*

赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気でも病院は必要?症状と対処法。

赤ちゃんはよく下痢をしたり、風邪をひいたりしますよね。下痢をしていても、体は元気でよく動いたりすることもあります。パパやママはその都度、心配になってしまうものですが、病院にいくまでもないかな、と思っている方も多いのではないでしょうか。

SPONSORED LINK

今回は赤ちゃんの下痢が続くとき、どのように対処すれば良いかをご紹介しますので、気になる方はご覧くださいね!

考えられる原因と病気と対処法

赤ちゃんの腸は未発達なので、消化不良で柔らかいうんちなのが普通です。特に新生児期から生後1~2ヶ月頃までは、1日5回以上柔らかいうんちをします。また、母乳育児のほうがうんちが柔らかくなりやすく、慢性的な柔らかさであっても問題はありません。

赤ちゃんが下痢になる原因は大きく「食べ物」「感染性のウイルスや細菌」「食アレルギー」に原因があると言われています。

a0006_001870

食べ物の場合

さつまいもやさといも、かぼちゃなど、食物繊維の多い食べ物、糖分を多く含んだ食べ物、乳製品のとりすぎが原因で下痢になることがあります。また、冷たいものを食べ過ぎ、飲み過ぎた場合も下痢を引き起こすことがあります。

  •  対処法

離乳食を始めたばかりの頃は、赤ちゃんの胃腸機能が未発達のため下痢をしやすいものです。食材を変えたり、離乳食の段階を進めたりして下痢をした場合は、下痢が改善するまではその食材を避け、一段階戻しましょう。

離乳食を始めたばかりであれば、一度、離乳食自体を中断して、母乳やミルクに戻してもけっこうです。また、糖分を含んだ食べ物を食べ過ぎると、消化不良を起こしてしまうので、乳製品も下痢の間は避けましょう。

おかゆ、うどん、バナナ、りんごをすりおろした消化の良いものを、数時間おきに少しずつ食べさせてあげましょう。

感染性のウイルスや細菌の場合

風邪、インフルエンザ、ロタウイルス性下痢症、ウイルス性急性胃腸炎などが原因で下痢になります。

  •  対処法

風邪の場合は数日で治ることも多いですが、インフルエンザや腸炎の場合は、そのままでは治りにくくなることも多いので、病院に行き診てもらうようにしましょう。

通常お腹を温めて冷やさないことが大切ですが、このウイルスや細菌が原因の場合はお腹を温めることによる効果はあまりないと言われています。

アレルギーの場合

生後6ヶ月頃を過ぎると赤ちゃんの離乳食が始まりますが、卵、大豆、牛乳などの食べ物アレルギーがある場合も下痢になります。

  • 対処法

アレルギーによる下痢はその食材を避けたり、特別な治療が必要となるので、特定の食材を食べた時に下痢になるようであれば、一度アレルギーの検査をしてもらったほうが良いでしょう。

水分補給も忘れずに!

まず、下痢の症状が続くとき、共通して言えるのが、脱水症状を起こす可能性があるということです。麦茶やほうじ茶、湯ざましなどでこまめに水分補給をさせてあげましょう。60度程度の白湯を少しずつ飲ませてあげると体も温まるのでおすすめです。

1口ずつ、スプーンで飲ませてあげてくださいね。一度にたくさん飲ませると胃腸が驚いて下痢が悪化してしまいます。

SPONSORED LINK

元気な時はどうすれば良い?

子供が元気な場合はどのように対応すれば良いでしょうか?

医者にいくべき?

下痢以外は機嫌もよく食欲もある、その場合は心配のない生理的な現象です。下痢をしていても元気があるなら治療は必要ありません。一方、おしっこの量が減る(半日くらい出ない)、水分を受け付けない、などの症状があったり、ひきつけを起こしたり、意識がはっきりしない場合には病院での受診が必要です。

a0001_013545

食事はどうする?

いつも通りに食べさせてみたら食べるようであれば、食べれる分は食べさせて大丈夫です。消化の良いものをあげるようにしましょう。症状が重くて食べれない場合は無理にあげなくても大丈夫ですよ。少し回復してくると、いつもよりもたくさん食べたがるかもしれません。

その時は、栄養を補完する意味で、少し多めにあげても大丈夫です。赤ちゃんのペースに合わせて、離乳食をあげてくださいね。

※赤ちゃんの下痢について(参考)

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
赤ちゃんの下痢!離乳食はやめるべき?おすすめレシピとNGな食事
子供に多い夏バテの下痢!有効な対策をココでチェック!!

さいごに

赤ちゃんは下痢になりやすいものなので、もし下痢の症状があっても焦らずに対処してくださいね。そして、どんな原因であれ、あまり長く続く場合は必ず病院へ行き診察してもらいようにしましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

左下腹部の痛み。女性の症状と原因は?便秘やチクチクの放置は危険?

下腹部の痛みなど、男性にはわからない痛みが女性にはありますよね。 (個人的には月経で痛い時くらい、手

記事を読む

きのこ鍋

痛風に効く食事。良いものダメなものは?オススメランキング紹介!

痛風は、かつて贅沢病と思われていた時代がありました。というのも、尿酸値を上げ痛風を起こしやすいプリン

記事を読む

eac9d26a4e7beb439e239aaf306da890_s

RSウイルスの子供や赤ちゃんの症状は?高熱や咳は危険?予防は?

「RSウイルス」という名前を聞いたことはありますか?私もあまり勉強するまでは耳にしたことがなかったの

記事を読む

イラスト1

膝の痛み。ランニングは危険?故障前の注意点まとめ!

手軽な運動として、ランニングはとても人気なスポーツです。 運動不足を感じたときに、「とりあえず

記事を読む

お風呂

ノロウイルスは消毒で防げる?消毒方法の詳細と消毒薬の作り方。

猛烈な下痢と嘔吐を引き起こすノロウイルス。怖いですよね。特効薬がないので体力のない小さな子供や高齢者

記事を読む

2f0788246396c229c3a5fd74dc0844ca_s

喉の痛み。はちみつ(ハチミツ)が超効果的な本当の理由とは?

季節の変わり目やインフルエンザなどの季節、これから風邪が流行りだす時期。熱はなくてもなんだか喉が痛い

記事を読む

ハッカ油虫除けスプレーの超簡単な作り方。効果が強いので要注意!

入浴剤やマウスウォッシュなど、さまざまな場面で使えると話題の「ハッカ油」。虫よけとしても効果的だって

記事を読む

f47e260b5651d86f6116e42fed2502be_s

左のみぞおちの痛み。一番の原因と効果的な治療方法。何科に行く?

なんだか左にある心臓付近が痛む…、左側のみぞおちがズキズキする…。そんな症状ありませんか?心臓に近い

記事を読む

鼻かみ

インフルエンザ検査キット。費用はいくら?陰性、陽性の見分け方。

寒くなって空気が乾燥してくると流行ってくるのがインフルエンザ。かかりはじめは風邪の症状とほぼ変わらな

記事を読む

虫垂炎の初期症状とは?下腹部の痛みは危険?盲腸との見分け方。

「お腹が痛い!!」と腹部に激痛を感じて、想像するのは“盲腸”か“虫垂炎”ですよね。盲腸の方がメジャー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑