*

犬にこたつは危険なの?注意点を細かくチェック!動画あり。

雪の季節になると思い出す童謡「犬はよろこび庭かけまわり、猫はこたつで丸くなる」。この歌が聞こえてくるたびに思わず「犬だってこたつで丸くなるよ!」と、反論してしまう飼い主さんもいらっしゃるのではありませんか?

犬だって、こたつが大好きです。うちの実家のマルチーズはいつも猫とこたつの取り合いをしています(だいたい勝ちます)。

でも、こたつって結構、熱いもの。犬や猫は平気でこたつにもぐって寝ていますが、人間なら「熱っ!」となってしまいます。あの温度、犬は大丈夫なのでしょうか。赤外線の影響はどうなのでしょうか。気になって調べてみました。

SPONSORED LINK

犬にこたつは危険?

人間なら、こたつに入れるのは足だけで上半身は外に出していますよね。ところが犬さんの場合は頭までもぐってしまう子も多いです。そのため、こたつには数々の危険が潜んでいることがわかりました。

「熱中症」

普通は暑くなってのぼせたら自分で外に出てきますが、うっかり眠ってしまい、暑くなりすぎて熱中症になってしまうことがあります。ハアハアと苦しそうに息をして大量のよだれを流し、嘔吐や下痢の症状がみられることもあります。子犬や老犬、呼吸器の弱い犬種がかかりやすいです。

「脱水症状」「便秘」

こたつの中は温度が高いため、体内の水分を奪われます。水分補給をせずに長時間こたつ内にいると脱水症状を起こす危険があります。また、体内の水分が足りないと便秘になりやすいです。

「低温やけど」

布団をかけているだけなら問題ありませんが、内部の熱を発している部分にあたり続けると低温やけどになってしまいます。低温やけどは皮膚の深いところまで達するやけどですが、自覚症状があらわれにくく、犬自身が気づきにくいため、飼い主さんの注意が必要です。

「乾燥肌」

近赤外線は肌の老化を引き起こすといわれています。肌の弱い犬種は気をつけましょう。

「結膜炎」

電気こたつの場合、中の空気が乾燥しています。そのため結膜炎になりやすいといわれます。

「酸欠・一酸化中毒」

練炭をつかうこたつに潜り込み、一酸化炭素中毒になった例があります。非常に危ないので、潜らせないようにしましょう。また、普通のこたつでも、何かのはずみで出口がふさがれ出られなくなり、酸欠に陥ったという話もあります。

こたつが大好きな犬さんの動画

SPONSORED LINK

注意すること

こたつには危険が伴うけれど、あまりに寒いのも可哀そうです。犬がこたつに入りたがった時にはどんなことに注意をするべきでしょうか。

  • こたつのスイッチを切る
    一番無難なのは、スイッチを切ってしまうことです。スイッチを切った後でもしばらくは余熱で温かく、安全に過ごすことができます。
  • ときどき様子をみる
    熱中症になっていないか、低温やけどになりそうな場所にいないか、ときどきは布団をめくって確認するようにしましょう。もしも危険だと思ったら、すぐにこたつから出してあげてください。
  • 空気の出入り口を確保しておく
    力の弱い子犬だと自力でこたつから出られなくなってしまったり、酸欠になってしまう可能性があります。犬がこたついに入ったら、布団を少しだけ開けて出口を作っておいてあげましょう。すぐに出られるようにしておけば、のぼせてきても安心です。
  • 入らないように躾ける
    どうしても目が届かないようであれば、こたつを使わせないよう躾けたほうが安全かもしれません。中に入らなくても、こたつ布団の上で暖まることはできます。

こたつ 犬

『こたつ犬』は可愛いけれど注意が必要!

色々と調べてみると、やっぱりこたつには危険がいっぱいで驚きました。

でも考えてみると、人間の子供がこたつにもぐりこんで寝たら叱られますよね。私も昔「こたつで寝ると風邪をひくからダメ!」と母に叱られた覚えがあります。人間がしてはいけないことは、犬の体にも良くないのです。

こたつにもぐりこむ犬(猫も)はむちゃくちゃ可愛らしいですが、体に害が及ばないよう、十分に気をつけなくちゃと思いました。あ、あと、犬や猫が電気こたつにもぐると静電気がものすごいですから、触るとバチッ! と来ますよ。お気をつけて。

【関連記事】
こちらも合わせてご覧ください!!

犬の連続くしゃみは危険?!原因と対策まとめ
犬の夏バテ対策はココ!!知っておくべき食事とは?

SPONSORED LINK

関連記事

カニの餌って何?飼い方は?海、川での種類別わかりやすい飼育方法

カニ、飼ってみようと思ったことはありますか?近年では自宅マンションはペット不可というところも多く、水

記事を読む

盛岡さんさ踊りとは?2015最新情報をどこよりも詳しくチェック!!

盛岡さんさ踊りは「世界一の太鼓パレード」と言われており、その名の通り体の芯まで響く太鼓の音は大迫力で

記事を読む

蚊取り線香は犬に危険?効果や害を徹底調査!

暑い日が続く今日この頃。日が出ていなくてもムシムシしますよね。そんな時にやってくるのが蚊!! 外にい

記事を読む

小型犬 抜け毛

抜け毛の少ない小型犬はコレ!絶対にオススメの犬種3選!!

犬を飼う時に何を基準に犬種を決めますか? 可愛さ?頭の良さ?サイズ? その中に「抜け毛」という項

記事を読む

カメムシの卵を駆除!簡単一発で出来る退治&洗濯物対策。

先日、網戸の外側に白いものがこびりついているのを発見しました。小さくて白いツブツブ…卵です。しかもカ

記事を読む

カニ 餌

カニの飼育。餌はどうする?海や川など種類別の飼い方。

突然ですが、カニ、飼ってみようと思ったことはありますか? 近年では自宅マンションはペット不可と

記事を読む

69a71e56264be1cd78478cf00676f283_s

犬の熱中症対策!症状別の治療法はコレ!後遺症は危険?

いつも散歩で出会う可愛いワンちゃんがいたのですが、最近見かけなくなりました。 どうしたのかと飼

記事を読む

猫に蚊取り線香は大丈夫?効果や害を徹底調査!

暑い夏が来た!!ムシムシジメジメ。実家の猫も至る所で涼んでいます。ある時はフローリングの廊下。ある時

記事を読む

スタンダードプードル

抜け毛の少ない大型犬はコレ!飼い方や性格まで詳しく紹介!!

犬を飼いたい!!大型犬を飼いたい!! 大型犬といえば外飼いが基本なイメージですが、最近は家の中

記事を読む

犬に梅干しは大丈夫?わかりやすく調べてみました。

犬を飼っている方は、この食べ物は犬に食べさせてはいけないとか、 食べさせると良いものなど、見聞きする

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑