*

RSウイルスの子供や赤ちゃんの症状は?高熱や咳は危険?予防は?

RSウイルス」という名前を聞いたことはありますか?私もあまり勉強するまでは耳にしたことがなかったのですがとても危険な病気なんです。
主に乳幼児の呼吸器に感染する病気として有名です。

自分の力で呼吸する力が乏しい乳幼児にとってはこれが大変危険な病気になるとは、もうみなさんお分かりかと思います。今回はぜひ小さなお子さんをお持ちの方に知ってほしい「RSウイルス」についてご説明しますので頭の中にいれていきましょう。

SPONSORED LINK

RSウイルスの原因とは?

感染する原因としては小さなお子さんがよく使う”おしゃぶり”や”おもちゃ”からの感染だったり、主に集団感染がメインとなります。RSウイルスは感染力も増殖力も非常に強いウイルスです。ヒトの体内には眼や鼻の粘膜から感染する経路もみられます。

1歳までに乳幼児の半数以上が100%感染するといわれていますがすぐに抗体はできません。何度も何度も感染をして免疫がついていく手ごわいウイルスなのです。

eac9d26a4e7beb439e239aaf306da890_s

RSウイルス 子供の症状の特徴

主な症状というのは「呼吸器」に感染をするので鼻水や咳がでたりします。また熱がでることもあるようです。さらに咳が増えるとどんどん呼吸数が増え苦しくなり「ぜいぜい」といった呼吸状態に陥ります。それによって肺炎や気管支炎を引き起こす可能性もあります。

さらに合併症として一歳以下の子供は中耳炎を伴うこともあるそうです。また、生後間もない4週間ほどのお子さんが感染すると無呼吸状態になり突然死してしまう非常に危険度の高いウイルスだそうで侮れません。

さらに気を付けていただきたいのが症状が治まってからでも1~3週間は感染力を持つそうなので症状が治まっても必ず医師に相談したり様子を見て保育園などに連れて行ってあげてください。でないとウイルス感染がどんどん広がり集団感染のもとになってしまうからです。

SPONSORED LINK

予防と対策

残念ながら現在では治療法はありません。抗体ができるのを待つのが今後の人生では唯一のワクチンになりますが診察を受けた時には栄養剤や症状を抑える薬しかないのが現状です。

ですから、予防としては常に手洗い・うがいをするように注意を促しましょう。RSウイルスは消毒用のアルコールや、うがいに使う「イソジン」には弱いので予防には効果的です。

また、子供はなにかと「物に触りたがる」ことが多いです。そして「口に入れる」という行動もとります。私も幼いころおままごとのゆで卵を口へ入れ病院に連れてかれた記憶があります。

昔は「のどの詰まりをとるため」としか考えていませんでしたが、いまこうやって思うとRSウイルスなどの感染症の検査も含まれていたのだと思います。ですから、必要のないものはお子さんの手の届かないところへ、子供が触ってしまうものは常にアルコールなどで除菌をしておくといいでしょう。

2cbf12a2399b58f4afda2285c8ac8470_s

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
RSウイルスの検査。費用は?保険適応の条件は?超わかりやすく解説

さいごに

意外と知らない人が多い「RSウイルス」。

死に至ることもある危険な病気ということもわかりましたね。実は2011年までは入院患者しか保険が適用されなかったそうですが、それ以降は外来の受診でも保険の適用がきくそうです。

特に小さなお子さんは免疫力も低く病気にかかりやすいので、もし異変を感じたらすぐに病院に連れて行ってください。

SPONSORED LINK

関連記事

090972

痛風の症状。足のしびれに注意?原因と効果的な対策をチェック!

どんな病気でもつらいものですが、中でも「風が吹いても痛い」というくらい、激しい痛みをともなう「痛風」

記事を読む

7c9e8ce886317709bfd83374375e0695_s

溶連菌の大人の症状。仕事は休むべき?日数は?薬は効くの?徹底調査

皆さん、溶連菌というのはご存知ですか?溶連菌とは、溶血性連鎖球菌と呼ばれるばい菌のことです。 この

記事を読む

11e63190e766fcb15f19ba04785aa930_s

赤ちゃん(乳児)の熱中症の症状。夜の熱の対策は?母乳は危険なの?

熱中症って怖いですね。 まだまだこれくらい大丈夫と思っている初夏でもガツンとやられてしまいます

記事を読む

しもやけの症状。指や顔、手足はどうなる?原因と具体的な治療法。

もうすぐ寒〜い季節がやってきますね!この時期の辛い現象のひとつが「しもやけ」です。皆さんも小学校の夏

記事を読む

蚊取り線香は犬に危険?効果や害を徹底調査!

暑い日が続く今日この頃。日が出ていなくてもムシムシしますよね。そんな時にやってくるのが蚊!! 外にい

記事を読む

f47e260b5651d86f6116e42fed2502be_s

左のみぞおちの痛み。一番の原因と効果的な治療方法。何科に行く?

なんだか左にある心臓付近が痛む…、左側のみぞおちがズキズキする…。そんな症状ありませんか?心臓に近い

記事を読む

生姜紅茶

食べると身体がポカポカ!冷え性改善に効果抜群な食べ物&飲み物。

私は冬でもお洒落をしたいな~、と思ってはいるのです。短いスカートにショートブーツを合わせる。ガウチョ

記事を読む

むくみ 足 解消 グッズ ソックス

足のむくみ解消グッズを一挙紹介!着圧ソックスの効果とは?

「夕方になるとブーツがキツイ!」というこのフレーズ。 すぐに連想されるのは「足のむくみ」ですよね。

記事を読む

秋の花粉症対策。原因はブタクサ?薬やグッズは有効?

春を耐え、夏が過ぎたと思ったらまたやってくる。 そう、あいつです。秋の花粉症。 鼻水や目のかゆみ、

記事を読む

アーモンドの効能と効果。ダイエットに有効?食べ過ぎは悪影響?

ダイエット中なのについつい口寂しくて菓子を食べてしまう、とこぼすと「どうせ食べるんだったらアーモンド

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑