*

喉の痛み。はちみつ(ハチミツ)が超効果的な本当の理由とは?

季節の変わり目やインフルエンザなどの季節、これから風邪が流行りだす時期。熱はなくてもなんだか喉が痛い、咳が止まらない、そんな症状でお悩みの方いますよね?なんとなく皆さんの中でも「風邪に蜂蜜は良い」「喉に蜂蜜は良い」という印象があります。

SPONSORED LINK

私も幼いころ咳をしていた時は両親が“蜂蜜のお湯割り”を作ってくれて飲んでいたのを覚えています。それがまたおいしくて風邪ではないときでも「作ってー!」と、せがんでいました(笑)。

今回はそんな喉の痛みを緩和してくれる「はちみつ」や身近なスーパーでも買える喉の痛みに効く食材をご紹介します。

2f0788246396c229c3a5fd74dc0844ca_s

はちみつは本当に効果的なの?

結論から述べると蜂蜜は効果的です。はちみつには他の甘味料に比べてダントツに、疲労回復効果があると言われているビタミンCが豊富に含まれています。

またビタミンCだけではなく、糖質の代謝を助けるビタミンB群も含んでおり、蜂蜜にはビタミンだけでは約6種類あると言われています。そして、体の中では合成されないミネラルを多く含んでいます。

さらにすごいのがすぐに吸収されること!どういうことかというと「ブドウ糖」という言葉を耳にしたことありませんか?ブドウ糖はよく運動の直前に取り入れると良いと私も部活動を行っていた当時から言われていたので、試合の直前には摂取をしていました。

蜂蜜の糖質の種類はブドウ糖という種類です。このブドウ糖のおかげで先ほどのビタミンや、ミネラルの吸収も一緒に早くしてくれるのです。

01ed8f2b9bd22f25f9b4ea14adcf3568_s

はちみつ摂取のメリット・デメリット

蜂蜜を摂取することによってもちろんデメリットもあります。それは「過剰摂取」をしてしまうことです。

「蜂蜜って体にいいんでしょー」「はちみつダイエットって聞いたことある!」「栄養価高いなら何が問題なの?」先ほどの蜂蜜の効果を読むとそう思う方は勿論多いと思います。

ですが、蜂蜜の過剰摂取は体脂肪として蓄えられていきます。特に運動する機会がない方やお仕事がない時には吸収されますがエネルギーとしてちゃんと使ってあげる場合がないと脂肪になります。蜂蜜が体に良い!と言ってもやっぱり糖質ですから。摂取する量には気を付けなければなりません。

もちろんデメリットだけではなくメリットもあります。

はちみつのように“糖質”というのは脳の唯一のエネルギー源になるんです!だから「お仕事で疲れたらチョコレートを食べよう」というのは間違いではないですよ。

さらに先程ビタミンCが豊富とお話しましたよね。ビタミンCには美肌効果だけではなく疲労回復効果があります。肌荒れの時やお仕事や日常生活で疲れを感じている時、ビタミンCと蜂蜜の糖質の効果で元の自分へ!

SPONSORED LINK

はちみつ以外の効果的な食べ物や飲み物

咳やのどの痛みを抑えるのは蜂蜜だけではありません。

  • 食材で私がおすすめするのが「生姜」。

生姜の独特の辛み成分に殺菌作用があります。よく、お寿司やお刺身など、生ものに使われているのはその理由です。私たちが咳をする場合って可能性としては風邪などのウィルス感染…。ですので、そのウィルスを撃退する意味も込めて殺菌作用として役割を果たしてくれます。

0a8e9f57c92b72fd7c93895c5cc0d2bb_s

  • 飲み物は緑茶紅茶を。

緑茶と紅茶には生姜と同じように“カテキン”という成分が含まれており殺菌作用があると言われています。冷たいものよりも暖かいもので喉を癒しましょう。さらに紅茶でしたら、蜂蜜と生姜を加えることによってさらに効果がアップ

cb7cf2d771e585ecf4a4c71760a51d17_s

今回紹介した「はちみつ」「生姜」「緑茶」「紅茶」あなたのお家のスーパーでも簡単に手に入るものです。さらに、「はちみつ」「生姜」「紅茶」のこの3つで簡単に効果がアップするホットドリンクが完成します!

作り方は下記の動画をご覧ください。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
喉の痛みや違和感の原因は?可能性のある恐ろしい病気と対策。
喉が痛い時の食事。飲み物や食べ物はどうすべき?薬は何を選ぶ?

ぜひ、これからの季節、風邪予防にも実践して風邪などに負けない素敵な日々を過ごしていただければと思います!

SPONSORED LINK

関連記事

イラスト1

中性脂肪が低い原因。知らぬと危険?女性が注意すべき症状と改善策。

皆さんは中性脂肪が高いと良くない、ということは何となくご存知ですよね。でも、中性脂肪が低いと言ったら

記事を読む

写真1

ファスティング(断食)のダイエット。効果はあるの?正しい方法は?

最近よく耳にするファスティング。実際に、皆さんの周りで実践している人っていますか?実は、私の周りには

記事を読む

RS繧ヲ繧、繝ォ繧ケ縺ョ讀懈渊雋サ逕ィ繝サ菫晞匱蟇セ蠢彌36e12542a419c73881c08fe17da23f20_s

RSウイルスの検査。費用は?保険適応の条件は?超わかりやすく解説

もうすぐ色々なウイルスの動きが活発になる時期がやってきますね。子供を病気に感染させたくないですよね。

記事を読む

指 長さ 平均

夜中の腹痛で目が覚める原因。下痢に有効な対処法を詳しく紹介。

夜中に起こる腹痛や下痢はつらいですよね。 寝れないし助けてもらえないし、のたうちまわるのにわかって

記事を読む

イラスト1

中性脂肪が高い原因。知らぬと危険!女性が注意すべき症状と改善策。

ちょっと太ってしまった!ダイエットしなくては!という女性の方は多くいらっしゃいますよね。最近、皮下脂

記事を読む

とびひの症状。発熱は?大人も感染する?対策や治療法。

夏と言えば、アウトドアなイベントが満載で気分も盛り上がる楽しい季節ですよね。 しかし!暑さで汗ダク

記事を読む

お風呂

ノロウイルスは消毒で防げる?消毒方法の詳細と消毒薬の作り方。

猛烈な下痢と嘔吐を引き起こすノロウイルス。怖いですよね。特効薬がないので体力のない小さな子供や高齢者

記事を読む

a0780_000010

しもやけの治し方はこれでOK!手、足、耳の部位別に徹底解説。

以前、高齢の母が「足が痛い」といいだしました。病院へいくとまさかの「しもやけ崩れ」という診断。重症化

記事を読む

花粉症の薬。妊娠中の妊婦は危険?鉄板で効く対処法とは?

日本人は花粉症の人が多いです。特に妊婦さんは、妊娠前よりも花粉症の症状が悪化する事が多いようです。

記事を読む

11e63190e766fcb15f19ba04785aa930_s

赤ちゃん(乳児)の熱中症の症状。夜の熱の対策は?母乳は危険なの?

熱中症って怖いですね。 まだまだこれくらい大丈夫と思っている初夏でもガツンとやられてしまいます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑