*

お守りの処分は神社で?燃えるゴミ?正しい返却方法とタイミング。

受験や出産など、人生の大事な場面では多くの人が手にする「お守り」。現代ではどこの神社やお寺でも「旅行守り」や「ケータイ守り」などさまざまな種類のお守りが売られています。

SPONSORED LINK

ではこのお守り、いったいいつまで持っておくべきなのでしょうか。そしてどうやって処分すれば良いのでしょうか?

お守りを処分するタイミングは?

お守りを処分するタイミングについて調べてみました!

基本は一年ごとに買い換えるもの

日本人の古くからの考え方に「常若」があります。新しいものこそ清浄である、という考え方です。お守りも古くなれば汚れて効力を失いますので、一年ごとに新しく買いかえ、古いものは処分するようにしましょう。

ちなみに常若の考え方は、伊勢神宮が定期的に遷宮する理由の一つでもあります。

成就されてもしばらくは持っておく?

安産祈願や合格祈願、縁結びなどのお守りは、目的が達成されれば必要ないようにも思えます。でも、成就の後も神様が見守っていてくださるという説もあります。念のため、しばらくは持っていても大丈夫でしょう。

神社お守り処分 (1)

お守りの正しい処分方法

本当は「処分」という言い方は間違っているのかもしれません。お守りはゴミではないのですから…。

神社やお寺に返納する

お守りは「神社やお寺にお返しする」のが大原則です。「古神札納め所や」「納札」「返納箱」などと書かれた専用の箱に入れるか、お焚き上げを申し込みます。専用箱が見当たらない場合は社務所などで訊けば預かって下さることが多いようです。

もちろん、そのお守りを購入した神社やお寺が一番いいのですが、遠方だと難しいので家の近所の神社やお寺でも大丈夫です。ただその場合、神社のお守りは神社に、寺のお守りは寺に返さなければなりませんので、間違えないように気をつけましょう。

また、お守りを頂いたところと同系統(同じ神様を祀っている)の神社や、同じ宗派の寺のほうがより好ましいとされています。返納するときお賽銭箱があれば、お守りと同じくらいのお賽銭を入れておきましょう。

神社お守り処分 (2)

郵送も可

神社やお寺に行くことがどうしても無理な場合は郵送でも受け付けてくれます。小包でも大丈夫です。「お焚き上げ希望」と書いて送りましょう。

どんと焼き

お正月に買ったお守りが一年で有効期限を迎えた場合、ちょうど良いのがどんど焼き(とんど・左義長などいろいろ呼び方があります)です。

1月15日にお正月の松飾やしめ縄などを燃やすものですが、前年のお札やお守りを燃やすこともできるようです。これは地域によって違いますので、確認してからにしましょう。

家で処分する

あまりおすすめはしませんが…どうしても今すぐ処分したい! という場合は、最終手段として家でお焚き上げをする、という方法も紹介されています。お守りを白い半紙で包み、粗塩をかけて燃やします。灰は水に流すか土に埋めます。

塩にはお浄めの効果があるとされています。家で火が使えない場合は半紙で包んで粗塩をかけてゴミに出します。しかしこれはあくまで最終手段。神社の方からは「やめてください」ということです…。

SPONSORED LINK

処分の際の注意点

すべての方法において大切なのは「お礼の気持ち」をもつことです。一年間守って頂いてありがとうございましたと心の中でお礼をいいながら箱に入れたり封をしたり燃やしたりしましょう。お守りとは、小さいながらも神様なのですから。

お守りの疑問に答える動画

NGな処分方法

半紙も塩もかけずにそのまま燃えるゴミに出す! というのだけは、さすがにやめておきましょう。
バチが当たるかも?

まとめ

お守りって自分で買い求める場合もありますが、家族や恋人や友人から手渡しされることも多いですよね。そういったお守りはあなたへの想いがこもっているはずです。

そしてその想いこそが神様に伝わったり、言霊として実現されたりするのだと思います。頂いた想いは最後まで大切にしたいものですね。

SPONSORED LINK

関連記事

8f919a5e331351291479194f336f5fe8_s

洗剤と柔軟剤の組み合わせ。相性が良いのは?洗濯後の違いは?

晴れた日のお洗濯って、気持ちがいいですよね。真っ白になったTシャツやタオルやシーツなんかを青空に向か

記事を読む

a1380_000401

へそピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ!参考動画あり

本格的な夏が近づき、薄着になるこの季節。 シャツの裾から、チラリとへそピアスが見えたりすると、 「お

記事を読む

加湿器 カビ

加湿器のカビ対策。正しい掃除方法は?簡単便利な動画あり!

空気が乾燥する季節になると、肌がガサガサ、のどがチクチク…嫌なものです。 とくに朝起きたときは

記事を読む

鏡餅 飾り方

鏡餅の正しい飾り方を簡単チェック!昆布やゆずり葉は?

師走になると、大掃除を終えた後にしめ縄飾りや門松、おせち・・・と正月準備に忙しくなりますね。 そん

記事を読む

fab663268f789181f888ac385ccfebee_s

梅の育て方まとめ。剪定、肥料はどうする?初心者必見の動画つき解説

桜と並び古くから日本人に親しまれてきた花、『梅』。春先には素朴な花の見た目だけでなく芳しい香りでも私

記事を読む

水瓜女

スイカの切り方!~サイコロ編~

最近レストランやスーパーなどでよく目に付くようになったTHEサマーフルーツスイカ!!(本当は野菜だと

記事を読む

冬の星座。オリオン座の探し方から神話まで。動画付きで解説。

オリオン座は誰もが一度は聞いたことのある星座の名前。 星ってどこか神秘的で嫌いな人はいないはず。 そ

記事を読む

お歳暮・お中元の時期はいつからいつまで?地域別に簡単チェック!

お中元って、地域によって送る時期が違うってご存知でしたか? 私は昔、東京の知人から7月の頭にお中元を

記事を読む

誕生日の色紙。鉄板で喜ぶデザイン紹介!かわいい系、おもしろ系など

年に一回の誕生日。友達や彼氏、彼女。そして妻から夫へ、夫から妻へ。親から子へ、子から親へといろいろな

記事を読む

痩せる歩き方

引越し祝いの金額。いくらがマナー?相場と渡し方を超詳しく説明!

引っ越し祝いって難しいですよね。 そうそうあることでもないし、他の人がいくら包んでいるのかも分からな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑