*

妊娠中の親知らず。抜歯は危険?妊婦への影響や注意点の詳細。

妊娠中に歯医者には行かなくて済むように、って言われているの知ってました? 私は知らなかったのですが、妊娠中に親知らずが痛み出し、抜いてもらったのですが、今考えると、危険だったかなと思います。

時期にもよりますが、かかりつけの産婦人科の先生と歯医者さんにしっかり確認しましょう。

SPONSORED LINK

妊娠中の抜歯は危険?

妊娠中は薬を飲まないように、という注意はよくいわれることですよね。抜くのに麻酔をかけるということと、抜いた後に痛み止めを飲む可能性があるため、というのが避けた方がいいと言われるようです。

抜歯の際の局所麻酔やレントゲンなどは子宮から離れているため、胎児に影響はほぼないと言われていますが、痛み止めの内服薬は、十分考えられ、影響がないように配慮はされていますが、やはり、絶対ではないのです。

プリント

妊娠中に抜歯が必要な場合

では、妊娠中どのような場合に抜歯が必要となるのでしょうか?

抜歯が必要な理由

私は親知らずでしたが、妊娠中はホルモンバランスが崩れる、つわりにより歯磨きすること自体が苦痛になり不衛生になり虫歯になる、いろいろ要因はありますが虫歯・歯周病・歯肉炎の危険性が高まる時期なので、気をつけましょう。

実際の経験

通常の状態での体調とは違うので、なかなかしんどいこともあります。

私はつわりがひどく、口を開けていること自体すでに吐きそうな状態でしたが、痛みを我慢するか、座っている間つわりを我慢するか悩みましたが、歯の痛みを我慢しきれず妊娠中に歯医者に通いました。

SPONSORED LINK

妊娠中の抜歯する場合の注意点

虫歯や口の中のトラブルに気付いた次点で、歯医者に行きましょう。母子手帳を必ず持参し、体調のいい時に行けるように、つわりなどがあれば無理することなく次回の予約をしましょう。

妊娠初期は胎児の体をつくる時期なので、歯医者さんも本格的な治療は安定期にはいるまでしないそうです。安定期にはいり、胎児の体が作られた後に本格的な治療が始まります。

疑問点など有れば、胎児にかかわることなので、遠慮せずに聞くこと、もしくは、産婦人科の先生と歯医者の先生に直接話してもらい、疑問点をなくしてから治療することが一番です。

妊婦

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
親知らず抜歯後の腫れや痛み。ピーク期間は?痛くない方法はある?

生まれる前か生まれた後か

生まれる前は胎児に影響が・・・というのは心配なのですが、問題は生まれた後です。妊娠中に治しましたが、生まれてからじゃなくて本当に良かったと思っています。(これは、私の個人的な意見なので、進めているものじゃないので、個人的意見として聞いて下さい。)

生まれてから、子どもを見ていてくれる人がいないので、とてもじゃないけど、今痛み出したら・・・と思います。それぞれのご家庭の事情があると思いますので、一般論ではないのですが、我が家では、私の実家も遠く、気軽に預けるといったところで、さすがに子どもを産んでいない友人に預けるのは、抵抗があります。というより、迷惑極まりないなと思ってお願いできませんでした。

一番いいのは妊娠する前にすべて治してしまうのが一番ですが、そこまで計画的に行くはずもないので、子どもを預けられる人がいるのかどうか、生まれる前に済ませてしまうのか、生まれた後の環境がどうなのか、余計なお世話ですが、次の子をいつ産むかなども頭の片隅に置きつつ産婦人科の先生と、歯医者さんに相談して決めましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

a0006_001426

赤ちゃんのゲップはいつまで?やめるタイミングとやめさせるコツ。

赤ちゃんのミルクの後はゲップをさせるって知ってはいるけど、これっていつまでするのが正しいのかは知らな

記事を読む

巻き爪

足の親指の巻き爪はこれで治った!対策まとめ

足の親指が巻き爪になっている方は、軽度なものを含めると全人口の約10%にも達するのだそうです。10人

記事を読む

秋の花粉症の時期。2015はいつから注意?症状は?

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ…etc. これらの症状、花粉症の人は聞いただけでもムズムズし

記事を読む

体臭 改善 食べ物

体臭改善に効果のある食べ物を徹底紹介!食事の見直しで対策しよう

自分の体臭は自分で気付きにくいものだったりします。 他人から指摘されて初めて気付く方もいらっしゃる

記事を読む

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

紫外線アレルギーの症状とは?原因や検査方法を超わかりやすく解説。

皆さんは、「紫外線アレルギー」のことをどれくらい知っていますか?春に多いので花粉症とセットになってい

記事を読む

a0006_001002

赤ちゃんの鼻づまり。グズって寝れない夜に有効な原因と対策まとめ

小さい赤ちゃんはよく風邪をひいたり、熱を出したりします。特に呼吸がしにくく苦しそうにしているのが、鼻

記事を読む

右下腹部の痛み。女性の症状と原因は?チクチクや虫垂炎は危険?

女性にとって下腹部は、生きていく上で一番重要な身体の部分といっても過言ではないほど、気にかかるところ

記事を読む

a1380_000401

へそピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ!参考動画あり

本格的な夏が近づき、薄着になるこの季節。 シャツの裾から、チラリとへそピアスが見えたりすると、 「お

記事を読む

熱中症 処置 頭痛 吐き気

熱中症の吐き気、頭痛の処置とは?知っておくべき予防と対策

突然ですが、皆さんは熱中症にかかったことはありますか? ここ数年は、夏になれば連日ニュースで取

記事を読む

イラスト1

中性脂肪が低い原因。知らぬと危険?女性が注意すべき症状と改善策。

皆さんは中性脂肪が高いと良くない、ということは何となくご存知ですよね。でも、中性脂肪が低いと言ったら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑