*

妊娠中の親知らず。抜歯は危険?妊婦への影響や注意点の詳細。

妊娠中に歯医者には行かなくて済むように、って言われているの知ってました? 私は知らなかったのですが、妊娠中に親知らずが痛み出し、抜いてもらったのですが、今考えると、危険だったかなと思います。

時期にもよりますが、かかりつけの産婦人科の先生と歯医者さんにしっかり確認しましょう。

SPONSORED LINK

妊娠中の抜歯は危険?

妊娠中は薬を飲まないように、という注意はよくいわれることですよね。抜くのに麻酔をかけるということと、抜いた後に痛み止めを飲む可能性があるため、というのが避けた方がいいと言われるようです。

抜歯の際の局所麻酔やレントゲンなどは子宮から離れているため、胎児に影響はほぼないと言われていますが、痛み止めの内服薬は、十分考えられ、影響がないように配慮はされていますが、やはり、絶対ではないのです。

プリント

妊娠中に抜歯が必要な場合

では、妊娠中どのような場合に抜歯が必要となるのでしょうか?

抜歯が必要な理由

私は親知らずでしたが、妊娠中はホルモンバランスが崩れる、つわりにより歯磨きすること自体が苦痛になり不衛生になり虫歯になる、いろいろ要因はありますが虫歯・歯周病・歯肉炎の危険性が高まる時期なので、気をつけましょう。

実際の経験

通常の状態での体調とは違うので、なかなかしんどいこともあります。

私はつわりがひどく、口を開けていること自体すでに吐きそうな状態でしたが、痛みを我慢するか、座っている間つわりを我慢するか悩みましたが、歯の痛みを我慢しきれず妊娠中に歯医者に通いました。

SPONSORED LINK

妊娠中の抜歯する場合の注意点

虫歯や口の中のトラブルに気付いた次点で、歯医者に行きましょう。母子手帳を必ず持参し、体調のいい時に行けるように、つわりなどがあれば無理することなく次回の予約をしましょう。

妊娠初期は胎児の体をつくる時期なので、歯医者さんも本格的な治療は安定期にはいるまでしないそうです。安定期にはいり、胎児の体が作られた後に本格的な治療が始まります。

疑問点など有れば、胎児にかかわることなので、遠慮せずに聞くこと、もしくは、産婦人科の先生と歯医者の先生に直接話してもらい、疑問点をなくしてから治療することが一番です。

妊婦

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
親知らず抜歯後の腫れや痛み。ピーク期間は?痛くない方法はある?

生まれる前か生まれた後か

生まれる前は胎児に影響が・・・というのは心配なのですが、問題は生まれた後です。妊娠中に治しましたが、生まれてからじゃなくて本当に良かったと思っています。(これは、私の個人的な意見なので、進めているものじゃないので、個人的意見として聞いて下さい。)

生まれてから、子どもを見ていてくれる人がいないので、とてもじゃないけど、今痛み出したら・・・と思います。それぞれのご家庭の事情があると思いますので、一般論ではないのですが、我が家では、私の実家も遠く、気軽に預けるといったところで、さすがに子どもを産んでいない友人に預けるのは、抵抗があります。というより、迷惑極まりないなと思ってお願いできませんでした。

一番いいのは妊娠する前にすべて治してしまうのが一番ですが、そこまで計画的に行くはずもないので、子どもを預けられる人がいるのかどうか、生まれる前に済ませてしまうのか、生まれた後の環境がどうなのか、余計なお世話ですが、次の子をいつ産むかなども頭の片隅に置きつつ産婦人科の先生と、歯医者さんに相談して決めましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

117833

親知らず抜歯後の腫れや痛み。ピーク期間は?痛くない方法はある?

皆さんは、親知らずって生えていますか? 私は4本とも生えていたのですが、先日、ぜんぶ抜きました! 歯

記事を読む

注射

インフルエンザの予防接種。2015年の値段は?相場はいくら?

年末年始のニュースの常連「インフルエンザ」毎年毎年その力をアップして登場しますよね。そんなインフルエ

記事を読む

ものもらいはプールでうつる?!調べてみました。

ものもらいというと、どうしても人から人へ「うつる」というイメージを 持たれている方も多くいらっしゃる

記事を読む

むくみ 足 解消 グッズ ソックス

足のむくみ解消グッズを一挙紹介!着圧ソックスの効果とは?

「夕方になるとブーツがキツイ!」というこのフレーズ。 すぐに連想されるのは「足のむくみ」ですよね。

記事を読む

右下腹部の痛み。女性の症状と原因は?チクチクや虫垂炎は危険?

女性にとって下腹部は、生きていく上で一番重要な身体の部分といっても過言ではないほど、気にかかるところ

記事を読む

69a71e56264be1cd78478cf00676f283_s

犬の熱中症対策!症状別の治療法はコレ!後遺症は危険?

いつも散歩で出会う可愛いワンちゃんがいたのですが、最近見かけなくなりました。 どうしたのかと飼

記事を読む

ノロウイルスの感染期間や感染経路。空気感染するの?詳細を調査!

さあ、冬本番です。楽しいことがたくさんありますよね。クリスマス、お正月休み、お年玉(人によりますが・

記事を読む

acb2d5d85db6614847373795597dfdbb_s

子どもの熱が下がらない!元気だけど実は病気?正しい判断と下げ方。

可愛い可愛い我が子が産まれて、一番気がかりなのは子どもの“体調”。 毎日観察しているけれど、い

記事を読む

a0001_017114

おたふく風邪は感染する?潜伏期間は?予防と対策方法の詳細。

おたふく風邪ってご存知ですか? もちろん名前は知っているという方がほとんどだと思います。では実

記事を読む

子供

子供の夏バテ対策まとめ!良くある症状と効果的な予防。

日に日に夏に近づいていく事が恐怖の今日この頃。最近は、熱中症で亡くなられたり暑さが引き起こす病気や怪

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑