*

赤ちゃんの鼻づまり。グズって寝れない夜に有効な原因と対策まとめ

小さい赤ちゃんはよく風邪をひいたり、熱を出したりします。特に呼吸がしにくく苦しそうにしているのが、鼻づまりですね。鼻づまりが原因で、中にはミルクが飲みにくくなったり、夜に寝れなくなったりする事もあります。

SPONSORED LINK

夜に赤ちゃんが寝てくれないとママも寝れなくて大変ですよね。今回は赤ちゃんの鼻づまりについて調べてみましたので、夜に寝れなくて困っている、そんな方はチェックしてくださいね。

赤ちゃん鼻づまりの原因

では赤ちゃんの鼻づまりはどういった原因があるのでしょうか?

風邪じゃないのに鼻水・鼻づまりがある

赤ちゃんと大人の体では、基本的に作りが違います。赤ちゃんの鼻周りには、鼻が低い、鼻の穴が小さい、鼻腔が狭いという特徴があります。一方で、赤ちゃんの鼻水の分泌量は大人並みと言われています。つまり、鼻水が溜まりやすいのに排出しにくいという特徴があるんですね。

また、赤ちゃんの場合、少しの気温の変化や乾燥で、鼻水は増えたり、固まりやすくなってしまいます。特に赤ちゃんは仰向けに寝ていることが多いので、鼻の奥の鼻水は排出されずに余計に鼻づまりを悪化させているんですね。

首が座っているのであれば、少しの間横向きにさせてあげると鼻が楽になるかもしれません

a0006_001002

黄色っぽい鼻水は風邪の可能性が高い

大人と同じように、体と風邪の菌が戦うことで、黄色っぽく、ネバっとした鼻水が出てきます。ただし、赤ちゃんの場合は、鼻水が溜まった場合、耳へと流れやすく、鼻水に菌が混じっている場合は中耳炎の発症に繋がりやすくなります。

色の付いた鼻水が出た場合は、早めに小児科に連れて行きましょう。

花粉症の可能性もあります

最近では、1歳にもなると花粉症を発症すると言われています。花粉症の場合は、季節性ですので、アレルギーをもった花粉が舞う時期だけ、鼻水が大量に出ることになります。

特に春や秋は注意して見てあげましょう。ちなみに、アレルギー性の鼻炎の場合、鼻水は無色・透明・さらさらです。

SPONSORED LINK

対処法

鼻づまりの対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。

綿棒・鼻水吸引器で鼻水を取る

赤ちゃん用綿棒で鼻の入り口まで鼻水が出てきたら後は、ティッシュで取ってあげた方が早いと思います。赤ちゃん用綿棒は、くれぐれも入りすぎないように気を付けてくださいね。また、鼻水吸引器を使ってパパかママが吸ってあげる方法もあります。

嫌がって泣くこともあるので、ダダをこねた時のために、赤ちゃんの好きなものを準備してあげましょう。おもちゃで機嫌を取ったり、ミルクが好きならミルクの前に鼻水を取ってあげると、そのあとのミルクで機嫌を戻してくれますよ。

お風呂に入れてあげる

鼻づまりでも、お風呂に入れてあげると、体温が上がり鼻の通りが良くなります。(熱がある場合は、お風呂に入れると体力を消耗してしまうので注意が必要です)。しかし、お風呂は基本的に1日に1回なので、あまりひどい時は他の方法も考えておかなければなりません。

蒸しタオルで鼻の上部を温めてあげる

ハンドタオルかガーゼを蒸しタオルにし、赤ちゃんの鼻の上部(付け根)を温めてあげてください。この方法でも、鼻水の通りが良くなりますよ。

a0006_001869

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
赤ちゃんの鼻づまり解消法!超簡単に出来る5つのワザとは?
赤ちゃんの下痢!離乳食はやめるべき?おすすめレシピとNGな食事
赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気でも病院は必要?症状と対処法。
赤ちゃんのゲップはいつまで?やめるタイミングとやめさせるコツ。

鼻づまりには色んな原因があることがわかりましたが、あまり長引く場合は、合併症の恐れもあります。

ただの鼻づまりと思わず、小児科や耳鼻科に連れていって専門医に診てもらいましょうね。

SPONSORED LINK

関連記事

ハッカ油虫除けスプレーの超簡単な作り方。効果が強いので要注意!

入浴剤やマウスウォッシュなど、さまざまな場面で使えると話題の「ハッカ油」。虫よけとしても効果的だって

記事を読む

7428a85ea12e821d031c72034c7bb0fd_s

ロタウイルスの予防接種はなぜ必要?費用や副作用を超詳しく解説!

ウィルス性の下痢といえばノロウィルスが有名ですが、近頃よく耳にするのが「ロタウィルス」。乳幼児に罹り

記事を読む

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_s

巻き爪は病院で治すべき!?何科を選ぶ?オススメの専門外来は?

足の親指の爪が内側に入り込み、孤を描いたような状態になってしまう巻き爪。巻き爪になったばかりのころは

記事を読む

(はじめに)鼻毛

鼻毛に白髪は病気の危険あり?!真相を調べてみました。

若い頃には絶対になかった鼻毛の白髪。いつの頃から鼻毛に白髪が混じっているのに気が付きましたか。 『

記事を読む

bsPAK75_tekubiwoitametakabedon20140322

切り傷を圧倒的に早く治す処置方法とは?動画で解説!

紙や包丁で指を切ってしまったり、また、ガラスの破片を片付けているときに切り傷を作ってしまったことはあ

記事を読む

むくみ 足 解消 グッズ ソックス

足のむくみ解消グッズを一挙紹介!着圧ソックスの効果とは?

「夕方になるとブーツがキツイ!」というこのフレーズ。 すぐに連想されるのは「足のむくみ」ですよね。

記事を読む

ブラシ

高校生の抜け毛はどれくらい?平均は?原因と対策まとめ

抜け毛薄毛・・・それは大人の男性について回る髪の毛のアクシデント。男性ほどではありませんが、最近では

記事を読む

虫垂炎の初期症状とは?下腹部の痛みは危険?盲腸との見分け方。

「お腹が痛い!!」と腹部に激痛を感じて、想像するのは“盲腸”か“虫垂炎”ですよね。盲腸の方がメジャー

記事を読む

発熱イメージ

おたふく風邪の大人の症状。腫れはひどい?初期症状と治療方法。

おたふく風邪なんて子供がかかる病気でしょ?と、侮っていた去年の私は、まんまとおたふく風邪の餌食となり

記事を読む

ホテルからの夜景

花粉症やアレルギー性鼻炎の症状と対策。薬は有効?病院は必要?

もうすぐ花粉症やアレルギー鼻炎に悩まされる方が多くなってくる時期ですね。 花粉症は毎年ニュースで取り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑