*

年賀状で引越しの挨拶はOK?喪中の場合は?マナーや文例。

引越しのご挨拶に新年のご挨拶。どちらも新しいスタートの大事な挨拶ですが、忙しい日々に追われている内に気付けばもう年末?!という状態になっていませんか?はい、私がその一人です( ;∀;)

SPONSORED LINK

引越しをしたけど、忙しくて引越しの挨拶をしていない!!という人は多いと思います。礼儀として引越しの挨拶が必要なのは知っているけど、つい忘れがちですよね。

そこで、年賀状と引越しの挨拶を一緒に出来たら便利だな!とひらめいたわけです。
でも、それってマナー違反にならないかな?失礼にならないのかな?と迷いますよね。

そこで今回は年賀状と引越しの挨拶は一緒にして良いのか?をお伝えしていこうと思います!

年賀状 引越し 挨拶

年賀状で引越しの挨拶をしても良い?

年賀状で引越しの挨拶は“OK”です!
結構してる人も多いみたいですよ~。私は知らなかったな~。

一般的に引越しをしたら1か月以内に転居のお知らせをするのがマナーとされています。遅くても2か月以内にはお知らせを出すのが望ましいそうです。

しか~し!12月に引越しをした場合は、新年のご挨拶と転居のお知らせを兼ねるという方法もあります。
転居届を出しておけば、旧住所へいただいた年賀状も新住所へ届くので安心ですね♪

年賀状で引越しの挨拶をする際の例文

  • パターン1
  • 「Happy New Year
    昨年末転居し、心新たに新年を迎えました
    お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください
    この新しい年が皆様にとってさらによい年でありますように
    心よりお祈り申し上げます
    平成二十八年 元旦」

  • パターン2
  • 「謹んで新年のご祝辞を申し上げます
    今年は新居で新しい年を迎えることになりました
    お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください
    平成二十八年 元旦」

  • パターン3
  • 「あけましておめでとうございます
    昨年、左記の住所に転居いたしました
    ぜひ遊びにいらしてください
    今年もどうぞよろしくお願いいたします
    平成二十八年 元旦」

引越しの理由はそれぞれあると思うので、仲のいい友達やお世話になっている方など手書きでメッセージを添えてもいいですよね。

毎年届く年賀状って何歳になっても嬉しいし、ワクワクするものです。

SPONSORED LINK

相手が喪中の場合

いつもお世話になってる方に不幸があって、年賀状が出せない場合もありますよね。そんな時の「年賀状+引越し報告」は「寒中見舞い+引越し報告」へシフトチェンジしてください

寒中見舞いとは、寒い時期の相手方の安否を気遣い、自分方の状況を報告するための季節のあいさつハガキです。
まさにもってこいの日本文化ですよね!!

寒中見舞いの出す時期は松の内が明け、立春までの間と言われています。
具体的には1月8日~2月4日頃のようです。

ハガキは季節の挿絵が入ったものや少しイラストが入ったものでOK。
ただし、日の出やお正月をイメージするイラストがのったものは使いません。“寒中見舞い”ということが大前提で、相手に気持ちを送りましょう!

【例文】
・引越し報告もかねての寒中見舞い

「寒中見舞い申し上げます
ご服喪中との由を賜り、年頭のご挨拶を失礼させていただきました
静かに御越年のことと存じますが、向寒の折、ご自愛の程お祈り申し上げます
私ごとで大変恐縮ではございますが、昨年末転居いたしました
またお会いできる日をお待ちしております
寒さが一段と厳しくなります折柄、何卒お体を大切にお過ごしください」

※余った年賀状ではなく、私製ハガキや寒中ハガキが売られていますのでそちらを使って書いてくださいね!

年賀状のように何十枚と出すわけでもないので手書きや手書きのメッセージで届けてみましょう。

年賀状 引越し 挨拶

さいごに

小さいころから元旦の楽しみは“お年玉”と“年賀状”でした!
おせち料理とかもありますけどね!

便利な世の中になっていますが、手書きに勝るものはありませんよね!
子どもたちにも教えていきたい大事なことだと思います。

それに加えて、家庭ができると独身の頃より責任感がグンと増します。
常識ある妻や夫、親として節目の挨拶はきちんとこなしたいものですね。

SPONSORED LINK

関連記事

ご自愛 使い方

「ご自愛ください」の正しい使い方。目上の人に失礼って本当?!

これから夏本番!暑中見舞いや残暑見舞いなどで手紙を出す方も多いかと思います。手紙やメールなどを書く際

記事を読む

結婚の準備期間中に喧嘩が多い真の理由が面白い?

夢見る結婚式。なのになぜか喧嘩が多くなってしまうこの時期。せっかく素敵な人と一生を過ごすのにいつも以

記事を読む

白封筒

キラキラネームは改名が出来る?方法は?具体的に解説。

今やどこに行っても珍しくなくなってきた『キラキラネーム』。 キラキラネームとは、パッと見で読めないよ

記事を読む

じゃがいも 育て方 栽培 方法

じゃがいもの育て方。栽培に適した時期やプランター、肥料の選び方。

マンションの小さなベランダの一角でする家庭菜園が、最近巷で流行っていますね。そこから熱が入って、レン

記事を読む

悩める幹事イメージ

忘年会の景品。3000円、5000円、1万円で人気のおすすめ紹介!

「じゃあ今年の忘年会の幹事は君にお願いするよ」会社の上司とかに急にこんなこと言われて困った経験はあり

記事を読む

節分の意味・由来。いわしを飾る理由は?食べるタイミングや処分方法

2月の代表的な行事にあたる節分。小さい頃、鬼のお面をかぶった父やおじいちゃんに向かって、「鬼は外ー!

記事を読む

洗濯物の色落ちを防ぐ方法&裏技を紹介!

これから夏に向けて、クローゼットの中もだんだん夏色のカラフルな洋服になってくるのではないでしょうか。

記事を読む

ミサンガの色の意味を色別に解説!おすすめ&NGな組み合わせは?

手首や足首に巻いておき、「自然に切れると願いが叶う」というミサンガ。お守りですが、アクセサリーとして

記事を読む

掃除

窓の掃除。カビを簡単に除去するコツをわかりやすく説明。動画あり。

「あ、ここもあったか、、、」と気づけばかなり汚れていて、掃除せざる負えない見て見ぬ振りできない場所が

記事を読む

サラリーマンの髭はNG?マナー違反?口コミ調査してみました。

サラリーマンの身だしなみチェックポイントの一つである「髭の手入れ」 一般的にサラリーマンは髭NG!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑