*

痛風の症状。足のしびれに注意?原因と効果的な対策をチェック!

どんな病気でもつらいものですが、中でも「風が吹いても痛い」というくらい、激しい痛みをともなう「痛風」。怖いですね。現在、痛風の患者数は急増していて、20年前から比べると患者数は3~4倍にもなっているそうでうす。

体質に拠るところもありますが、生活習慣で予防できる面もあります。足など関節の痛みで知られていますが、本当の痛風とはどんな病気なのでしょうか?

  • 痛風の原因
  • 痛風の症状
  • 効果的な対策について
  • 痛風の予防

今回は上記の流れで書いていきますので、宜しくお願いします!

SPONSORED LINK

痛風の原因は?

痛風とは血液中の「尿酸」が増えすぎて体の中にたまり、関節などで固まって痛みを引き起こす病気です。尿酸そのものは体にとって必要な要素で、普段は血液の中に溶けています。

しかし尿酸の量が増えすぎると溶けきれなくなった尿酸が固まって、トゲトゲした結晶になります。その結晶が骨と骨とのすきまに入り込むと白血球が「異物がきた!」と攻撃し、ものすごく痛むのです。

ではなぜ、尿酸が増えすぎてしまうのでしょうか。それにはいろいろな理由があります。体質的に増えやすいという人もいます。一般的に女性より男性のほうが尿酸の濃度が高く、女性は閉経後に高くなりがちです。

また、食生活が欧米化し、肉をたくさん食べることによっても引き起こされているといわれています。

痛風について医師が語る動画

痛風の症状は?

痛風の症状はとにかく痛いこと。ですがずっと痛いわけではありません。順を追ってみていきましょう。

高尿酸血症:血液中の尿酸値が高くなります。

痛風発作の前触れ足の親指、足首、膝などがムズムズするような違和感におそわれます。しもやけのように感じる人もいるようです。

痛風発作:足の親指の付け根が赤く腫れあがり、猛烈に痛み始めます。しめつけられるような痛みで、足を動かすこともできず、何かが少し触れただけでも激痛が走り、歩くこともままなりません。恐ろしい…。

発作が治まる:痛風発作には炎症をおさえる薬がきくため、1週間~10日で治まることが多いです。

再発:まるで治ったかのようにみえますが、1年以内に再発し、同じ発作に襲われます。

何度も発作が起こり、その間隔はだんだんと短くなっていきます。足首、膝、手首など、関節が腫れます。

慢性痛風になり、動脈硬化などさまざまな合併症も起こします。

3fb0edee08f8f0d3af8509de9aafd47f_s

対策は?

発作が起こってしまったり、痛風かもしれないと疑いをもったら、まずは内科を受診しましょう。

病院では主に2種類の検査をします。

  • 血液検査 血液中の尿酸値を測ります。7.0mg/dL以上だと痛風の診断が下ります。
  • 尿検査 痛風になりやすい体質かどうかを知ることができます。

痛風発作を起こしているあいだは、ナイキサンやロキソニン、ボルタレンなど、炎症と痛みを鎮める薬が処方されます。これらの薬が効かない場合はステロイドによる治療が有効とされています。

尿酸値を下げる薬をつかえば早いように思われますが、発作中に急激に下げてしまうとかえって逆効果になり慢性化の恐れがあるため、尿酸降下薬は発作が治まってから使います。発作の初期段階ではコルヒチンが有効です。

SPONSORED LINK

予防方法

・水分補給

痛風の予防で大切なのは、生活習慣です。中でも最も大きなポイントは「水分補給」とされています。通常であれば、尿酸は尿とともに対外に排出されるものなのですが、それがうまくいかないことによっても尿酸値は上がってしまいます。こまめに水分をとるようにしましょう

・遺伝と体質を知る

尿酸値が上がりやすいのは体質も大きな一因だといわれています。体質は遺伝しますので、家族に痛風患者がいる場合、なりやすい可能性があると気を付けておいたほうが良いでしょう。

・プリン体をとりすぎない

「プリン体オフ」をうたった発泡酒などがでていますね。ビールはプリン体の宝庫のように思われがちですが、ビールだけではありません。ウニやカニ味噌、エビや豚レバーなどにも多く含まれています。それらの食物をまったく食べないのも体に悪いですので、「食べすぎない」ように注意しましょう。

090972

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
痛風に効く食事。良いものダメなものは?オススメランキング紹介!
喉が痛い時の食事。飲み物や食べ物はどうすべき?薬は何を選ぶ?

まとめ

肉食になりすぎるとか、水分が足りないことでも発症しやすくなる痛風。昔は贅沢病だといわれていたようです。私も祖父が痛風だったので体質的に可能性はあるので、気を付けて暮らそうと思います。

SPONSORED LINK

関連記事

11e63190e766fcb15f19ba04785aa930_s

赤ちゃん(乳児)の熱中症の症状。夜の熱の対策は?母乳は危険なの?

熱中症って怖いですね。 まだまだこれくらい大丈夫と思っている初夏でもガツンとやられてしまいます

記事を読む

むくみ 足 解消 グッズ ソックス

足のむくみ解消グッズを一挙紹介!着圧ソックスの効果とは?

「夕方になるとブーツがキツイ!」というこのフレーズ。 すぐに連想されるのは「足のむくみ」ですよね。

記事を読む

a0780_000010

しもやけの治し方はこれでOK!手、足、耳の部位別に徹底解説。

以前、高齢の母が「足が痛い」といいだしました。病院へいくとまさかの「しもやけ崩れ」という診断。重症化

記事を読む

注射子供

インフルエンザの予防接種。子供はいつから必要?回数は1回?

そろそろ梅雨が終わり夏が来て気になり始めるのがインフルエンザの予防接種じゃないでしょうか?◯◯県◯◯

記事を読む

巻き爪

足の親指の巻き爪はこれで治った!対策まとめ

足の親指が巻き爪になっている方は、軽度なものを含めると全人口の約10%にも達するのだそうです。10人

記事を読む

イラスト1

中性脂肪が高い原因。知らぬと危険!女性が注意すべき症状と改善策。

ちょっと太ってしまった!ダイエットしなくては!という女性の方は多くいらっしゃいますよね。最近、皮下脂

記事を読む

水虫

足の水虫の痛みはこれで治った!一番の原因と効果的な治療方法。

長時間革靴を履いていたりすると足の指がかゆくなる水虫。 でも「水虫になった」なんて恥ずかしくて

記事を読む

a0006_001870

赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気でも病院は必要?症状と対処法。

赤ちゃんはよく下痢をしたり、風邪をひいたりしますよね。下痢をしていても、体は元気でよく動いたりするこ

記事を読む

太陽

子供に多い夏バテの下痢!有効な対策をココでチェック!!

桜が綺麗に舞っていた春も過ぎて行き、もうすぐ青い海が広がる夏ですね! 夏はお祭りや、花火、プールな

記事を読む

きのこ鍋

痛風に効く食事。良いものダメなものは?オススメランキング紹介!

痛風は、かつて贅沢病と思われていた時代がありました。というのも、尿酸値を上げ痛風を起こしやすいプリン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑