*

切り傷を圧倒的に早く治す処置方法とは?動画で解説!

紙や包丁で指を切ってしまったり、また、ガラスの破片を片付けているときに切り傷を作ってしまったことはありませんか?特に指先などは神経が集まっていて敏感なため、痛みをとても感じやすい部分なので、少しの切り傷でもジンジンとした痛みが長続きします。

また、深い切り傷の場合は、跡が残ってしまうこともありますよね。そこで今回は、切り傷を早く治す方法について調べてみました。

  • 一般的な処置方法
  • 圧倒的に早く治す処置方法
  • 解説動画
  • 病院は何科を選ぶ?

上記の順に解説していきますので、宜しくお願いします!

SPONSORED LINK

一般的な処置方法

まずは、切り傷ができてしまったときの一般的な処置方法を紹介します。

  1. 切った部分を心臓より高く上げて止血する。
  2. 消毒をし、清潔なガーゼなどを傷口に当てて水分を拭き取
  3. 絆創膏などで傷口を覆う

また、傷口が気になって触ってしまう人も多いと思います。私も不意に傷口に手を持っていって、せっかく治りかけていたかさぶたを剥がしてしまったことが何度かありました…。

しかし、傷口を触ると治りも遅くなってしまいますので、触らないようにしましょう。

bsPAK75_tekubiwoitametakabedon20140322

圧倒的に早く治す処置方法

先ほどご紹介したのは、切り傷の一般的な処置方法でした。しかし、見た目も痛々しく、日常生活をする上でもズキズキ痛む切り傷は、できれば早く治したいですよね。

そこで、次は切り傷を早く治す「湿潤療法」という処置方法を紹介したいと思います。

  1. 傷口を洗い流して綺麗な状態にし、水分を拭き取る ※この時、消毒は行いません
  2. 傷口より少し大きめのラップを用意し、傷口に当てて縁をテープで留めるか、包帯を巻く
  3. 1日に2、3回、傷口を水洗いし、ラップを交換する ※夏場は蒸れないように回数を増やしましょう

解説動画

この「湿潤療法」は、人間が本来持っている自然治癒能力を最大限に生かす処置方法です。今までの常識を覆すような方法ですよね!今までは傷を治すために、よく傷口を乾燥させていましたが、それは逆効果。傷を治すためには、傷を乾かさないことが重要だそうです。

しかも、この「湿潤療法」は、従来の処置方法よりも治りが早く、しかも傷跡が残らないと言われています。また、傷口を乾燥させないため、かさぶたができません。ぜひ試してみてください。

SPONSORED LINK

病院は何科を選ぶ?

血がなかなか止まらない、ナイフで深く切ってしまった、などという場合には、病院に行かなくてはいけません。では、切り傷の場合は何科にかかるのが一番良いのでしょうか?

調べてみたところ、皮膚の表面の傷の場合、形成外科や皮膚科、整形外科に行くのが良いそうです。特に形成外科は、体の異常を治すところであるため、傷口を綺麗に治すことができるのだそうです。

私の友人も、先日、包丁を研いでいるときに手を滑らせて、縫合するくらいの切り傷を作ってしまったそうで、形成外科に行ったと言っていました。

また、近くにどの病院もない場合、「外科」の名前がつく病院であれば、縫合などの処置をしてもらうことができます。しかし、小さい診療所だと傷口を縫うことができないこともあるので、電話で確認するのが良いでしょう。

a1180_012676

おわりに

今回は、切り傷の治し方と病院について調べてみました。

傷口を乾かさないようにする「湿潤療法」という処置の方法があることを知り、とてもびっくりしました。小さい頃から消毒をして乾かす、という方法を取ってきたのですが、ここにきてその常識が覆されました。

切り傷は、しっかりとした処置を行わないと、治りが遅く、傷跡が残ってしまうこともあります。もし怪我をしてしまった場合は、今回紹介した方法でしっかり傷口を治しましょう!

SPONSORED LINK

関連記事

090972

痛風の症状。足のしびれに注意?原因と効果的な対策をチェック!

どんな病気でもつらいものですが、中でも「風が吹いても痛い」というくらい、激しい痛みをともなう「痛風」

記事を読む

犬 夏バテ 対策 食事

犬の夏バテ対策はココ!!知っておくべき食事とは?

ここ最近の日本の夏はとにかく暑い! 夏バテや熱中症にかかってしまう人も年々増加しており、しっか

記事を読む

発熱イメージ

おたふく風邪の大人の症状。腫れはひどい?初期症状と治療方法。

おたふく風邪なんて子供がかかる病気でしょ?と、侮っていた去年の私は、まんまとおたふく風邪の餌食となり

記事を読む

お風呂

ノロウイルスは消毒で防げる?消毒方法の詳細と消毒薬の作り方。

猛烈な下痢と嘔吐を引き起こすノロウイルス。怖いですよね。特効薬がないので体力のない小さな子供や高齢者

記事を読む

注射子供

インフルエンザの予防接種。子供はいつから必要?回数は1回?

そろそろ梅雨が終わり夏が来て気になり始めるのがインフルエンザの予防接種じゃないでしょうか?◯◯県◯◯

記事を読む

花粉症の薬。妊娠中の妊婦は危険?鉄板で効く対処法とは?

日本人は花粉症の人が多いです。特に妊婦さんは、妊娠前よりも花粉症の症状が悪化する事が多いようです。

記事を読む

巻き爪

足の親指の巻き爪はこれで治った!対策まとめ

足の親指が巻き爪になっている方は、軽度なものを含めると全人口の約10%にも達するのだそうです。10人

記事を読む

ものもらいはプールでうつる?!調べてみました。

ものもらいというと、どうしても人から人へ「うつる」というイメージを 持たれている方も多くいらっしゃる

記事を読む

イラスト1

中性脂肪が高い原因。知らぬと危険!女性が注意すべき症状と改善策。

ちょっと太ってしまった!ダイエットしなくては!という女性の方は多くいらっしゃいますよね。最近、皮下脂

記事を読む

24285123-白い背景の上の彼女の肘の痛みを持つ若い女

肘の痛み。内側が痛い原因!しびれの治療や失敗しない病院の選び方

最近、母が「特に何もしていないのに、手や手首を動かすと肘の内側が痛くなるのよ~。」とぼやくようになり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑