*

「葬式」「通夜」「告別式」の違い。意外と知らない本当の意味。

知っているようで知らない事が多い、葬儀のあれこれ。私が若い頃は会社の上司に、葬儀について教わったものです。今では上司に聞く部下も少なくなりましたね。葬儀には密葬や家族葬など、昔はあまりなたっか葬儀も増え知らない事も多くなってきました。

68551893a99e4162112dc186dc0c830e_s

所で、葬儀、通夜、告別式と聞きなれた言葉ですが・・・違いは分かりますか?常識なんだけど、聞かれると自信がない・・・そんなお葬式について調べてみました。

 

SPONSORED LINK

葬式の場合

葬式を行う意味は4つほどあります。故人を偲んで行うと言う意味だけではないんですよ。

1.社会的な意味

人の死が関わってきますので、社会的に死の通知を行う意味合いがあります。更に知人や家族があつまり死の確認をします。公的機関の手続きもありますので、その手続きや相続の処理も含まれます。

2.遺体の処理

遺体は自家融解を起こし腐敗が始まります。自家融解とは細菌の繁殖や自らの胃酸などの消化液で腐敗する事で衛生面や死者の尊厳を守る為にも葬儀と言う形で土葬火葬と言った方法で処理します。

 3.心理的

大切な人の死は悲しみや心の痛みを引き起こします。死別と言う悲嘆あ抑制したり避けようとするのではなく、葬儀と言う形で区切りをつける事で乗り越え、癒す事が出来る、葬儀の一連の過程はそれらを癒す一翼を担います

 4.霊の処理

死ぬことにより、亡くなった人の霊を「この世」から「あの世」に送り出します。これは宗教的、文化的な儀式により行われ、これにより死者と残された家族との間に心的に新しい関係を作り出します。これによって心の切り替えにも貢献します。

こういった意味があって葬儀は行われます。

死は個人の問題ではなく、社会的にも関係してくるのですね。

SPONSORED LINK

通夜の場合

通夜とは・・・字の通りの意味です。夜を通じて故人を見守る。と言う意味があります。通夜は一晩中、線香やろうそくの火を絶やさない様に見守りますよね。

あれは何故だか知っていますか?私が子供の頃には「火を絶やすと死者を狙う火車がやって来るから」と祖父から聞かされたものです。大好きな祖母のお通夜の時には夜通し見張っていたものです。

実際には亡くなってすぐの故人の魂はあの世でもない場所をさまよっています。ろうそくの光は故人の足元を照らす光です。絶やしてしまっては道に迷ってしまいます。

線香の場合は線香の煙が天へ上る道しるべとなります。線香を絶やせば道が分からなくなってしまします。ですがこれは昔の考えで現代では次の日に葬儀が控えて居るので、しっかりと休養を取る、心の準備をするといった方も増えています。

直葬 意味 読み方

告別式の場合

本来、告別式は故人の友人や知人が最後にお別れをする儀式でした。骨を墓地に送った後、埋葬前に行う儀式でした。

現在は一般会葬者が火葬場まで同行しない事が多くなってきました。なので告別式は葬儀と同時に行う事が多いです。

さいごに(まとめ)

昔の葬儀、通夜、告別式と現代では変わってきている事もあります。昔はこうだったからとした事が現代ではマナー違反っていう事もあります。お通夜の夜通し故人を見守るも現代では違います。

若い世代に「昔は・・・」なんていっていたら「今は違いますよ」なんて言われてしまいますね。

【関連記事】
こちらも合わせてご覧ください!!

葬式のマナー。香典の書き方は?包み方や渡し方も丁寧に解説。
葬式のマナー。香典の金額は?年齢別の相場はココ!
葬式のマナー。女性の正しい服装をチェック!靴や小物はどうする?
葬式のマナー。男性の正しい服装は?靴やベルトはどうする?
葬式のマナー。数珠は必須?持ち方や色の決まりは?正しい知識。
葬式のハンカチは何色が正解?白?黒?男女別に解説!
葬式のマナー。化粧はして良いの?アイラインやマスカラは?
「葬式」「通夜」「告別式」の違い。意外と知らない本当の意味。
葬式や通夜は友引がNG?本当のところはどうなの?

SPONSORED LINK

関連記事

3

結婚式に鉄板でウケる余興ランキング!おもしろアイデア満載!!

結婚式の余興。泣ける場面や笑いをとる場面。 この余興によって結婚式の披露宴というものの雰囲気は変わ

記事を読む

c35edfa497e9798dd667a174f9fa68a4_s

喪中の範囲は?年賀状の返事はどうする?返信方法や文例を紹介!

身内に不幸があって、今年は年賀状が出せなくなりました。喪中というわけです。喪中ってなにかと気をつかう

記事を読む

a0960_006049

秋のお彼岸はいつなの?お墓参りに必要な知識を学ぼう!!

「暑さ寒さも彼岸まで」…という慣用句を聞いたことがあると思います。 春のお彼岸と秋のお

記事を読む

結婚,挨拶,手土産

結婚の挨拶で喜ばれる手土産はコレ!のしの付け方や渡し方も解説。

マナーは誰に聞いたらいいかも分からず、その場にならないと困らないので、うやむやになるマナーも事が多い

記事を読む

結婚式の二次会。鉄板でウケる乾杯の挨拶はコレ!使える例文集!

近々、友人の結婚式に出席することになったのですが「二次会で乾杯の音頭をとってほしい」と頼まれました。

記事を読む

結婚式の乾杯の挨拶。上司の立場で使える例文を紹介!動画つき解説

「結婚式で乾杯の挨拶を頼まれてしまった。人前で話すのは苦手なのに、どうしよう?」 …焦りますよね。

記事を読む

ご愁傷様,メール

「ご愁傷様」への正しい返事は?NGは?正解を知っておこう。

“ご愁傷様”これは一般に、誰かが亡くなった際に、遺族に対して哀悼の意を伝えるための言葉です。 でき

記事を読む

男の浴衣は左前が正しい?わかりやすく解説!参考動画あり!

夏は花火を見に浴衣を着る機会が多くなります。 浴衣は女性というイメージが強いかもしれませんが、 男性

記事を読む

密葬,香典

密葬では香典を渡すべき?弔電は?正しい知識を学ぼう。

皆さんは「密葬」と聞いて、なんだかわかりますか?私は最近になって「密葬」という言葉を始めて聞きました

記事を読む

内定式の時期はいつ?公務員と一般企業の違いは?

私の知人にも就活中の学生が数人いるのですが、 彼らの話を聞いていると聞きなれない言葉がありました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑