*

冷え性が妊娠確率に影響する?子宮を冷やすと危険?原因と改善策。

女性で冷え性の人、多いです。私もそのうちの一人です。冬が始まると手足が冷え切って、どうにも辛いですよね…。でも手足が冷えるくらい、と軽く考えがちで、きちんと対策を取っている人は少ないのではないでしょうか。

SPONSORED LINK

冷え性は様々な不調の原因になるので、本当は放っておくのはよくないんです。実は冷え性が原因で不妊になることも…。

今回は、
冷え性は妊娠確率に影響するってホント?
子宮が冷えてしまうと、どうなるのか?
やっておいて損はない冷え性対策
の流れで説明します!

冷え性は妊娠確率に影響するってホント?

結論から言うと、イエスです。

冷え性の原因は不規則な生活や運動不足など様々な原因が考えられますが、とにかく身体が冷えていると、血液がうまく循環しなくなります。臓器は血流がさらさらと流れることでその働きをこなしてくれているので、血流が悪くなると当然機能も低下してしまいます

まして、子宮は脳や心臓などと比べると、多少機能が落ちても命の危険がないので優先順位が低く、手足同様、真っ先に血流が悪くなることが多いです。

しかし、子宮は卵子を作ったり、受精すればそこがそのまま赤ちゃんのベッドになったりする、子作りのためには最も大切な臓器です。血流が悪くなれば、卵子ができにくかったり、精子が到着しても着床しづらかったりと、様々な弊害となってしまうのです。

d7e784dc5b35f812d4028eff61263997_s

子宮が冷えてしまうと、どうなるのか?

子宮が冷えて動きが悪くなると、女性ホルモンがうまく分泌されず、それが卵巣機能に直接ダメージを与えます。つまり、卵子が育たなかったり、逆に老化してしまったり、うまく排出されずに残ってしまったりすることです。そうなると当然、妊娠には至りません。

また、せっかく精子がやってきても、血液の循環が悪いせいで老廃物が溜まってしまった子宮内では栄養も行き渡らず、着床してくれる可能性がグンと減ってしまいます。そして、もし着床しても、流産の確率が高くなってしまうのです。

やっておいて損はない冷え性対策

冷え性対策…生姜湯を飲んだり、重ね着したり、皆さんすでに色々やったことがあると思います。でも、一時的には温まっても、根本的な解決にはなっていないと思いませんか?身体の表面ばかりを温めても、そもそも身体の質を改善しなければ、冷え性は根本的には治らないのです。

そこで、即効性はありませんが大切な冷え性対策をいくつかご紹介します。

1:食生活の見直し…お腹イッパイはNG。温かい料理ばかりもダメ!

現代人はあまり運動をしないのに、一日三食は食べすぎだ~なんてTVで言っているのを聞いたことがありませんか?

常にお腹いっぱいになるまで食べて、あまり空腹感を感じない生活、というのは健康上もよくありません。実は、フルコースのディナーを食べる度に、内臓はフルマラソンを完走しているのと同じ位働きます。

消化しにくいお肉などは1日かけてやっと消化できる程度なので、朝昼晩と満腹になるまで食べていたら、内臓は休まるヒマがありません。内蔵が疲れてしまうと、血液は疲れた内臓に集中して他がおろそかになります。それも冷え性の原因の一つです。

また、温かい料理ばかり食べるのも冷え性につながります。「え、でも冷たいサラダは身体を冷やすんでしょ?」と思ったアナタ、私もそう思っていました。確かにそうなのですが、もっと大切なのは生野菜が持つ、ドロドロ血液をサラサラにしてくれる効果。

血液がドロドロだと、循環が悪くなって冷え性の一番の原因と言っても過言ではありません。水分と栄養がたっぷり取れる生野菜は、きちんと摂取しないと身体の質の改善には繋がらないのです。

対策…「腹八分」を意識して、過度な満腹は絶対にNG。朝は生野菜や果物で簡単にすませて、空腹期間を設けましょう。

SPONSORED LINK

2:運動の見直し…ストレスが血管を苛めている。ストレスは運動で解消!

身体に血液を送ってくれる毛細血管は、運動をすることで伸びて増えていきます。運動をしない毎日では当然毛細血管は減っていきますし、そうなると細部や内臓の奥まで血液が行き届かず、冷え性となってしまうのです。

また、この時代にストレスにさらされていない現代人はいないだろう、と思いますが、その生活にすっかりお馴染みとなったストレスも、もちろん冷え性の原因です。

とはいっても、ストレスは抱えてしまうものだし、運動したくてもできないのが悲しい現代人の生活。本当に少しずつでいいので、今の生活に沿って小さな運動を日常的にこなしていきましょう

対策…鼻呼吸を意識する。これは、深く肺まで息を取り込むように呼吸をすることで、身体をアクティブな状態に持っていくことができるからです。

通勤中の電車の中で爪先立ちになる、家事の動きに合わせてスクワット、など、生活の中に運動を取り入れる

こちらの動画では、本当に簡単な運動で手足がぽかぽか温まるエクササイズを紹介しています。何かの合間に気軽にできるので、オススメです。

3:身体の温め方の見直し…暖房の効いた部屋の中でぬくぬく。これが逆効果になることも。

冷えているのだから暖房や重ね着などで身体を温めるのは当然の処置です。ですが、本来人間は寒さを乗り越えるために、身体を(つまり細胞を)ブルブル震わせて自ら温まる機能を備えています。

あまりに日常で暖房に頼りきりだと、人間はその機能を忘れてしまい、やがて寒さに弱い体質になってしまいます。子どもの頃にあまり寒い外で遊ばず、ぶくぶく着膨れするほど厚着していた人は、実は大人になってから冷え性になっている人が多いのです。

対策…たまには温めることをやめて、寒い外を歩いて強い身体を作りましょう。

c406109b82932d1027bd62a3d844a2b8_s

まとめ

冷え性を改善すると、高温期が伸びて妊娠できた!というネットの声もチラホラあります。これが妊娠確率の全てだとは思いませんが、せっかく個人でできる対策なので、ぜひご自身の健康のためにも意識してみてください。

 

SPONSORED LINK

関連記事

eac9d26a4e7beb439e239aaf306da890_s

RSウイルスの子供や赤ちゃんの症状は?高熱や咳は危険?予防は?

「RSウイルス」という名前を聞いたことはありますか?私もあまり勉強するまでは耳にしたことがなかったの

記事を読む

花粉症の薬。強さランキング2016!市販のおすすめは?最新チェック!

花粉症は本当につらいですよね。患者が多い分、ドラッグストアにはたくさんの種類の花粉症の薬が並んでいま

記事を読む

舌ピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ

ぺろっと出した舌に、きらり光る『舌ピアス』。 かっこいい!と思う方も、う~んちょっと…と思う方も、

記事を読む

a0006_001002

赤ちゃんの鼻づまり。グズって寝れない夜に有効な原因と対策まとめ

小さい赤ちゃんはよく風邪をひいたり、熱を出したりします。特に呼吸がしにくく苦しそうにしているのが、鼻

記事を読む

妊婦

妊娠中の親知らず。抜歯は危険?妊婦への影響や注意点の詳細。

妊娠中に歯医者には行かなくて済むように、って言われているの知ってました? 私は知らなかったのですが、

記事を読む

湘南ひらつか七夕まつり 日程

職場でのいじめ。困った時の相談先はどこ?

職場でいじめにあった時、一体どこに・誰に相談すればよいのでしょうか。 社会で生活するのに切っても切り

記事を読む

熱中症 処置 頭痛 吐き気

熱中症の吐き気、頭痛の処置とは?知っておくべき予防と対策

突然ですが、皆さんは熱中症にかかったことはありますか? ここ数年は、夏になれば連日ニュースで取

記事を読む

発熱イメージ

おたふく風邪の大人の症状。腫れはひどい?初期症状と治療方法。

おたふく風邪なんて子供がかかる病気でしょ?と、侮っていた去年の私は、まんまとおたふく風邪の餌食となり

記事を読む

お風呂

ノロウイルスは消毒で防げる?消毒方法の詳細と消毒薬の作り方。

猛烈な下痢と嘔吐を引き起こすノロウイルス。怖いですよね。特効薬がないので体力のない小さな子供や高齢者

記事を読む

a0006_001426

赤ちゃんのゲップはいつまで?やめるタイミングとやめさせるコツ。

赤ちゃんのミルクの後はゲップをさせるって知ってはいるけど、これっていつまでするのが正しいのかは知らな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑