*

子供の熱が続く原因は?元気に見えても病気なの?対処法一覧。

「子供はよく風邪をひくもの」とわかってはいても、熱が続くととっても不安になってしまいますよね。生活環境が変わったり、食べ物が変わると、しょっちゅう風邪をひいてしまう子も多いようです。初めてのお子さんならなおさら知識がない分、心配も大きいことでしょう。

SPONSORED LINK

今回は、子供の高熱が続く場合の原因や対処法についてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

熱が続いた時に考えられる原因

熱が続いて困った時、どのような原因が考えられるでしょうか?

熱が2~3日続く場合

子供は大人に比べて体温が高いものです。普通の風邪でも38度以上の熱を出すことはよくあります。高熱は体に侵入した病原菌やウイルスを倒すために出るので、それ自体はそんなに心配はいりません。

熱が3~4日続く場合

  • 突発性発疹

最初は高熱以外に症状はありません。しかし、高熱が下がった後は体中に発疹が出てくるのが特徴です。発疹はかゆみを伴うため、その不快感から不機嫌になって一日中泣いたりグズッたりしている事もあります。高熱が3日以上続いていなくても、高熱と一緒に発疹が出たときは突発性発疹を疑いましょう。

  • 水疱瘡、ヘルパンギーナ

高熱は自然と治まりますが、水ぶくれのようなプツプツしたものが体中に出るのが特徴です。着替えのときなどに全身をチェックしてあげてくださいね。

強いかゆみを伴うので水ぶくれをかきむしってしまうと、他の部位にうつったり、傷口が膿んで傷跡が残ったりする可能性もあります。子供がかきむしる前に水膨れを見つけて対処することが肝心です

a0780_000901

熱が5日以上続く場合

  • 肺炎

5日以上高熱が続くことはめったにありません。しかし、長期の熱は危険な病気が多いので気を付けてください。

風邪のウイルスが肺に入り込んでしまうと肺炎を引き起こします。痰が混じったひどい咳が出るので、咳の音や呼吸音を注意して聞きましょう。高熱とともに呼吸がしづらい状態になっているので、呼吸困難になってしまう恐れがあります。

  • インフルエンザ

インフルエンザの場合は、1週間近く高熱が続く場合があります。高熱が続くため体力の消耗も激しく、熱性痙攣も起こしやすいので、子供の様子に変化がないか注意してください。こまめな水分補給もかかせません。

この場合は早めに病院を受診して、インフルエンザの検査をしてもらいましょう。薬物療法を行うことで症状を抑えることができます。

SPONSORED LINK

元気に見えても考えられる病気

ただの風邪だろうと思わず、以下のような病気も疑ってみてくださいね。

  • 麻疹(はしか)

発熱とともに咳、鼻水、目やにが2~3日続き、ひどい風邪と見わけがつきません。なにより合併症が怖い病気です。肺炎、中耳炎は珍しくないし、まれではありますが脳炎になると致命的です。予防接種で防げますので、1歳になったらすぐに受けましょう。

  • アデノウイルス

夏に流行するプール熱(咽頭結膜熱)の原因ウイルスです。のどが真っ赤に腫れて高熱が4~5日続きます。目が赤くなり結膜炎をおこしたり、頭痛や吐き気、下痢、高熱による消耗症状もおこります。実は夏だけでなく1年中発症し、ときに重症の肺炎に繋がるケースもあります。

  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

耳の下がはれておたふく顔になってしまいます。耳下腺という唾液腺にウイルスが入っておこります。片方のこともあるし両方腫れることもあり、腫れているときは痛いし、熱が出ることもあります。ときに髄膜炎を合併しますので、頭痛や嘔吐があれば要注意です。予防接種をすることである程度防げると言われています。

a0001_016388

熱が続いた場合の対処法

  • 水分補給

熱を逃がして水分補給することが大切です。ウイルスや細菌が体に侵入すると、それを退治するために体は熱を出します。発熱時は安静にして、熱を逃がし、水分を補給することが大切です。熱の出始めには、寒気がしてガタガタふるえることもありますが、その段階では、手足やからだを温かくしてあげてください。

そして、熱が高くなったら、熱を発散しやすいように、手足をふとんから出して涼しくしてあげます。本来、頭だけ冷やすことは、体温を下げる効果はあまりありませんが、本人が気持ち良いようなら、氷枕、水枕などを使って冷やしてあげてください。

  • 解熱剤

解熱剤は、病気そのものを治すことはできませんが、高熱で辛そうな場合は使用してかまいません。ただし、一回飲んだら、次は必ず4時間以上間隔をあけてください。解熱剤を飲めば、たいてい熱は下がりますが、下がらない場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

また、診察時には、朝、昼、晩の体温の変化や、解熱剤を飲んだあとの体温の変化を伝えましょう。体温とともに、測った時間もメモするようにしてくださいね。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
子どもの熱が下がらない!元気だけど実は病気?正しい判断と下げ方。

さいごに

子供が熱を出すと心配でたまらなくなってしまいますが、小さい頃はよく熱を出して当然です。あせらず、冷静に対処するように心掛けてくださいね。

また中には、まれに合併症や重い病気に繋がる可能性もあります。熱が続くようなら、必ず早めに病院で診てもらうようにしましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

蜂 刺された 腫れ

蜂にさされた時の対処法。腫れやかゆみはどうする?

皆さんは蜂に刺された事がありますか? 私はとある観光名所に行った時、写真を撮ろうとしてしゃがむ

記事を読む

イラスト2

妊婦の陰部のかゆみの原因とは?薬の効果は?超効果的な予防と対策。

女性は妊娠すると様々な身体の変化があります。今まで大丈夫だったものが、急にダメになったり、すぐに体調

記事を読む

c406109b82932d1027bd62a3d844a2b8_s

冷え性が妊娠確率に影響する?子宮を冷やすと危険?原因と改善策。

女性で冷え性の人、多いです。私もそのうちの一人です。冬が始まると手足が冷え切って、どうにも辛いですよ

記事を読む

ブタクサのアレルギー。注意すべき時期は?対策まとめ!

クシュン、ショボショボ、ズルズル・・・春が近づくと始まる花粉症の症状。 しかし、花粉症は春だけでない

記事を読む

水虫

足の水虫の痛みはこれで治った!一番の原因と効果的な治療方法。

長時間革靴を履いていたりすると足の指がかゆくなる水虫。 でも「水虫になった」なんて恥ずかしくて

記事を読む

蚊取り線香は犬に危険?効果や害を徹底調査!

暑い日が続く今日この頃。日が出ていなくてもムシムシしますよね。そんな時にやってくるのが蚊!! 外にい

記事を読む

(はじめに)鼻毛

鼻毛に白髪は病気の危険あり?!真相を調べてみました。

若い頃には絶対になかった鼻毛の白髪。いつの頃から鼻毛に白髪が混じっているのに気が付きましたか。 『

記事を読む

花粉症の薬。妊娠中の妊婦は危険?鉄板で効く対処法とは?

日本人は花粉症の人が多いです。特に妊婦さんは、妊娠前よりも花粉症の症状が悪化する事が多いようです。

記事を読む

e1b37a7168011854dc28d224533890a4_s

背中のほくろが痛い。痛みの原因は?腫れは危険?何科で治す?

皆さんは、背中にあるほくろ(黒子)が気になったことってありますか? ある時、突然、背中にチクチクズキ

記事を読む

むくみ 足 解消 グッズ ソックス

足のむくみ解消グッズを一挙紹介!着圧ソックスの効果とは?

「夕方になるとブーツがキツイ!」というこのフレーズ。 すぐに連想されるのは「足のむくみ」ですよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑