*

親知らず抜歯後の腫れや痛み。ピーク期間は?痛くない方法はある?

皆さんは、親知らずって生えていますか? 私は4本とも生えていたのですが、先日、ぜんぶ抜きました! 歯医者嫌いのためかなり躊躇ったのですが「放っておくと大変なことになる」といわれて思い切りました。

私のように悩んでいる人、現在、抜歯後の痛みに耐えている方のために、実際のところ「どれくらい痛いのか」、具体的な体験談を集めてみました。

SPONSORED LINK

痛みの期間とピーク

痛みの期間とピークはどれくらいなのでしょうか?

痛くて当然と心得ましょう

当たり前ですが痛み方には個人差があります。親知らずの生え方にもよりますし、歯科医のウデにも大きく左右されます。が、「まったく痛くない」と言い切る人はほとんどいないようです。覚悟だけはしておきましょう。

痛みのピークは2~4日後

一般的に上の歯より下の歯を抜くほうが痛いといわれています。そして、ナナメに生えてきて歯茎に埋没している親知らずを抜くときが一番大変です。切開し、骨を削って取りだすという大手術になるため当然、炎症を起こし、痛みや腫れも大きくなります。

痛みのピークは「2日~4日後」にやってきます。手術中はもちろん、手術直後もまだ麻酔が効いているのであまり痛みを感じません。一晩眠った翌日か、翌々日から痛みだす、というケースが多いようです。

私の場合は、上の親知らずを抜いたときはそれほど痛みはありませんでした。薬をのまずに我慢できる程度です。しかし、下の親知らずを抜いたときは大変で、翌日の昼間から猛烈な痛みに襲われ、次の日がピークでした。痛みどめを飲んでいるのに仕事にならないくらいで、本当に痛かったです。

だいたい1週間でおさまる

痛みは1週間くらいで治まるとされています。それ以上長引くようであれば診察を受けたほうが良いかもしれません。

117833

腫れの期間

親知らずの抜歯後は頬っぺたがプクーッと腫れるため、ビジュアルがとんでもないことになる場合があります。まるでドングリを口にふくんだリスみたいです。「おたふく風邪?」と心配してもらえれば良いほうで、ギャグかと思われたり、遠慮なく大笑いされかねません。

私は接客業をしているのですが「その顔で『いらっしゃいませ』はないだろう」ということになり、腫れが引くまで事務所でデスクワークをすることになりました。

痛みと腫れは同時にやってきます。ですからこのみっともない腫れも、1週間くらいでおさまると思っておいて良いでしょう。あまりにも腫れが引かない場合は歯科医に相談しましょう。

SPONSORED LINK

抜歯前の注意点

痛みや腫れを少しでも減らすために、できるだけのことはやっておきましょう。

歯医者を選ぶ

どこの歯科医院でも抜いてくれるかもしれませんが、できるなら腕の良いところ、評判の良いところにお願いしたいもの。実際に抜歯した人の口コミを集めましょう。心当たりがなければ「口腔外科」を探すと良いようです。

抜歯はれっきとした手術です。大学病院の口腔外科には難しい患者さんが集まってきますから、医師も経験豊富、のはずです。

体調を整える

体にも大きな負担をかけるわけですから、睡眠をしっかりとって万全の体調で挑みたいものです。二日酔いなどはもってのほかです。

可能かつ必要なら休みを申請しておく

私の場合ですが、抜歯の翌日から顔の腫れあがり、職場に迷惑をかけてしまいました。最初から休みをとっておけばよかったと後悔しています。

食糧を確保しておく

抜歯後しばらくは固形物を食べるのが辛いです。私はプリンばかり食べていましたが、買い物に出るのも辛い場合もあるので、あらかじめ食べやすいものを買いだめしておくことをおすすめします

料理をされる方は、体調が悪いと料理をするのも大変なので、2,3日分ほど作り置きしておくと絶対に楽です。

075006

抜歯後の注意点

抜歯後の注意点について解説していきます。

うがいはしない

手術ですからどうしても出血しますが、ガラガラうがいは厳禁です。無理して口を動かすと傷口が開いて大変なことになります!

冷やしてはいけない

炎症で腫れたほっぺたを冷やしてしまいがちですが、冷やし過ぎると血流が悪くなるため注意してください。冷たいタオルをあてるくらいにしましょう。

安静にする

体に相当な負担がかかっていますから、痛みがあってもなくても、なるべく大人しく過ごしましょう。炎症のせいで熱が出ることも多いです

異常がみられる場合は迷わず診察を受けましょう

「抜歯後、4日間も熱が続いているけど…?」という質問への歯科医の答えです。

・動画はコチラ

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
妊娠中の親知らず。抜歯は危険?妊婦への影響や注意点の詳細。

「手術」であることを忘れずに

親知らずの抜歯は多くの人が経験するせいで「たかが親知らず」と軽視されがちですが、手術であることに違いはありません。ある程度の痛みを覚悟して臨めば、思ったより楽に済むかもしれませんよ。

また逆に、少々痛くても普通は数日で治まるものなので、頑張って乗り越えてください!

SPONSORED LINK

関連記事

20cd476983ec22c07eb186882116e31f_s

風邪で声が出ない。原因と対処法。病院は何科?仕事に影響は?

「ある日突然声が出なくなってしまった!」そんな経験された方も少なからずはいるでしょう。特にこれからの

記事を読む

手の甲

手の甲の痛みはこれで治った!!意外な原因と対策とは?!

何もしてないのに手の甲が痛い。 こんな経験はありませんか? ぶつけてもいないし、手を酷使した

記事を読む

むくみ 解消 足

足のむくみ解消マッサージはコレ!効果的な方法のみを紹介!

むくみは多くの女性にとって憂鬱な悩み。 特に身体の末端である足はむくみやすく、足首がなくなって

記事を読む

猫に蚊取り線香は大丈夫?効果や害を徹底調査!

暑い夏が来た!!ムシムシジメジメ。実家の猫も至る所で涼んでいます。ある時はフローリングの廊下。ある時

記事を読む

ステロイド 副作用

ステロイドの副作用とは?筋肉や精神に及ぼす影響をチェック!

「ステロイド」という言葉はよく耳にする言葉だと思います。 このステロイドとは一体何なのでしょうか?

記事を読む

28bfeee34ecad4ecb818607d103e5b0f_s

猫の熱中症対策!症状別の治療法はコレ!後遺症は危険?

夏の暑さに耐えられないのは人間だけはありません。 実は動物にも起きるのです。 私も幼いこ

記事を読む

ものもらいはプールでうつる?!調べてみました。

ものもらいというと、どうしても人から人へ「うつる」というイメージを 持たれている方も多くいらっしゃる

記事を読む

とびひの症状。発熱は?大人も感染する?対策や治療法。

夏と言えば、アウトドアなイベントが満載で気分も盛り上がる楽しい季節ですよね。 しかし!暑さで汗ダク

記事を読む

11e63190e766fcb15f19ba04785aa930_s

赤ちゃん(乳児)の熱中症の症状。夜の熱の対策は?母乳は危険なの?

熱中症って怖いですね。 まだまだこれくらい大丈夫と思っている初夏でもガツンとやられてしまいます

記事を読む

a0001_017114

おたふく風邪は感染する?潜伏期間は?予防と対策方法の詳細。

おたふく風邪ってご存知ですか? もちろん名前は知っているという方がほとんどだと思います。では実

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑