*

梅の育て方まとめ。剪定、肥料はどうする?初心者必見の動画つき解説

桜と並び古くから日本人に親しまれてきた花、『』。春先には素朴な花の見た目だけでなく芳しい香りでも私たちを楽しませてくれ、更にその果実は梅干しや梅酒など食用としても利用できます

そんな梅の木、もし一戸建ての家を持つことができたら庭に植えてみたいな~…なんて憧れる方も多いのではないでしょうか? 実は私もその一人です。しかし、いざ木を育ててみようとなると、上手に生長させるにはどうしたら良いのか、どんな道具が必要なのか… 色々とわからない事が多いですよね。

SPONSORED LINK

そこで今回は、園芸初心者でもわかる簡単な梅の育て方… 特に「木の剪定」について調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

  • 梅の剪定の事前準備
  • 梅の剪定手順や注意点
  • 梅剪定の時期とポイント
  • 剪定を行う時期の理由
  • 剪定が難しい時は?
  • おわりに

梅の剪定の事前準備

64592d2e1d84d386c55cf10bd70d69cc_s

梅に限らず樹木を育てる上で避けて通れない大事な仕事が「剪定」です。不要な枝を切って形を整えることで木の生長を促したり、害虫が繁殖するのを防ぐ為の作業です。

では実際に剪定の説明をする前に、必要な道具、予算、注意点について書き出してみます。

  • 必要な道具
    1. 木バサミ(一般的に「植木バサミ」と呼ばれているもので、手を入れる部分が大きく刃が短いハサミです。)
    2. 脚立(それ程大きくない木なら5段もあれば十分でしょう。)
    3. 軍手
  • 予算
    道具はホームセンターで買える物なら15000円もあれば買い揃えられるでしょう。
    自分で剪定するのではなく植木屋さんに頼む場合は、剪定料金を確認しましょう。
  • 注意点
    梅の木を剪定する際に注意すべき点は、時期と切落す枝の見分け方です。
    詳しくは実際の剪定手順の中で説明します。

梅の剪定手順や注意点

では、いよいよ実際の剪定手順・方法について説明していきましょう。

  • 剪定の時期を決める
    昔から「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言われるように、梅にとって剪定はとても重要です。梅は萌芽力がとても強いので剪定をせずにいると枝が伸び放題になり、花が咲きにくくなったり害虫が発生する原因となります。また、単純に見栄えも良くありません。
    ですので、年一回は必ず剪定を行いましょう。剪定を行う時期は花が枯れた数か月後、花芽が出来上がった9月~10月頃がベストです。
  • 切落す枝を見分ける
    実際に剪定を行う際には切落す枝と残す枝をしっかりと見分けておきましょう。切落す枝は以下のようなものです。

    1. 枯れた枝
    2. 病気になったり害虫が発生している枝
    3. 内側(幹の側)に向かって伸びた枝
    4. 他の枝と交差したり絡んでいる枝
    5. 上に向かって真っ直ぐに長く伸びた枝(徒長枝)
    6. 垂れ下がるように伸びている枝(逆さ枝)
  • 剪定する
    切落す枝が決まったら、いざ剪定してみましょう。枝の切り方にもいくつか注意点がありますので気を付けてください。

    1. 花芽が付いている枝は10~20㎝位になるよう短く切ります。
    2. 必ず外芽のすぐ上で切りましょう。
    3. 花芽の付いていない徒長枝や不要枝は付け根から切りましょう。
  • 注意点とポイント
    枝を切る時の注意点について、ここで簡単に補足しておきます。
    まず、花芽の付いた枝を途中で切ってしまう事について、「せっかく芽がついているのにもったいない!」と思われる方もいるかもしれませんね。
    しかし、枝の先端を残しておくとそこから更に枝が伸び広がってしまいます。
    また、梅は幹に近く短い枝ほど花が咲き、逆に先端にはあまり花が咲きません。ですので短い枝は切らずに残し、長い枝は5~10芽程度が残るように切りましょう
    次に「外芽」について。これは枝の外側についている芽のことです。
    新芽は幹に対して内側と外側になるように交互に付いており、内側についている芽を【内芽】、外側についている芽を【外芽】と言います。
    芽のついている枝を切る場合は、必ず外芽のすぐ上で切るようにしましょう。
  • SPONSORED LINK

    梅剪定の参考動画
    「梅の木夏剪定講習会」

    「Dr.Kの梅剪定レッスン_ベーシック」

    梅剪定の時期とポイント

    さて、ここまでで剪定についての説明は大体終わりました。が、最後に大事なポイントとなる【時期】について、もう少しだけ細かくまとめたいと思います。

    剪定を行う時期の理由

    上で『剪定を行う時期は9月~10月頃がベスト』と書きましたが、その理由は【花芽】と【葉芽】にあります。【花芽】とは翌年に蕾となって花が咲く芽のこと、【葉芽】は新しい枝となる芽のことをそう呼びますが、これらの形成が一段落するのが7~8月頃になるのだそうです。

    これらが形成される前に枝を切ってしまうと木がもっと枝を増やそうとし、なりかけていた【花芽】を【葉芽】に変えてしまいます。それでは意味がありません。ですので、剪定は必ず【花芽】と【葉芽】が形成されてから行いましょう。

    剪定が難しい時は?

    9~10月頃はまだ枝に葉っぱが茂っていて全体の形を見定め難く、初めて剪定を行う人には枝の見分けも難しい時期かもしれません。その場合はもう少し時期を遅らせ、葉が落ちてから蕾が膨らみ始めるまでの間に剪定を行うようにしましょう。

    fab663268f789181f888ac385ccfebee_s

    おわりに

    今回は梅にとって重要な【剪定】を主題としてまとめてみましたが、こうした説明を読むと「手入れが大変そう」「初心者が育てるのは難しそう」と思われるかもしれませんね。

    しかし梅はとても強い木ですので、上手く剪定できなかったり、ちょっと切り過ぎてしまったくらいなら問題はありません。むしろ園芸初心者でも失敗を恐れずに手入れができる頼もしい木と言えます。

    庭に梅の木があるけど、これまでは剪定をするのが面倒で放置していたら枝が伸び放題になってしまった…。 そんな方はいませんか?もしそうなら、今からでも遅くありません!

    上手くいかなくても大丈夫ですので、思い切って剪定をしてみてください。きっと来年の春先には、沢山の梅の花があなたのお庭を芳しい香りで包んでくれるはずです。

    SPONSORED LINK

    関連記事

    576ef70ffe797b056c3dff99906abf63_s

    送別会の挨拶。送る側、送られる側のユーモア溢れる例文を紹介!

    人との出会いは一期一会といいますが、別れもまた同じ。出会いの瞬間を大切にするのと同じように、最後の瞬

    記事を読む

    忘年会案内2

    忘年会の案内メール。簡単に使える社内用、社外用の例文はココ。

    カレンダーが薄くなり、一年が残り少なくなってくると、忘年会のことが気なりはじめます。とくに幹事さんは

    記事を読む

    92c2d4289fdebccc1933f75a27410dbf_s

    引っ越しの挨拶。粗品はコレでOK!渡し方マナーやオススメを解説。

    先日、友人の引越しを手伝ったときのこと。引越し作業がひと段落したとき、友人が「やっと終わった! じゃ

    記事を読む

    水瓜女

    スイカの切り方!~サイコロ編~

    最近レストランやスーパーなどでよく目に付くようになったTHEサマーフルーツスイカ!!(本当は野菜だと

    記事を読む

    素足

    女性のすね毛!超簡単に処理する3つの方法

    夏の到来。女性の皆さんは、だんだん薄着になってきますよね。タイツやストッキングの季節は終わり、素足の

    記事を読む

    宴会 大人数

    宴会ゲームまとめ!少人数におすすめの簡単で超盛り上がるネタ集!

    もうすぐ、忘年会のシーズンがやってきますね! 居酒屋でわいわいやる方もいれば、貸し切りでパーティー

    記事を読む

    結婚式の準備リスト。新郎新婦が当日までに揃える必須な物まとめ!

    一生に一度の結婚式。神様の前で夫婦になることを誓う神聖な式。そんな結婚式は誰もが素敵な式にしたいと願

    記事を読む

    image

    鉄板で盛り上がる卒業ソング2016。10代、20代向けランキング!動画付

    今年ももう残りわずかですね。年が明けるとすぐに卒業シーズンがやってきますね!卒業生にとって卒業式は、

    記事を読む

    ママ友,いらない

    ママ友はいらない?必要?その理由は?

    最近では、ドラマの題材になっていたりニュースで特集されたりと何かと話題になっている「ママ友」。あなた

    記事を読む

    つり革

    車につり革?!理由は?色々と調べてみました。動画あり。

    車につり革・・・・ この二つのワードを聞いた時に「えーなんで? そんな事しなきゃいけなくなった

    記事を読む

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑