*

中性脂肪が低い原因。知らぬと危険?女性が注意すべき症状と改善策。

皆さんは中性脂肪が高いと良くない、ということは何となくご存知ですよね。でも、中性脂肪が低いと言ったら、逆に良いのでは?と思いませんか?実は、低すぎるからと言って健康とは言えないのです。どこかに病気のリスクが隠されている場合もあるのです。

健康な数値から高くても低くても、身体にとって良くないのですね。では、実際にどのように中性脂肪の値が低い場合、どんな良くないことがあるのか?を調べてみました。

  • 中性脂肪が低いとどうなる?
  • 低くなってしまう原因
  • 対策方法
SPONSORED LINK

中性脂肪が低いとどうなる?

通常の中性脂肪の数値は30から149基準値とされています。この数値よりも下回ることは、大変危険です。では、低いとどのようになってしまうのでしょうか。

簡単に言うと、中性脂肪は筋肉や心臓を動かすエネルギー源です。つまり、それが低いと非常時のエネルギーがなくなり、元気がなくなってしまうのです。体温を一定に保つ役割や心臓を守る役割も担っているので、中性脂肪はとても重要なのです。

イラスト1

中性脂肪がどのように作られるかと言うと、腸からもしくは肝臓から作り出されます。これらはバランスを取っていて、食事から取れれば肝臓からは作り出さず、空腹時は肝臓が作り出します。中性脂肪が低すぎる人は、このどちらかの機能に問題がある場合があるのです。

つまり、もしもあまりにも中性脂肪が低い場合は、様々な病気が隠れている可能性も考えられます。食事が腸で十分に吸収されない「吸収不良症候群」、もしくは肝臓での脂肪分泌が悪くなる「肝硬変」などが考えられます。

また、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)も考えられます。バセドウ病とは、甲状腺ホルモンの過剰分泌により、代謝が亢進する疾病です。この病気により、体重の減少や中性脂肪・コレステロールが低下することがあります。

イラスト2

原因

中性脂肪が低い原因は下記のことが考えられます。

  1. 過度なダイエットによる、食事制限。
    極端な食事の量の減少や、偏った食事(野菜や海藻ばかり)により、エネルギー不足になる。
  2. 甲状腺や肝機能の病気の可能性
    特に、栄養面で中性脂肪が減ってしまうことの方が多いようです。食生活は気を付けたほうがよいですね。
SPONSORED LINK

対策は?

中性脂肪が低い場合でも、特別治療をする必要はありません。普段の食事内容を見直し、偏った食生活を改善していきましょう。ただ、あまりにも気になる方は、内科循環器内科で調べていただくのが良いでしょう。

生まれつき中性脂肪が低いかたもいるでしょうし、病気により低い場合もまれにあります。中性脂肪が低くても、日常生活にはあまり支障はありません。中性脂肪の出番は、ここぞ、という時のエネルギー源だからです。

写真1

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
中性脂肪が高い原因。知らぬと危険!女性が注意すべき症状と改善策。

いかがでしたか?

女子は特にダイエットによって、過度に中性脂肪が低くなることもあります。無理なダイエットは、身体を壊すだけでなく、身体の機能も衰えさせてしまいます。

ダイエットの食事も、野菜や海藻など、カロリーが低いものばかりを選んでいると、偏った食生活により、痩せるばかりでなく、病気へのリスクも高まります。

ダイエットもほどほどに、食事と運動をバランスよくしましょう。そして、ダイエットとは無縁でも中性脂肪が低い数値が出たときには、他の病気も疑いほおっておかずに、きちんと検査してみましょう。

定期的な健康診断は、やはり欠かさないことが大事です。

SPONSORED LINK

関連記事

ステロイド 副作用

ステロイドの副作用とは?筋肉や精神に及ぼす影響をチェック!

「ステロイド」という言葉はよく耳にする言葉だと思います。 このステロイドとは一体何なのでしょうか?

記事を読む

a0780_000010

しもやけの治し方はこれでOK!手、足、耳の部位別に徹底解説。

以前、高齢の母が「足が痛い」といいだしました。病院へいくとまさかの「しもやけ崩れ」という診断。重症化

記事を読む

a0006_001426

赤ちゃんのゲップはいつまで?やめるタイミングとやめさせるコツ。

赤ちゃんのミルクの後はゲップをさせるって知ってはいるけど、これっていつまでするのが正しいのかは知らな

記事を読む

右下腹部の痛み。女性の症状と原因は?チクチクや虫垂炎は危険?

女性にとって下腹部は、生きていく上で一番重要な身体の部分といっても過言ではないほど、気にかかるところ

記事を読む

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_s

巻き爪は病院で治すべき!?何科を選ぶ?オススメの専門外来は?

足の親指の爪が内側に入り込み、孤を描いたような状態になってしまう巻き爪。巻き爪になったばかりのころは

記事を読む

a0001_017114

おたふく風邪は感染する?潜伏期間は?予防と対策方法の詳細。

おたふく風邪ってご存知ですか? もちろん名前は知っているという方がほとんどだと思います。では実

記事を読む

妊婦

妊娠中の親知らず。抜歯は危険?妊婦への影響や注意点の詳細。

妊娠中に歯医者には行かなくて済むように、って言われているの知ってました? 私は知らなかったのですが、

記事を読む

ウイルス性胃腸炎の潜伏期間は?空気感染でうつる?原因と予防対策。

あなたはウイルス性胃腸炎ってご存知ですか? 実は私は先日、胃腸風邪にやられて寝込みました。 思った以

記事を読む

7c9e8ce886317709bfd83374375e0695_s

溶連菌の大人の症状。仕事は休むべき?日数は?薬は効くの?徹底調査

皆さん、溶連菌というのはご存知ですか?溶連菌とは、溶血性連鎖球菌と呼ばれるばい菌のことです。 この

記事を読む

喉痛い

夏風邪による咳や痰の原因と対策まとめ!!

  冬のインフルエンザを越え、春の花粉症を超え、やっと落ち着いた!と思った頃

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑