*

寒中見舞いの時期は?喪中に出しても良い?書き方のポイント解説。

寒中見舞いって出したことありますか? 恥ずかしながら、最近まで出したことがありませんでした。いつ出すのか、誰に出すのか、いつまで出していいのか、なかなか知らないことばかりで、手紙の奥深さを知りました。

いつもは、メールで済ませてしまうようなことでも、手書きでこそ伝えられることもあり、日本人の奥深さも伝えられるものなのかと思いました。

SPONSORED LINK

寒中見舞いの時期

寒い時期はやはり風邪などひいて体調を崩しやすいこともあり、出す相手の健康を気遣って、一番寒い時期に出す手紙の事を寒中見舞いと言います

松の内(1月1日から1月7日)があけてから出します。寒中見舞いとして送るのは、立春までで、立春を過ぎてから相手に届ける手紙は余寒見舞いといいます。

日の出

寒中見舞いの正しい用途

寒さの中で相手の健康を気遣うというものが最初に思い浮かぶと思いますが、それ以外にも寒中見舞いの使用用途はあります。まず最初は、オーソドックスに喪中の方への年賀状の代わりに出すあいさつ状としての役割です。

次に、喪中である事を知らないで出してしまった年賀状を取り戻すことはできないので、寒中見舞いを出しお詫びする使用方法です。そして、その反対もあります。喪中である事を知らないで送ってもらった年賀状に対しての返事として使うというものです。

年末年始も忙しい方がいると思います。そんな方の為に、寒中見舞いがあります。年賀状を用意できず、松の内を過ぎてしまった時に、年賀状の代わりとして送ります。また、年賀状の返信が遅れてしまい松の内に返せなかったときの予防措置としても寒中見舞いが活躍してくれます。

また、用意をしっかりして年賀状を早めに投函してしまった後にお歳暮をもらった場合のお礼状として寒中見舞いを使うこともあります。

SPONSORED LINK

書き方解説

内容の要点としては、寒中見舞いの挨拶、時候の挨拶(省略もあります)、年賀状のお礼として送る場合はお礼の言葉、こちら側の近況報告、挨拶として出す場合は今後のお付き合いへの言葉、そして一番重要な送る相手の健康を気遣う一言を順に書き、最後に日付をしるします。

注意点

気をつけることとしては、1月7日以降に相手方につくことを考えて、こちら側から出す日付は1月5日6日を目安に出します。届ける地域など距離によってどれくらいかかるのか分かりませんので、確認してください。あまり早く着いてしまうのなら、年賀状を出した方がより丁寧ですよね。

お正月

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
年賀状で引越しの挨拶はOK?喪中の場合は?マナーや文例。

さいごに

喪中用のはがきは落ち着いたデザインのはがきが多いですが、年賀状の代わりやあいさつ状として出す場合のはがきのデザインはかわいいものやあたたかいものを連想させるものなど、多種多様なものが用意されています。

手書きで書くのであれば、メインのイラストは見えるように、イラストを避けて文字を書き込みましょう。印刷してもらう場合であれば、ひな型がすでにおあると思いますので、ひな型がそのままイラストの上に印字されます。

いろいろなデザインがあるので、少数の方に出すのであれば相手の好みを考えてみたり、伝えたいメッセージが込められたデザインを選ぶのも、はがきを選ぶ楽しみですよね。

SPONSORED LINK

関連記事

9aa7289a0d12556d29ce1d87547af0e9_s

潮干狩りのコツを紹介!服装や準備はどうする?動画あり。

せっかく潮干狩りに行くならたくさんとりたいですよね。特にお子さんがいる方は子供にたくさんとらせてあげ

記事を読む

餅つきの由来。子ども向けに超わかりやすく説明!保育園用の簡単例文

年末年始には、あちこちで「餅つき」行事が行われます。 うちの子の保育園でも餅つきをやりましたが、その

記事を読む

ディズニーランドの結婚式。費用は?予約方法や口コミの詳細について。

ディズニーフェアリーテイルウエディングってご存知ですか?そう!ディズニーランドでの結婚式のことなので

記事を読む

a1180_006926

子供向けクリスマスプレゼント。小学生の男の子が絶対喜ぶベスト3!

毎年のクリスマスプレゼント、子供の欲しいものをあげたいけれども予算も気になる。今年はどんなものが人気

記事を読む

夏休み 自由工作 中学生

夏休みの自由工作。中学生にオススメはコレ!動画も満載!

現在中学生の方や、中学生のお子さんをお持ちの方の悩みの一つとしてあげられるのが「夏休みの自由工作」で

記事を読む

節分 お面

節分の鬼のお面。超簡単な作り方。子供との手作り工作に便利な方法。

2月といえば、節分ですよね。 でも、毎年ただ豆を年の数だけ食べたりして終わってはいませんか?

記事を読む

鏡餅 飾り方

鏡餅の正しい飾り方を簡単チェック!昆布やゆずり葉は?

師走になると、大掃除を終えた後にしめ縄飾りや門松、おせち・・・と正月準備に忙しくなりますね。 そん

記事を読む

写真1

鍋の具材ランキング2015。今年流行の人気、定番、変わり種はコレ!

寒くなるとグッと食卓に登場する回数が多くなる鍋。鍋料理のいいところは、普段はなかなか取りづらい野菜も

記事を読む

かぶとむし

カブトムシは交尾後いつ産卵するの?わかりやすく解説。

昆虫の王様『カブトムシ』夏になると子供達がこぞって虫取りで狙い始めますよね。ペットショップなどで高値

記事を読む

麦わら帽子の洗濯方法は?詳細を調べてみました。

夏!!夏と言えば暑さ対策ですね。 暑さ対策で有効なもののひとつに「帽子をかぶる」というのがありますね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑