*

子どもの熱が下がらない!元気だけど実は病気?正しい判断と下げ方。

可愛い可愛い我が子が産まれて、一番気がかりなのは子どもの“体調”。

毎日観察しているけれど、いざ熱が出てしまうと「どうしよう!」と焦ってしまうお母さんも多いですよね。私もその一人。月齢が低ければ、その心配の度合いも高くなる一方です。

SPONSORED LINK

子どもも1人1人身体の大きさから熱に対しての反応も違います。経験しないといくら事前に調べていても、やっぱり不安で心配でいっぱいになってしまいます(*_*)言葉が話せないから、なおさら心配になって、気が気じゃありませんよね。

病院へ行って、お医者さんに診てもらうのが一番です!どんな状況においても、それがベストなことに変わりはありません。

しかし、夜中に熱が出てしまった時、一人で病院に行く手段がなく、どうしていいかわからないとき、熱が高いのに本人は機嫌も良く、元気そうなど色んな場合がありますよね。ポイントだけ知っておくことで少しでも焦らずに子どものそばにいてあげられますよ

acb2d5d85db6614847373795597dfdbb_s

熱はさげていいの?

熱が高いと心配になるのは当然のことですが、熱は身体がウィルスと戦っている証拠。それだけ知っておくだけでも、私は少し気が楽になりました。また小児で40度の熱は普通の風邪でもよくみられることだそうです。

よく見られることと言われても、熱があれば下げてあげたいのが親の気持ちです。でも、熱を下げてはいけないと言われたことはありませんか?聞かないつもりでも、耳にしてしまうと気になってしまうのが初体験の育児です。それは半分正解で、半分間違いのようです。

熱を下げてはいけない場合というのは・・・
熱があるのに寒気がしている時です!

熱は「身体の防御反応」と言われています。熱を早く下げてあげようと、寒気がしているのに冷やしてしまっては逆効果です。身体は寒気を感じているので、温度を上げようとさらに熱が上がってしまいます。

急に夜間41度の高熱が出た場合でも、他に異常がなければ救急に連れていくのではなく、次の日の朝からかかりつけ医を受診することで大丈夫です。高熱で一番心配なのは脳への影響だと思います。でも、熱がでただけでは脳に異常が出たりすることはないそうです。

39度以上の熱があっても、水分をとれていて比較的いつもの様子に近ければ無理に熱を下げる必要はありません。

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

熱を下げた方がいい場合とは?

しかし、水分も取れずグッタリしていたり、元気がないなどの様子が見られた場合は解熱剤を使用して、熱を下げてあげましょう!寝付けずにつらそうな場合も解熱剤を使ってください。睡眠がとれないと、どんどん体力がなくなってしまいます。

元気がない、パパやママが顔を見てあやしてもボーっとしているなどの場合は、すぐに医療機関を受診してください。

SPONSORED LINK

正しい熱の下げ方

大人の場合、薬を飲んでたくさん水分をとって着込んで休む。そして汗をいっぱいかいて熱を下げるのが一般的ですが、小さい子どもは違います。体温調節機能がまだ未熟ですので、着込むと熱がこもってさらに熱を上げてしまう結果に、、。正しい方法を知って、早くお子さんを少しでも楽にしてあげましょう!!

  • 脇や首を冷やす

大きな血管が通っている部位というのは、よく知られていますよね。小さいお子さんにも有効的に熱が下げられる箇所です。おでこはひんやりして気持ちよかったり、頭痛が和らぐ部位なので解熱の効果は期待できません。

冷たい水道水を入れたビニール袋をあてたり、タオルにくるんだ保冷剤でもいいですよ!ただ、冷やし過ぎて凍傷にならないように気を付けてくださいね。

私の経験では、11ヶ月の娘に全力で拒否されました((+_+))冷やすことは嫌だったみたいで、冷えピタも保冷剤も全く使えませんでしたので、真夏のお外遊びなどで使っていた首に巻けるクールなんとかというのをスタイのように巻いていましたよ♪これは大丈夫でした!

  • 発汗を促す

熱が出たり、風邪をひいたらお風呂はダメ!と昔から言われてきましたが、あれがダメな理由は「体力が消耗」するからです。確かにグッタリしている子を無理に入れるのは、やめた方がいいですが、お風呂に入ることで古い皮脂が洗い流せて血流も良くなり、発汗作用があります。

清潔にすることも大事ですので、熱があっても元気な場合はサッと短めにお風呂に入れてあげるのも有効的です!!ぬるめのお湯にいつもよりも短く、ちゃちゃっと済ませて湯冷めしないように注意してくださいね!!

・こちらの参考動画もご覧ください!

まとめ

ウィルスと戦うための熱です。小さい身体で必死に戦っています!不安な時は受診するのが一番です。迷っているならまずはお医者さんへ行きましょう!

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
子供の熱が続く原因は?元気に見えても病気なの?対処法一覧。

言葉が話せない小さいお子さんは、パパやママだけが頼りです。いつも一緒にいてくれて、いつもの様子を知っているあなたが代弁してあげてくださいね!お子さんの体調がなかなかよくならないと、看病しているママがうつってしまったり普段の育児や家事だけでも大変なのに看病までプラスされて、てんてこまいです。

どうか自分の身体もいたわって、パートナーや周りの人と協力して早く治してあげましょうね!!一緒に頑張りましょう!!

SPONSORED LINK

関連記事

a0006_001002

赤ちゃんの鼻づまり。グズって寝れない夜に有効な原因と対策まとめ

小さい赤ちゃんはよく風邪をひいたり、熱を出したりします。特に呼吸がしにくく苦しそうにしているのが、鼻

記事を読む

1ec2302cac84c5bc02ca254fe3da3821_s

口内炎の痛みは食事で治す!はちみつが効果的な理由とは?

口内炎になっているときって、辛いものや熱いものがしみて食べられなくなりますよね。私も定期的に唇の裏を

記事を読む

はちみつ

喉が痛い時の食事。飲み物や食べ物はどうすべき?薬は何を選ぶ?

風邪を引いたときにつらい症状として発熱や頭痛、鼻水やくしゃみなどがありますが、喉の痛みは病気中の食事

記事を読む

発熱イメージ

おたふく風邪の大人の症状。腫れはひどい?初期症状と治療方法。

おたふく風邪なんて子供がかかる病気でしょ?と、侮っていた去年の私は、まんまとおたふく風邪の餌食となり

記事を読む

めまい 対処法 貧血

貧血によるめまいの対処法とは?原因を知って予防をしよう!

しゃがんだ姿勢から急に立ち上がったときに、クラクラ~っとした。 ほとんどの方が、一度はこんな「めま

記事を読む

ブタクサのアレルギー。注意すべき時期は?対策まとめ!

クシュン、ショボショボ、ズルズル・・・春が近づくと始まる花粉症の症状。 しかし、花粉症は春だけでない

記事を読む

軟骨ピアス 痛み

軟骨ピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ

ピアスといえば、一昔前では耳たぶが主流でしたが、 最近では耳の軟骨部分にピアスをしている方も多く見

記事を読む

086155

足の冷え性はこれで治った!驚くほど冷えに効く対策と解消法!

暑い暑いと言われた夏も終わり、気が付けば紅葉していた木々もすっかり裸になって季節は冬! 「まだまだ、

記事を読む

湘南ひらつか七夕まつり 日程

職場でのいじめ。困った時の相談先はどこ?

職場でいじめにあった時、一体どこに・誰に相談すればよいのでしょうか。 社会で生活するのに切っても切り

記事を読む

指 長さ 平均

夜中の腹痛で目が覚める原因。下痢に有効な対処法を詳しく紹介。

夜中に起こる腹痛や下痢はつらいですよね。 寝れないし助けてもらえないし、のたうちまわるのにわかって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑