*

みかんの食べ過ぎは太る?幼児や子供の病気の心配は?徹底調査!

毎年、寒くなって来るとみかんの季節だなと感じます。我が家では、お正月には必ずみかんが沢山ある、というイメージがあります。寒くなり、家の中は暖房をつけているので、乾燥しがちです。そんな時にみかんは喉を潤してくれる手軽な果物として、いつもテーブルに乗っています。

SPONSORED LINK

皆さんのお家ではいかがですか?でも、みかん好きの人って、びっくりするくらい一気に沢山食べませんか?うちの旦那様も子供達も、一気に5個・6個食べてしまいます。

お腹壊さない?手が黄色くならないの?とちょっと心配になります。そんなみかんの食べすぎについて調べてみました。

  • みかんの食べ過ぎは太るの?
  • みかんは便秘に効果的?(便秘や下痢への影響について)
  • 幼児や子供への影響は?
  • みかんを食べ過ぎたら出る症状は?
  • 下痢や嘔吐の可能性
  • 予防と対策
  • さいごに

写真1

みかんの食べ過ぎは太るの?

みかんも果物ですから、果糖により食べ過ぎたら太るのでは?と心配になります。でも、ご安心ください。みかんの食べ過ぎでは太らない、と農林水産省で実証されているのです。

どちらかといえば、みかんに含まれるクエン酸が新人代謝を活発にし、痩せやすい体質にしてくれるとも言われています。しかし、ひとつだけ気を付けなくてはならないことがあります。

みかんを大量に食べた後、普通の食事をすると、血糖値が上がった状態から食事をとることになるので、余ったエネルギーが脂肪として蓄積される可能性があります。

また、食後のデザートとして、あまりにも大量に食べることも太る原因になってきます。食事前後に沢山食べることは、少し気を付けたほうが良いかもしれません

写真2

みかんは便秘に効果的?(便秘や下痢への影響について)

水を沢山飲めなくても、水分代わりにみかんを沢山食べる人もいますね。みかんを食べると、体温が下がりやすくなります。そのせいで、胃腸が冷え、下痢になることも。

逆に、便秘気味の人は、便秘解消の効果があります。しかし、食物繊維を摂り過ぎると、腸内で停滞してしまい、便秘を悪化させることもあります。摂り過ぎには十分注意しましょう。

幼児や子供への影響は?

みかんは幼児から子供まで、必要な栄養素が含まれているので是非食べてほしい果物です。ただし、胃腸を冷やしやすいということから、大量摂取により、お腹を壊す(下痢)になることがあります。

また、幼児には、薄皮部分に栄養素があるとはいえ、消化不良を起こすこともあるので、果肉だけをあげたほうがよいでしょう。でも、みかんに含まれるビタミンCで、元気な子供たちは、更に風邪知らずで元気に遊びまわれるでしょうね。

SPONSORED LINK

みかんを食べ過ぎたら出る症状は?

みかんを食べる過ぎると、手が黄色くなる、とよく言いますね。実際に、本当に手が黄色くなります。これは、みかんに含まれるβカロテンの影響です。

血中のβカロテンの濃度が高くなり、手のひらや足の裏に色素沈着がおきます。これを「柑皮症」といいます。黄色くなるだけで、特に症状はありませんので、問題はありません。

ただし、黄疸との見極めが必要な場合がありますので、もしも白目まで黄色くなっている場合は、黄疸を疑う必要もあるでしょう。またβカロテンを大量摂取すると、発がん性を高めるとも言われています。ただ、その量をみかんで摂取するとしたら、一日に120個以上食べることになりますので、

これは心配する必要はなさそうです。発がん!というと、ちょっとびっくりしますが、みかんだけでがんになることはありませんので、気にしない方がよいですね。

イラスト1

下痢や嘔吐の可能性

みかんは、成分のほとんどが水分です。そのため、身体を冷やすと言われています。大量に摂取すると体温が下がり、胃腸が冷え、お腹を壊すことがあります。

また、みかんに含まれるビタミンCも、摂り過ぎると身体の処理能力を超え、下痢などの副作用が現れます。ビタミンCは、腸の運動を活発化させますが、摂り過ぎると分解する肝臓に負担をかけることもあり、下痢だけでなく嘔吐することもあるのです。

予防と対策

嬉しい効果がいっぱいのみかんですが、やはり食べ過ぎには要注意です。制限はありませんが、様々な効果を考えると、一日に2個から3個程度が良いようです。適度にみかんを摂取し、これからのシーズン、身体によいみかんを適度に食べ、風邪知らずの、美肌美人になりましょう。

皆さんは、どんな風にみかんを剥いていますか?こんな動画を見つけてみました。ご興味にある方はご覧ください。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
みかんの食べ過ぎは肌に悪い?便秘や下痢の心配は?効果効能まとめ

いかがでしたか?

何事も食べ過ぎは良くないですね。美味しく食べて、健康に冬を乗り切りましょう。

 

SPONSORED LINK

関連記事

キラキラネームは後悔する?名付け前に考えるべきポイントとは?

テレビや雑誌など至る所で一年中話題となる『キラキラネーム』 なんとなーくイメージは出来るんだけどイマ

記事を読む

とうもろこし 栽培方法 育て方

とうもろこしの栽培方法。害虫で失敗しないコツやプランター選び。

夏はとうもろこしの美味しい季節! 買って食べるのも良いですが、最近では家庭栽培など 自分で栽

記事を読む

きゅうり 育て方 プランター

きゅうりの育て方。プランターや肥料はどう選ぶ?受粉時期や病気予防

最近は家庭菜園をされる方も多いのではないでしょうか? ちょっとした野菜だったら、プランターで育

記事を読む

髭ともみあげは誰でも繋がるの?クスっと笑える検証動画あり。

近年、男性のファッションの一つとして積極的に取り入れられているのがデザイン髭! 鼻下だけ生やしてみた

記事を読む

bsPAK75_5syuruinorancyon20141206165130

【超簡単】巾着袋の作り方まとめ!動画でわかりやすく解説。

お子さんが入学するときや、新学期が始まる時などに必要になるのが、巾着袋。お子さんのお弁当を入れたり、

記事を読む

引っ越し 近所 挨拶 

引っ越し後の近所への挨拶。マンションの範囲は?品物や手紙は必要?

進学や就職、転職などの人生の転機によくある引っ越し。 引っ越しは荷物を詰めて送るだけじゃなく、その

記事を読む

素足

女性のすね毛!超簡単に処理する3つの方法

夏の到来。女性の皆さんは、だんだん薄着になってきますよね。タイツやストッキングの季節は終わり、素足の

記事を読む

名古屋でプレミアム商品券を発行?使い方や入手方法。注意点も。

各県でお得な商品券の販売が始まっていますね。 実は名古屋でもプレミアム商品券の販売が始まりました。

記事を読む

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_s

赤ちゃんの顔の保湿はコレでOK!厳選おすすめランキングはココ!

赤ちゃんの肌って、どこを触ってもすべすべもちもちで最高ですよね。でも、実は乾燥しやすくってデリケート

記事を読む

水瓜女

スイカの切り方!~サイコロ編~

最近レストランやスーパーなどでよく目に付くようになったTHEサマーフルーツスイカ!!(本当は野菜だと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑