*

関東の初日の出2016。混雑しない快適な激アツ穴場スポット紹介!

初日の出見物。それは年明け最初のイベント。毎年私はその1年を占うつもりで、初日の出を全力で楽しむことにしています。家族や友人と一緒に見に行くと、良い思い出作りにもなりますしね。

ただ、毎年決まった場所から見ていたのでは面白味に欠けるので、ある年からルールを設けました。それは、「毎年違う場所で見る」というもの。

SPONSORED LINK

出来れば混雑は避けたいと考えているのですが、海沿い、山頂、高層ビルの展望室などの、いわゆる“初日の出スポット”は毎年どこも満員御礼です。それが人口の多い関東圏内なら尚更。

なので、快適に初日の出を見物出来る場所を毎年探し求めています。もはや趣味です。というわけで、これまで私が見つけた関東の隠れ初日の出スポットを、ここをご覧の皆さんにだけこっそりとご紹介します。

良い場所を見つけたらあまり人には教えたくないのが普通なのですが、何せ一回行ったら他の場所に行こうと決めているので出血大サービスです。

初日の出は見たいけど、混雑に巻き込まれるのはイヤ!とお考えの人は是非来年の初日の出見物の参考にしてみてください。

初日の出(海)

東京の隠れスポット その1

東京からは3つほどご紹介。まずは、若洲海浜公園です。

おすすめポイント

グルリと辺りを見回しても大きい建物や山が視界に入らない。だだっ広い感じの公園です。

もちろん、ここに初日の出を見に来る見物客はそれなりにいるのですが、この広さのおかげでそこまでゴミゴミした印象は受けませんでした。少なくとも他の有名どころよりはよっぽど快適に見物できます。周囲に何もない分、風も容赦なく吹きつけて結構寒いので要注意

ここ以上に混雑を避けたい場合は、公園から伸びる東京ゲートブリッジがオススメ。車道用の橋と並行して作られた歩道用の橋の上から日の出が見れます。ただし、歩道用の橋は車道用の橋より西側にあるため、道路越しになってしまうのがちょっと残念。

アクセス

交通機関を使ったアクセスは次の通りです。

JR京葉線、東京メトロ有楽町線、
またはりんかい線の「新木場駅」で下車し、都バスに乗り換え、「若洲ゴルフリンクス前」で下車。

車の場合は、
首都高速湾岸線の新木場ランプより、東京ヘリポート方向へ約7分。300台分の駐車場があります。

マップ

東京の隠れスポット その2

続いては、小仏城山の山頂です。

おすすめポイント

こぼとけしろやま、と読みます。その名の通り山です。

すぐ隣りに有名な高尾山があり、そちらの山頂は初日の出スポットとして混雑するのですが、小仏城山まで来ると人は減るのでこちらをオススメしました。

アクセス、というべきか迷いますが、とにかくまずは京王電鉄高尾線で高尾山口駅へ向かうところからスタートです。そこから1号路と呼ばれる山道を歩いて高尾山の山頂を経由し、小仏城山を目指します。

高尾山口駅から高尾山の山頂までで約1時間半くらい、そこから小仏城山山頂まではノロノロ歩いてもだいたい1時間くらいなので、休憩も考えると日の出の3時間半~4時間くらいには高尾山口駅に到着しておくと良いと思います。

専門的な登山具は必要ありませんが、高尾山から小仏城山へ向かう道は灯りがなく真っ暗になってしまうので、ヘッドランプだけは用意しておきましょう。ヘッドランプを使って辺りを照らしながら山頂を目指すというのは、登山ど素人の私にとっては中々スリリングな体験でした。

そして、やはり苦労した分、山頂から見る初日の出がとんでもなく綺麗に見えたのを覚えています。ちなみに、山頂には売店があり、そこでおでんが購入できます。冷えて疲れた身体に染み渡ります。

マップ

東京の隠れスポット その3

続いては羽田大鳥居

地図は大体この辺りなのですが、なにぶん正式な建物名ではないのでハッキリと示すことができません。場所は海老取川にかかる弁天橋を羽田空港側に渡ってすぐのところです。

おすすめポイント

潜った先に神社はなく、ただその場所にポカーンと大きな鳥居が佇んでいます。

ここの何がオススメかと言えば、初日の出のロケーションです。水平線から日がのぼってくるのですが、日の出がちょうど鳥居の中におさまるようにして見えるんです。スマホなどで初日の出を撮影する人もたくさんいらっしゃるかと思いますが、ここまで絵になる1枚が撮れるスポットもそうそうありませんよ。

まさに“穴場”という場所なので、他の初日の出スポットほどは混雑しませんが、その代わり設備らしい設備もありません。一応近くに公衆トイレはありましたが、その他必要になりそうなものはあらかじめ用意しておくようにしましょう。

マップ

SPONSORED LINK

千葉の隠れスポット

東京以外からもご紹介。千葉県からは行徳野鳥観察舎です。

おすすめポイント

一体ここは何なのかと言えば、水鳥や水辺の自然環境保護のために造られた施設のようです。つまり野生に近い鳥類の観察が楽しめる場所ということですね。う~ん渋い。

本来であれば休館日なのですが、元旦のみ特別開館していて6時~9時の3時間初日の出見物に利用できます。観察舎内と水路沿いの道路の2ヶ所から初日の出が見られるのですが、私は外の気温に負けて観察舎の中から見物しました。

千葉なら、多くの人が房総半島の海岸線から日の出を見ようと考えます。そして実際相当に混みます。その裏をついた浦安方面の穴場スポットがここということで、激しい混雑を見事に回避できます。

アクセス

アクセスは次の通りです。

東京メトロ東西線の行徳駅から京成トランジットバスの新浦安駅行きに乗り換え。福栄二丁目で下車し、徒歩で約10分。行徳駅から歩いて行けない距離でもないので、バスが面倒な方は直接歩いて行ってもいいと思います。

車なら、東関東道湾岸市原I.Cから約7分です。

無料の駐車場はありますが、20台分だけなので、あまりアテにせず付近のコインパーキングを利用するつもりで行ったほうがいいかもしれません。

マップ

埼玉の隠れスポット

初日の出(山)

最後は埼玉から。古代蓮会館の展望室です。

おすすめポイント

普段は古代蓮が鑑賞できる公園ということで、千葉に続いてまたも渋い施設をご紹介。ここでは初日の出鑑賞をしっかりイベントとして管理していて、元旦の午前6時~9時の間でご来光を楽しめます。ただし、入場できる人数は先着70人までに制限されています。

私の初日の出スポット探しのポイントは大きく2つ、1つは当然初日の出がちゃんと見られること、そしてもう1つが混雑を避けられることです。ならば入場制限を逆手にとってしまおうと考えたのです。

それなら他の有名スポットと変わらないと思われるかもしれませんが、有名スポットは制限がかかってもなお人数が多いことがあります。そんな本末転倒を防ぐ意味では、わずか70人という入場制限は魅力的でした。しかも抽選ではなく先着順なので、気合を入れて早く行けば可能性は高いと踏んだのです。

午前6時の開場まで、長時間待ちの苦行に耐えてなんとか整理券GET。エレベーターで上までのぼると、待っているのは360℃のパノラマが楽しめる展望室です。地上50mということで、地平線からのぼる素晴らしい初日の出を見ることができました。

アクセス

整理券入手を考えれば、古代蓮会館までは車で行くことをオススメします。
車では東北自動車道の羽生I.Cから約25分、関越自動車道からは東松山I.Cから約40分です。かなり広い無料の駐車場があります。

マップ

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
関西の初日の出2016。意外と知らない大阪・京都の穴場スポット!
初日の出の時間。東京は何時?正確な時刻&穴場スポットチェック!

さいごに

以上、私の初日の出巡りの歴史の中から、オススメ穴場スポットをご紹介してきました!

正直、初日の出を見るときは眠い・暗い・寒いの三拍子で結構つらいのですが、やはりご来光が見られると苦労が報われたようで疲れも吹き飛びます。

年に1度のことですから、これまであまり興味がなかったという人も、ご紹介した穴場を参考に是非見に行ってみてください。

SPONSORED LINK

関連記事

ふるさと宮まつり2015の日程は?歴史は?駐車場情報もあり

栃木県のお祭り、『ふるさと宮まつり』をご存知ですか? 地元の方でないと、あまり耳慣れない名前かもしれ

記事を読む

赤ちゃん

イクフェス2015とは?開催はいつ?入場方法は?動画あり。

イマドキの育児の体験が出来ると好評のイクフェスをご存じですか?育児を頑張るママ、パパ、ベビーちゃんの

記事を読む

カード

ゲームマーケット2015秋の日程や入場方法。口コミ情報や動画もあり。

ゲームというと何お思い出します? テレビゲームやゲームボーイ、RPG、パソコンなどひとまず電源を入れ

記事を読む

角館のお祭りに行きたい!2015最新情報をチェック!!

角館のお祭りは今から350年前に新明社と薬師堂の祭りが 一緒になって始まった歴史あるお祭りです。

記事を読む

神田祭り

神田祭り2016の日程や神輿のルートは?歴史やみどころを徹底紹介!

毎年神田明神で行われている神田祭り。実は私はお正月に初もうでに行きましたがそこで購入したお守りがなん

記事を読む

大船渡まつり2015へ行こう!詳細はコチラ!!

今回は大船渡夏祭りをご紹介します。 岩手県大船渡市は東日本大震災津波被災地の一つ。2014/9/3

記事を読む

堺だんじり祭り2015の日程チェック!最新情報&参考動画あり。

皆さんは「関西のだんじり祭り」といえば、どこのお祭りを 思い浮かべますか? 灘ですか? 岸和田でしょ

記事を読む

雪印の工場見学に行こう!料金は?口コミは?チェックはココ!

雪印メグミルクと言えば、昔から牛乳をはじめ、チーズやヨーグルトなどで小さいころからお世話になっている

記事を読む

千葉 ぶどう狩り

千葉のぶどう狩り。2015おすすめはココ!最新スポット紹介!!

「梨汁プッシャー!」のセリフのインパクトで世間を席巻した船橋市のキャラクター「ふなっしー」人気で、梨

記事を読む

錦川水の祭典へ行こう!2015の最新情報はココ!

この花火大会は山口県岩国市の一大イベント! 錦川水の祭典は日本名橋の一つである錦帯橋を舞台に行われる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑