*

赤ちゃんのゲップはいつまで?やめるタイミングとやめさせるコツ。

赤ちゃんのミルクの後はゲップをさせるって知ってはいるけど、これっていつまでするのが正しいのかは知らないって方も多いのではないでしょうか。

何ヶ月までとか決まりはあるの?離乳食始まったら止めていいの?など、いつまでゲップさせるか、その正しい判断方法などを調べてみましたので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

SPONSORED LINK

赤ちゃんを上手にゲップさせる方法

その前に、上手にゲップできていますか?まずは簡単にゲップをさせるコツをお教えしますね!

  • その1
    ママはソファなどに少し浅めに座ります。背もたれとの隙間で、体の角度を調整し、赤ちゃんのゲップの出やすい角度を探しましょう!
  • その2
    赤ちゃんを肩にもたれ掛らせるようにし、縦抱きにします。ゲップと一緒にミルクがこぼれる事もあるので、肩にタオルを乗せておきましょう。
  • その3
    赤ちゃんの胸がママの肩に乗るまで、グッと押し上げます。この時、赤ちゃんを横向きにして口や鼻がふさがらないようにします。背中がちょっと丸くなるくらいが調度いいですよ。
  • その4
    背中を胃の辺りから首の後ろまでをさすります。必ず下から上へ、下から上へ。溜まった空気を押し上げていくイメージでさすりましょう。軽く叩いても大丈夫ですが、叩いても早くゲップが出るというわけではありません。

時間は5分くらいを目安にしましょう。必ず出なくても問題ありませんよ。ママも赤ちゃんも疲れてしまうので、やり過ぎなくても大丈夫です。

a0006_001426

赤ちゃんがゲップをする理由

次に、赤ちゃんがゲップをする理由って、いったん何でしょうか?

「ミルクをしっかり胃の中に入れて消化吸収させるため」「飲んだミルクを吐き戻さないようにするため」「気管が詰まり、息苦しくならないようにするため」「空気がお腹を圧迫しないようにするため」、一般的にはこれらの理由でゲップは必要と言われています。

ミルクを飲んでから、ずっとゲップをしないでいると、胃は飲み込んだものをためきれず逆流し、口から吐き戻してしまいます。正常にミルクを消化させてあげるにはゲップが大切だということですね!

SPONSORED LINK

いつまでゲップさせるべき?

新生児期は、おっぱいやミルクを飲むときに空気を一緒に飲みこんでしまいやすいのですが、3~4カ月ごろになると飲み方が上手になり、5~6カ月ごろには、おすわりができるようになって体を動かすうちに自分でゲップを出せるようになります。この時期まではパパやママの補助が必要という事なんですね。

a0006_000918

ゲップのヤメドキ 判断方法

赤ちゃんにゲップが必要な時期は、生後5~6ヶ月間です。止めるタイミングとしては、ゲップをさせなくても吐かなくなっている事が判断のポイントとなります。

ゲップが溜まると吐いてしまったり、お腹が圧迫されたりと、赤ちゃんにはとても不快なことなので、これがなくなれば、ゲップをさせなくても苦しくなくなるという事なんですね。

しかし、中には8カ月まで、1歳まで、ゲップをさせるケースもあるようなので、必ずいつまでという決まりはありませんが、一般的にはこのくらいの時期には大人の補助は要らなくなるようです。

さいごに

赤ちゃんのゲップ、他の家ではいつまでやっているんだろう。そんな疑問を持っていた方は、5~6ヶ月が一般的だと覚えておきましょうね。ただし、必ずこの時期というわけではありません。あなたや赤ちゃんのペースで少しずつ止めていっても大丈夫ですよ。

SPONSORED LINK

関連記事

指 長さ 平均

夜中の腹痛で目が覚める原因。下痢に有効な対処法を詳しく紹介。

夜中に起こる腹痛や下痢はつらいですよね。 寝れないし助けてもらえないし、のたうちまわるのにわかって

記事を読む

写真1

ファスティング(断食)のダイエット。効果はあるの?正しい方法は?

最近よく耳にするファスティング。実際に、皆さんの周りで実践している人っていますか?実は、私の周りには

記事を読む

体臭 改善 食べ物

体臭改善に効果のある食べ物を徹底紹介!食事の見直しで対策しよう

自分の体臭は自分で気付きにくいものだったりします。 他人から指摘されて初めて気付く方もいらっしゃる

記事を読む

ホテルからの夜景

花粉症やアレルギー性鼻炎の症状と対策。薬は有効?病院は必要?

もうすぐ花粉症やアレルギー鼻炎に悩まされる方が多くなってくる時期ですね。 花粉症は毎年ニュースで取り

記事を読む

生姜紅茶

食べると身体がポカポカ!冷え性改善に効果抜群な食べ物&飲み物。

私は冬でもお洒落をしたいな~、と思ってはいるのです。短いスカートにショートブーツを合わせる。ガウチョ

記事を読む

イラスト1

中性脂肪が低い原因。知らぬと危険?女性が注意すべき症状と改善策。

皆さんは中性脂肪が高いと良くない、ということは何となくご存知ですよね。でも、中性脂肪が低いと言ったら

記事を読む

蜂 刺された 腫れ

蜂にさされた時の対処法。腫れやかゆみはどうする?

皆さんは蜂に刺された事がありますか? 私はとある観光名所に行った時、写真を撮ろうとしてしゃがむ

記事を読む

花粉症の薬。強さランキング2016!市販のおすすめは?最新チェック!

花粉症は本当につらいですよね。患者が多い分、ドラッグストアにはたくさんの種類の花粉症の薬が並んでいま

記事を読む

c406109b82932d1027bd62a3d844a2b8_s

冷え性が妊娠確率に影響する?子宮を冷やすと危険?原因と改善策。

女性で冷え性の人、多いです。私もそのうちの一人です。冬が始まると手足が冷え切って、どうにも辛いですよ

記事を読む

2f0788246396c229c3a5fd74dc0844ca_s

喉の痛み。はちみつ(ハチミツ)が超効果的な本当の理由とは?

季節の変わり目やインフルエンザなどの季節、これから風邪が流行りだす時期。熱はなくてもなんだか喉が痛い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑