*

切り傷を圧倒的に早く治す処置方法とは?動画で解説!

紙や包丁で指を切ってしまったり、また、ガラスの破片を片付けているときに切り傷を作ってしまったことはありませんか?特に指先などは神経が集まっていて敏感なため、痛みをとても感じやすい部分なので、少しの切り傷でもジンジンとした痛みが長続きします。

また、深い切り傷の場合は、跡が残ってしまうこともありますよね。そこで今回は、切り傷を早く治す方法について調べてみました。

  • 一般的な処置方法
  • 圧倒的に早く治す処置方法
  • 解説動画
  • 病院は何科を選ぶ?

上記の順に解説していきますので、宜しくお願いします!

SPONSORED LINK

一般的な処置方法

まずは、切り傷ができてしまったときの一般的な処置方法を紹介します。

  1. 切った部分を心臓より高く上げて止血する。
  2. 消毒をし、清潔なガーゼなどを傷口に当てて水分を拭き取
  3. 絆創膏などで傷口を覆う

また、傷口が気になって触ってしまう人も多いと思います。私も不意に傷口に手を持っていって、せっかく治りかけていたかさぶたを剥がしてしまったことが何度かありました…。

しかし、傷口を触ると治りも遅くなってしまいますので、触らないようにしましょう。

bsPAK75_tekubiwoitametakabedon20140322

圧倒的に早く治す処置方法

先ほどご紹介したのは、切り傷の一般的な処置方法でした。しかし、見た目も痛々しく、日常生活をする上でもズキズキ痛む切り傷は、できれば早く治したいですよね。

そこで、次は切り傷を早く治す「湿潤療法」という処置方法を紹介したいと思います。

  1. 傷口を洗い流して綺麗な状態にし、水分を拭き取る ※この時、消毒は行いません
  2. 傷口より少し大きめのラップを用意し、傷口に当てて縁をテープで留めるか、包帯を巻く
  3. 1日に2、3回、傷口を水洗いし、ラップを交換する ※夏場は蒸れないように回数を増やしましょう

解説動画

この「湿潤療法」は、人間が本来持っている自然治癒能力を最大限に生かす処置方法です。今までの常識を覆すような方法ですよね!今までは傷を治すために、よく傷口を乾燥させていましたが、それは逆効果。傷を治すためには、傷を乾かさないことが重要だそうです。

しかも、この「湿潤療法」は、従来の処置方法よりも治りが早く、しかも傷跡が残らないと言われています。また、傷口を乾燥させないため、かさぶたができません。ぜひ試してみてください。

SPONSORED LINK

病院は何科を選ぶ?

血がなかなか止まらない、ナイフで深く切ってしまった、などという場合には、病院に行かなくてはいけません。では、切り傷の場合は何科にかかるのが一番良いのでしょうか?

調べてみたところ、皮膚の表面の傷の場合、形成外科や皮膚科、整形外科に行くのが良いそうです。特に形成外科は、体の異常を治すところであるため、傷口を綺麗に治すことができるのだそうです。

私の友人も、先日、包丁を研いでいるときに手を滑らせて、縫合するくらいの切り傷を作ってしまったそうで、形成外科に行ったと言っていました。

また、近くにどの病院もない場合、「外科」の名前がつく病院であれば、縫合などの処置をしてもらうことができます。しかし、小さい診療所だと傷口を縫うことができないこともあるので、電話で確認するのが良いでしょう。

a1180_012676

おわりに

今回は、切り傷の治し方と病院について調べてみました。

傷口を乾かさないようにする「湿潤療法」という処置の方法があることを知り、とてもびっくりしました。小さい頃から消毒をして乾かす、という方法を取ってきたのですが、ここにきてその常識が覆されました。

切り傷は、しっかりとした処置を行わないと、治りが遅く、傷跡が残ってしまうこともあります。もし怪我をしてしまった場合は、今回紹介した方法でしっかり傷口を治しましょう!

SPONSORED LINK

関連記事

タトゥーと刺青の違い。超簡単な見分け方。消し方や金額について。

最近、おしゃれでタトゥーを入れている若い人も多いかと思います。昔は、任侠の世界の方やちょっと強面の方

記事を読む

eac9d26a4e7beb439e239aaf306da890_s

RSウイルスの子供や赤ちゃんの症状は?高熱や咳は危険?予防は?

「RSウイルス」という名前を聞いたことはありますか?私もあまり勉強するまでは耳にしたことがなかったの

記事を読む

秋の花粉症対策。原因はブタクサ?薬やグッズは有効?

春を耐え、夏が過ぎたと思ったらまたやってくる。 そう、あいつです。秋の花粉症。 鼻水や目のかゆみ、

記事を読む

高温期 いつから 妊娠

高温期っていつから?妊娠を期待する前に知っておこう!

16日以上高温期が続いているなら妊娠しているかもしれない。 なんて話を聞いたことはありませんか?

記事を読む

7428a85ea12e821d031c72034c7bb0fd_s

ロタウイルスの予防接種はなぜ必要?費用や副作用を超詳しく解説!

ウィルス性の下痢といえばノロウィルスが有名ですが、近頃よく耳にするのが「ロタウィルス」。乳幼児に罹り

記事を読む

太陽

子供に多い夏バテの下痢!有効な対策をココでチェック!!

桜が綺麗に舞っていた春も過ぎて行き、もうすぐ青い海が広がる夏ですね! 夏はお祭りや、花火、プールな

記事を読む

めまい 対処法 貧血

貧血によるめまいの対処法とは?原因を知って予防をしよう!

しゃがんだ姿勢から急に立ち上がったときに、クラクラ~っとした。 ほとんどの方が、一度はこんな「めま

記事を読む

acb2d5d85db6614847373795597dfdbb_s

子どもの熱が下がらない!元気だけど実は病気?正しい判断と下げ方。

可愛い可愛い我が子が産まれて、一番気がかりなのは子どもの“体調”。 毎日観察しているけれど、い

記事を読む

2f0788246396c229c3a5fd74dc0844ca_s

喉の痛み。はちみつ(ハチミツ)が超効果的な本当の理由とは?

季節の変わり目やインフルエンザなどの季節、これから風邪が流行りだす時期。熱はなくてもなんだか喉が痛い

記事を読む

a0780_000010

しもやけの治し方はこれでOK!手、足、耳の部位別に徹底解説。

以前、高齢の母が「足が痛い」といいだしました。病院へいくとまさかの「しもやけ崩れ」という診断。重症化

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑