*

みかんの食べ過ぎは肌に悪い?便秘や下痢の心配は?効果効能まとめ

日本人なら、こたつにみかん が定番ですよね。こたつはなくても、みかんだけは、冬の果物として欠かせません。他の果物と違い、手軽に食べられるところが、お子さんからお年寄りにまで好まれるところではないでしょうか?

みかんといえば、少しあまくてすっぱくて、ビタミンCが豊富なイメージですよね。でも、食べ過ぎるとどうでしょうか?やはり体への影響はあるのでしょうか?ついつい食べ過ぎがちなみかんについて、食べ過ぎのメリットとデメリットを調べてみました。

SPONSORED LINK

  • みかんの食べ過ぎは肌に悪いの?
  • みかんは便秘に効果的?(便秘や下痢への影響について)
  • みかんが及ぼすメリットデメリットについて
  • ダイエット効果も?
  • さいごに

みかんの食べ過ぎは肌に悪いの?

みかんの黄色は、見るからにビタミンCが沢山含まれている、と思いますよね。お肌の為には、ビタミンCは必須。でも、ビタミンCは摂り過ぎると、汗や尿で排出されてしまいますので、必要以上に取る必要はありません。

そして、あまりにも多く摂り過ぎると、体内の処理能力を超えてしまうのです。みかんは、食べやすく水分も多く含まれているので、ついつい食べ過ぎてしまいます。

良く、お子さんで手が黄色い子がいませんか?みかんを食べ過ぎて、手が黄色くなってしまうことがあります。これは、みかんに含まれるβカロテンの影響により起こるものです。

イラスト1

血中のβカロテンの濃度が高くなると、手のひらや足の裏に色素沈着がおきます。これを「柑皮症」といいます。黄色くなるだけで、特に症状はありませんので、重要に考える必要はありません。また、顔が黄色くなることはありませんので、ご心配なく。

ただし、白目まで黄色くなっているようでしたら、それは黄疸の可能性もあるので、病院へ行ってみてもらった方がいいかもしれません。

写真1

みかんは便秘に効果的?(便秘や下痢への影響について)

女性の方は、便秘に悩んでいる方が多いのではないでしょうか?そんな方にも、みかんはおススメです。みかんを食べていると、知らず知らずのうちに、水分を沢山摂取することが出来ます。

また、食物繊維も含まれていますので便秘の解消にもなるのです。ただし、気を付けなくてはならないのは、食べ過ぎたときです。

便秘の方は解消する代わりに、便秘でない方にとっては、水分の摂り過ぎにより、身体が冷え、体温が下がりやすくなります。そのため、胃腸が冷えてしまい、下痢になることもあります。

また、食物繊維の大量摂取により、便秘になることもあります。どちらにしても、食べ過ぎにだけは注意しましょう。

SPONSORED LINK

みかんが及ぼすメリットデメリットについて

みかんには下記のような栄養素が含まれています。

*ビタミンC

  • 美肌効果
  • 免疫力の効果
  • 風邪の予防

*クエン酸

  • カルシウム不足の改善
  • 狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・高血圧の原因となる動脈硬化の予防
  • 疲労回復

*βクリプトキサンチン

  • 骨粗鬆症の予防
  • 糖尿病の進行を抑制
  • 免疫力を高める
  • 美肌
  • 皮膚癌・大腸癌の予防効果

これらの栄養素が含まれているのはもちろん、水分が多く含まれることにより、デトックス効果があります。では、これだけたくさんの栄養素が含まれ、メリットがたっぷりのみかんにも、デメリットはあるのでしょうか?

あくまでも、大量摂取した場合のデメリットです。

  • 胃腸が冷えて、お腹を壊す
  • 薄皮部分の消化不良
  • 肝臓への負担・嘔吐
  • 「柑皮症」により手足が黄色くなる
  • 大量摂取により発がん性を高める

あくまでも、デメリットは大量摂取によるものです。心配するほどのことではありません。

写真2

ダイエット効果も?

みかんの内側の皮には、ペクチンという成分が豊富にふくまれています。このペクチンは、食物繊維の一種で、コレステロールの吸収を抑制する効果があります。

また、腸内環境を整える善玉菌を増やす働きもあるため、便秘の改善・宿便を出すなどダイエット中の方には嬉しい働きが沢山あります。そして、みかんのすっぱい成分であるクエン酸は、糖質を燃焼させるのに必要な物質ですから、ダイエット効果があると言ってもよいでしょう。

みかんの食べ方としては、食事前に食べることで、ペクチンによって、糖やコレステロールの吸収が抑えられます。また、食前に食べることで、満腹感もあり、食べ過ぎを押さえることも出来ます。

みかんの健康効果についてまとめた動画は下記をご覧ください。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
みかんの食べ過ぎは太る?幼児や子供の病気の心配は?徹底調査!

いかがでしたか?

これだけよいこと尽くしのみかん。早速帰りに買って帰りたくなりますね。今年の冬は、みかんで風邪知らずで過ごしましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

a1380_000401

へそピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ!参考動画あり

本格的な夏が近づき、薄着になるこの季節。 シャツの裾から、チラリとへそピアスが見えたりすると、 「お

記事を読む

a0027_002783

幼稚園のお名前シール。アイロンとスタンプの違いやメリット。

来年からうちの子も幼稚園。仲良しの友達できるかな、幼稚園や先生に慣れてくれるかな、なんていろんな心配

記事を読む

スーツの衣替え。時期は?ネクタイはいつから必要?社会人必見!

季節の変わり目って服装選びが難しいですね。 まだまだ暑いかと思えば急に冷え込んだり、長袖を用意した

記事を読む

水天宮で七五三。初穂料は?予約は?最新情報はココでチェック!

現在建て替え工事を行っていて仮宮で参拝が出来る水天宮。 水天宮といえば安産祈願ですが、七五三の祈祷

記事を読む

繧キ繝シ繝ェ繝ウ繧ッ繧吶Λ繧、繝・9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s

シーリングライトの取り付けが出来ない!一番の原因や簡単取付け方法

部屋の雰囲気を決めるのに必要なシーリングライト。 柔らかいオレンジの光にしたり、パッキリとした

記事を読む

ココナッツオイル

ココナッツオイルの使い方。簡単レシピと効果的なダイエット方法。

ほどよく筋肉もあって、すらっとしていて、、、スタイルがいい人に憧れたことがない人はいないはずですよね

記事を読む

忘年会 余興

忘年会の余興2015。絶対ウケる一発芸や鉄板ネタを紹介!

毎年の忘年会、余興をしなければならない若手社員から、余興に命をかけるベテランさんまで、今年に流行った

記事を読む

ガクアジサイ

紫陽花の育て方を解説!病気や毒の見分け方は?剪定や挿し木の方法。

紫陽花と書いてアジサイ。その名のとおり紫の陽だまりのような、きれいな花ですよね。梅雨どきの暗い庭に紫

記事を読む

じゃがいも 育て方 栽培 方法

じゃがいもの育て方。栽培に適した時期やプランター、肥料の選び方。

マンションの小さなベランダの一角でする家庭菜園が、最近巷で流行っていますね。そこから熱が入って、レン

記事を読む

ディズニーランドの結婚式。費用は?予約方法や口コミの詳細について。

ディズニーフェアリーテイルウエディングってご存知ですか?そう!ディズニーランドでの結婚式のことなので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑