するなどします。

メールは、取り急ぎ、相手を思いやるメッセージであり、略式のお悔やみの言葉であることを忘れないでください。

メールが来た時の正しい返事は?例文で解説

メールで訃報を受け取った場合のお返事の例文は下記を参照してください。

1.仕事上のお付き合いのある方へのメール

件名:(会社名 名前)よりお悔やみ申し上げます。

本文:相手の方の会社名  
   お名前  様
この度はお身内に不幸があったと伺い、大変驚いております。
ご尊父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
心身ともに大変かと存じますが、どうぞ無理をされませんように。
略式ながらメールにて失礼いたします。

2.同僚・知人など

件名:(名前)よりお悔やみ申し上げます。

本文:ご尊父様のご逝去を知り、とても驚いています。
大変なときに、ご連絡を頂きありがとうございます。
心からお悔やみ申し上げます。
心身共に、辛い時だと思いますが、無理しないでくださいね。
何かと大変かと思いますが、何かお手伝い出来ることがありましたら、遠慮なくお知らせくださいね。
特に、ご用命が無い場合は、返信は不要ですのでお気づかいなく。

返信する場合の注意点は?

返信する際の注意点は以下の通りです。

  1. 件名は簡潔に
  2. 時候の挨拶はいらない
  3. 送る相手によって内容をかえる
  4. 忌み言葉を使わない(NGワードについては下記を参照してください)
  5. お悔やみに用いる敬称を使う
  6. 自身が訃報に接した際の心情を入れる
  7. お悔やみの言葉を丁寧にお伝えする
  8. 最後に相手を気遣う気持ちを表現する

お悔やみのメールをお送りする際のNGワードとして、「忌み言葉」というものがあります。

  1. 重ね重ね
  2. またまた
  3. 再三
  4. 度々
  5. しばしば
  6. 続いて

など、これらは、不幸が繰り返されることを連想させる言葉として、使わない方が良いでしょう。

さいごに

相手の方は、悲しみに暮れる間もなく、連絡を下さっているかと思います。

相手を思いやる気持ち、寄り添う気持ちをメールの文面に表して差し上げると、気持ちも落ち着くかもしれません。
簡潔で、気持ちのこもったメールをお送りして差し上げましょう。

今はメールという手段で、いつでも気持ちが伝えられます。あなたのその一言で、救われることも多くあります。

辛い時に、寄り添う言葉をかけてあげて下さい。

【関連記事】
こちらも合わせてご覧ください!!

「ご愁傷様」の意味と由来は?正しい使い方は?超わかりやすく解説!
「ご愁傷様」メールはあり?正しい使い方は?例文で解説。

SPONSORED LINK

関連記事

喪服 和装

葬式や通夜は友引がNG?本当のところはどうなの?

葬儀のマナーと言うのは学校などで教わる訳ではないし、地域等でも変わって来るので不安ですよね。どれが正

記事を読む

ご愁傷様,メール

葬式のマナー。男性の正しい服装は?靴やベルトはどうする?

冠婚葬祭、それは大人としての常識が試される場。大人として、社会人として、こうした公の場での非常識な振

記事を読む

痩せる歩き方

引越し祝いの金額。いくらがマナー?相場と渡し方を超詳しく説明!

引っ越し祝いって難しいですよね。 そうそうあることでもないし、他の人がいくら包んでいるのかも分からな

記事を読む

内定式のメール返信。書き方は?件名は?超わかりやすく解説!

内定が決まった方、おめでとうございます! 社会人1年生になる方も、念願の転職に成功した方も、 未来へ

記事を読む

直葬 意味 読み方

密葬と家族葬。違いと意味は?費用は?知っておくべき知識はココ。

近年大物有名人の方々が何人もお亡くなりになっています。 そんな時に耳にするのは「既に密葬が執り

記事を読む

直葬 意味 読み方

「直葬」の読み方と意味は?費用や流れについて徹底解説!

皆さんは「直葬」ってご存知ですか?人が亡くなると葬儀が行われるのが習わしではありますが、最近は生活ス

記事を読む

結婚式の乾杯の挨拶。上司の立場で使える例文を紹介!動画つき解説

「結婚式で乾杯の挨拶を頼まれてしまった。人前で話すのは苦手なのに、どうしよう?」 …焦りますよね。

記事を読む

結婚式の余興はこれでOK!鉄板で盛り上がる歌。女性向けランキング

大事な結婚式の余興。 余興では様々なスタイルがあると思いますが、AKB、モーニング娘、 など人数や

記事を読む

葬式マナー香典書き方渡し方2

葬式のマナー。香典の書き方は?包み方や渡し方も丁寧に解説。

高校を出たばかりの頃、友人たちとお葬式に参列することになりました。葬儀当日、「香典袋ってこれでいいか

記事を読む

男の浴衣は左前が正しい?わかりやすく解説!参考動画あり!

夏は花火を見に浴衣を着る機会が多くなります。 浴衣は女性というイメージが強いかもしれませんが、 男性

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑