*

赤ちゃんの鼻づまり。グズって寝れない夜に有効な原因と対策まとめ

小さい赤ちゃんはよく風邪をひいたり、熱を出したりします。特に呼吸がしにくく苦しそうにしているのが、鼻づまりですね。鼻づまりが原因で、中にはミルクが飲みにくくなったり、夜に寝れなくなったりする事もあります。

SPONSORED LINK

夜に赤ちゃんが寝てくれないとママも寝れなくて大変ですよね。今回は赤ちゃんの鼻づまりについて調べてみましたので、夜に寝れなくて困っている、そんな方はチェックしてくださいね。

赤ちゃん鼻づまりの原因

では赤ちゃんの鼻づまりはどういった原因があるのでしょうか?

風邪じゃないのに鼻水・鼻づまりがある

赤ちゃんと大人の体では、基本的に作りが違います。赤ちゃんの鼻周りには、鼻が低い、鼻の穴が小さい、鼻腔が狭いという特徴があります。一方で、赤ちゃんの鼻水の分泌量は大人並みと言われています。つまり、鼻水が溜まりやすいのに排出しにくいという特徴があるんですね。

また、赤ちゃんの場合、少しの気温の変化や乾燥で、鼻水は増えたり、固まりやすくなってしまいます。特に赤ちゃんは仰向けに寝ていることが多いので、鼻の奥の鼻水は排出されずに余計に鼻づまりを悪化させているんですね。

首が座っているのであれば、少しの間横向きにさせてあげると鼻が楽になるかもしれません

a0006_001002

黄色っぽい鼻水は風邪の可能性が高い

大人と同じように、体と風邪の菌が戦うことで、黄色っぽく、ネバっとした鼻水が出てきます。ただし、赤ちゃんの場合は、鼻水が溜まった場合、耳へと流れやすく、鼻水に菌が混じっている場合は中耳炎の発症に繋がりやすくなります。

色の付いた鼻水が出た場合は、早めに小児科に連れて行きましょう。

花粉症の可能性もあります

最近では、1歳にもなると花粉症を発症すると言われています。花粉症の場合は、季節性ですので、アレルギーをもった花粉が舞う時期だけ、鼻水が大量に出ることになります。

特に春や秋は注意して見てあげましょう。ちなみに、アレルギー性の鼻炎の場合、鼻水は無色・透明・さらさらです。

SPONSORED LINK

対処法

鼻づまりの対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。

綿棒・鼻水吸引器で鼻水を取る

赤ちゃん用綿棒で鼻の入り口まで鼻水が出てきたら後は、ティッシュで取ってあげた方が早いと思います。赤ちゃん用綿棒は、くれぐれも入りすぎないように気を付けてくださいね。また、鼻水吸引器を使ってパパかママが吸ってあげる方法もあります。

嫌がって泣くこともあるので、ダダをこねた時のために、赤ちゃんの好きなものを準備してあげましょう。おもちゃで機嫌を取ったり、ミルクが好きならミルクの前に鼻水を取ってあげると、そのあとのミルクで機嫌を戻してくれますよ。

お風呂に入れてあげる

鼻づまりでも、お風呂に入れてあげると、体温が上がり鼻の通りが良くなります。(熱がある場合は、お風呂に入れると体力を消耗してしまうので注意が必要です)。しかし、お風呂は基本的に1日に1回なので、あまりひどい時は他の方法も考えておかなければなりません。

蒸しタオルで鼻の上部を温めてあげる

ハンドタオルかガーゼを蒸しタオルにし、赤ちゃんの鼻の上部(付け根)を温めてあげてください。この方法でも、鼻水の通りが良くなりますよ。

a0006_001869

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
赤ちゃんの鼻づまり解消法!超簡単に出来る5つのワザとは?
赤ちゃんの下痢!離乳食はやめるべき?おすすめレシピとNGな食事
赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気でも病院は必要?症状と対処法。
赤ちゃんのゲップはいつまで?やめるタイミングとやめさせるコツ。

鼻づまりには色んな原因があることがわかりましたが、あまり長引く場合は、合併症の恐れもあります。

ただの鼻づまりと思わず、小児科や耳鼻科に連れていって専門医に診てもらいましょうね。

SPONSORED LINK

関連記事

魚の目

足の裏の魚の目が痛い!一番の原因は?治療方法や対策を簡単チェック

私はなったことはないんですが、皆さん口を揃えて「痛い!」と言う魚の目。足の裏に出来ることが多いようで

記事を読む

猫 脱水 ポカリ

猫の脱水症状にはポカリが有効?知っておきたい原因と対策

近日、寒い日が続きますが季節は春ど真ん中。 いつの間にか夏がやってきます。 例年続く暑過ぎる

記事を読む

虫垂炎の初期症状とは?下腹部の痛みは危険?盲腸との見分け方。

「お腹が痛い!!」と腹部に激痛を感じて、想像するのは“盲腸”か“虫垂炎”ですよね。盲腸の方がメジャー

記事を読む

イラスト2

妊婦の陰部のかゆみの原因とは?薬の効果は?超効果的な予防と対策。

女性は妊娠すると様々な身体の変化があります。今まで大丈夫だったものが、急にダメになったり、すぐに体調

記事を読む

喉痛い

夏風邪による咳や痰の原因と対策まとめ!!

  冬のインフルエンザを越え、春の花粉症を超え、やっと落ち着いた!と思った頃

記事を読む

発熱イメージ

おたふく風邪の大人の症状。腫れはひどい?初期症状と治療方法。

おたふく風邪なんて子供がかかる病気でしょ?と、侮っていた去年の私は、まんまとおたふく風邪の餌食となり

記事を読む

2f0788246396c229c3a5fd74dc0844ca_s

喉の痛み。はちみつ(ハチミツ)が超効果的な本当の理由とは?

季節の変わり目やインフルエンザなどの季節、これから風邪が流行りだす時期。熱はなくてもなんだか喉が痛い

記事を読む

bbabfb954962537388b480b91df3740a_s

赤ちゃんの鼻づまり解消法!超簡単に出来る5つのワザとは?

「ゴーゴー」「ズーズー」「プシュー」「スピー」 赤ちゃんの鼻づまりの音がして、ママも気になっち

記事を読む

ホテルからの夜景

花粉症やアレルギー性鼻炎の症状と対策。薬は有効?病院は必要?

もうすぐ花粉症やアレルギー鼻炎に悩まされる方が多くなってくる時期ですね。 花粉症は毎年ニュースで取り

記事を読む

注射子供

インフルエンザの予防接種。子供はいつから必要?回数は1回?

そろそろ梅雨が終わり夏が来て気になり始めるのがインフルエンザの予防接種じゃないでしょうか?◯◯県◯◯

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑