*

本庄祭り2015秋の日程。交通規制は?動画満載でみどころ紹介!

東京日本橋から滋賀県草津市を結ぶ中山道。その最大の宿場町として栄えた本庄町(現在は本庄市)。そんな本庄市には夏には『本庄祇園まつり』秋には『本庄まつり』と二つの大きなお祭りが行われます。

今回は秋のお祭り『本庄まつり』を紹介させていただきます!

 

SPONSORED LINK

本庄祭り2015秋の日程やアクセス

日程
11月2日(月)・3日(火・祝)
※小雨程度なら決行するみたいですが、普通に降ってくると引き下げてしまうようです。

2日(月)
13時〜22時 各町内曳き回し

3日(火・祝)
11時 金鑚神社前各町山車集合
12時 金鑚神社御神幸祭行列・巡行パレード出発
16時 駅前通り巡行
18時 中山道・銀座通り・駅前通りで叩き合い

2日間同時開催イベント
13時頃・銀座通り  民謡レク連盟・連合婦人会の民謡流し
14時頃・銀座通り  南京玉すだれパレード
14時頃・中山道   県北明るい社会づくりの会の平和行進

★地図はこちら

基本的には本庄駅前通り(本庄駅北口交差点と中山道間)・銀座通り(銀座一丁目交差点と中山道間)・中山道にて行われるようですね。

honnjyou1

駐車場情報・交通規制について

臨時無料駐車場が700台ほどととても充実しています。

2日13時〜22時
3日10時〜22時

  • 200台  市役所
  • 300台  富士産工旧本庄工場
  • 50台  若良運動公園
  • 100台  本庄西小学校(3日のみ)
  • 40台  商工会議所

交通規制に関しましては両日時間や区間が細かく設定されているので、HPで確認してみてください。通行止めじゃないとしても、多くの来場者数が考えられるのでお祭りの最中は大通りは通らないのが無難かと思います。

★交通規制情報リンク
交通規制情報

また、トイレ・ゴミ箱・喫煙所もきちんと設定されているのでマナーをしっかりとまもりましょう!

honjyou2

歴史について

本庄の鎮守様として親しまれている金鑚神社の大祭です。金鑚神社は神川町に本社があり、このお祭りで山車などが集まる場所は社務所と呼ばれているところだそうです。この本庄祭りは豪華絢爛な山車が町内や駅前を曳き回るのがメイン。

始まりは明確にはわからないそうなのですが、1792年に子供歌舞伎が演じられたという記録があり、これにはいくつかの町が秋祭りに順番に当番町となり催し物を行っていたと残っています。時代は明治に移ります。『明治五年壬申秋九月 祭禮式 本庄宿』という書物に8つの町が様々な出し物をしていたということが書いてあります。例えば車に獅子を乗せて曳き回ったり、張り子の釣鐘だったり、お茶や菓子を入れた箱でした。こういったものが原型になっているんじゃないかと考えられています。

そして神社の祭典として町民の間で親しまれてきたのですが、山車を出すことについて度々議論があったようです。

太平洋戦争前にはそもそも山車を出すのか否かというので揉めたり、昭和30年頃には市街地の外からきた人が多額の費用が費用がかかったりすることからもめてしまったりと。その度に神社の祭典であること、自分たちは氏子であること。を再認識するのと、批判的な意見は少数意見としてとらえられ実行はしましたが、なかなか安定しませんでした。昭和45年頃になると今度はこれを文化財として守っていこうという動きになり、なんとかお祭り自体が安定しました。

いろいろ書きましたが、実はお祭りの書物はあまり残ってなく、歴史などがよくわからない点が多いそうです。逆から見ればそれは町民全体のお祭りで、書き記す必要がなかったからとみられているそうです。

SPONSORED LINK

みどころ

本庄まつりには10つの町各町自慢の山車を持ちいて行われます(宮本町・泉町・上町・照若町・七軒町・仲町・諏訪町・南本町・本町・台町)。みどころはなんといっても各町の山車とお囃子の違いを楽しむこと!!

★動画はこちら

現在10基ある山車は明治5年〜大正13年までに建造されていて、うち8基が市指定文化財となっています。本庄まつりに使用される山車は一つとして同じものはなくその町によって様々なデザインが施されています。特に、太鼓などを置いた囃子座の他、人形を置く人形座があることが特徴です。この人形は神や武将の姿をモデルにしています。

宮本町 日本武尊(やまとたけるのみこと)
泉町 武内宿禰(たけのうちすくね)
上町 神功皇后(じんぐうこうごう)
照若町 桃太郎(ももたろう)
七軒町 加藤清正(かとうきよまさ)
仲町 神武天皇(じんむてんのう)
諏訪町 大田道灌(おおたどうかん)
南本町 連獅子(れんじし)
本町 石橋(しゃっきょう)
台町 素戔嗚尊(すさのおのみこと)

古事記にも登場する日本武尊素戔嗚尊から、江戸時代の武将まで様々な人形を山車のてっぺんに乗せています。その他にも美しい刺繍がほどこされた幕や、金箔や彫金などをつかって豪華絢爛な山車になっています。

また、お囃子も各町違うものを披露するので色々なものを楽しめます!!

オススメ情報

観光ではずせないのはやっぱりグルメですよね?!!本庄市の郷土料理は「つみっこ」です。つみっこってなんぞや?ってところなのですが、

埼玉県は昔から小麦の栽培が盛んで、その小麦や野菜を使用したすいとんのこと。練った小麦粉を団子状やちぎったもので、それを野菜のたっぷり入った鰹出汁の汁と共にいただきます。本庄では「つみとる」というのを「つみっこ」といい、小麦粉を手で摘み取るようにちぎって鍋に入れて作っていたことからそう呼ばれているそうです。

毎年「つみっこ合戦」というつみっこのイベントが開催されていて、今年も第8回つみっこ合戦が1月に行われました。今年は4連覇を狙っていたベーシックなしょうゆ味「上里町商工会調理師会」を抑え、トマト風味のつみっこをつくった「みのりの会」という市内のグループが優勝しました!!他にも豆乳ベースやカレーベースなど様々なつみっこを楽しむことができたそうです!

もちろんそのイベントでなくても市内食堂にてつみっこを味わうことができます。その中で一軒気になったお店があるので紹介させていただきます。

Cafe NINOKURA
Cafe NINOKURA 食べログ

明治43年から平成21年まで営業していた酒問屋・小森商店の蔵を使用したコミュニティカフェ。金鑚神社のすぐちかくにあります。三つある蔵のうちNINOKURAは味噌・醤油蔵だった二の蔵をしようしているとのこと。外観は蔵そのままで、内装は蔵の良さを残しつつソファ席などもあり暖かい内装になっています。

お酒やお食事など様々なものを楽しむことができます。それだけでなく、地元の野菜やお酒の販売や、ワークショップやライブの開催なども行ってます。つまり!地元の人の憩いの場だけでなく、観光客とを結ぶお店でもあるのですね!!

つみっこめぐりするのも楽しいかもしれませんね♪

さいごに

町民全員で栄えさせてきたお祭り。自分の町にもこんなのがあればいいのに!なんて思うかもしれませんね!!一見外部の人間がそこに入っていくのは難しそうに見えますが、そんなことはありません!里は違えど同じ日本人。みんなで楽しんじゃいましょう。つみっこを食べることもお忘れなく!!

SPONSORED LINK

関連記事

おみこし

沼田まつりへ行こう!2015の最新情報が満載!!

今年の夏は“まんどう”や“天狗みこし”を見に、皆で“おぎょん”へ行こう! ということで、ここで

記事を読む

6ac655e9a8706a9b26c05d6062642eab_s

新庄祭りに行きたい!2015最新情報をどこよりも詳しくチェック!!

今や老若男女問わず、歴史ファンの方がいらっしゃいますよね。 中には歴史にロマンを感じ、

記事を読む

芦屋基地航空祭2015は雨天決行?日程やアクセスを一発チェック!

皆さん、芦屋基地航空祭ってご存知ですか? 福岡県の航空自衛隊芦屋基地で行われるイベントですが、ここ

記事を読む

a0008_000413

沼田 夜高あんどん祭り2015の最新情報はココでチェック!!

北海道の沼田町で行われる”沼田町夜高あんどん祭り”を知っていますか。 喧嘩あんどんと言われるこのお

記事を読む

長崎くんち2015の日程は?歴史は?穴場スポットも紹介。

名前だけは知っているけど、詳しく知らないのではないですか? 長崎くんち 約370年の歴史を誇るお

記事を読む

イチョウ祭り2

八王子いちょう祭り2015の日程は?雨天決行?詳細をチェック!

春の桜に、夏のひまわり、秋のいちょうに、冬の柊といったところでしょうか。秋のいちょうが立ち並び冬へ向

記事を読む

ワールドフェスタヨコハマ2015

ワールドフェスタヨコハマ2015の日程は?穴場は?ココでチェック!

毎年、山下公園で開催されるワールドフェスタヨコハマ。今年で21回目を迎えます。 ワールドフェス

記事を読む

わっしょい百万夏まつりに行こう!2015最新情報が満載!!

夏になると皆が心待ちにする夏祭りが全国で開催されます。 そんな中、「わっしょい百万夏祭り」と題した

記事を読む

酉の市 浅草1

酉の市 浅草の神社2015。日程やアクセスは?穴場は?最新情報はココ!

酉の市ってきいて、何が思い浮かびますか? 恥ずかしながら、鶏が思い浮かんでしまいました。調べたら、歴

記事を読む

恐山大祭 2015

恐山大祭に行こう!2015の情報はココでチェック!!

日に日に夏になっていくのが実感できる今日この頃。 暑いのが嫌いな私は毎日夏におびえて生活してい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑