*

東京の花見。名所ランキング2016!鉄板スポット一挙紹介!動画あり

東京には桜の名所がたくさんあります。ありすぎて、逆にどこに行ったらいいのか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか少なくとも私は、どこに行くのが良いのか迷ってしまいます。

お花見

迷ったあげく、近所のなんとなく咲いているところでなんとなくお花見をしてしまう事もしばしばあります。今年こそは、ガツンと楽しみたい!そう思って東京のお花見名所について調べてみました!

  • おすすめ紹介!
  • 目黒川
  • 隅田公園
  • 上野恩賜公園
  • 飛鳥山公園
  • 六義園
SPONSORED LINK

第5位 目黒川

住所:東京都目黒区目黒川沿岸

マップ:

アクセス:東急東横線/東京メトロ日比谷線「中目黒駅」下車、徒歩約2分
JR「目黒駅」下車、徒歩5分 東急田園都市線「池尻大橋駅」下車すぐ

駐車場情報:駐車場はありません

おすすめポイント:約3.8kmの目黒川の両岸がメイン。ソメイヨシノをはじめとした約800本の桜が咲く様子は大迫力です。大きな公園はあまりないため、レジャーシート敷いてするお花見は出来ませんが、その分ゆっくり散歩をしながら楽しむ事ができます。

そのほかにも「目黒川お花見クルーズ」も開催されます。毎年1月下旬頃から予約を受け付けているこのクルーズでは、目黒川の桜を船からゆっくりと眺める事ができるのです。また周辺にはカフェやショップなどが多くあり、デートには最適な場所といえそうです。

場所取り:目黒川沿いでレジャーシートを敷くのは禁じられています。花見の後に宴会をしたい場合は、周辺のお店を事前予約しておくと便利ですね。

目黒川の桜

目黒川の夜桜

第4位 隅田公園

住所:東京都目黒区目黒川沿岸

マップ:

アクセス:東武伊勢崎線/東京メトロ銀座線「浅草駅」下車、徒歩約5分
都営浅草線「本所吾妻橋駅」下車、徒歩約7分

駐車場情報:隅田公園自動車駐車場があります。収容台数20台ですので、公共の交通機関を利用されるのをおすすめします。

おすすめポイント:隅田川川沿いにある公園です。東岸の墨堤は江戸時代から続く桜名所で「さくらの名所100選」にも選ばれているんです。吾妻橋から桜橋まで約1kmにわたって桜並木が続いています。

近くにはスカイツリータワーがあり、開花時期にはライトアップ行われ、桜橋からはスカイツリーや屋形船を眺めることができるので人気のスポットとなっています。

場所取り:前日夜からの場所取りは禁止されています。桜の木の下など人気のある場所は早朝からの場所取りがおすすめです。桜並木は川沿いに長く続いているため混雑は分散されます。少人数であればそこまで張り切る必要はないかもしれません。

隅田公園の夜桜

隅田公園の桜

第3位 上野恩賜公園

住所:東京都台東区 上野公園・池之端三丁目

マップ:

アクセス:JR/東京メトロ銀座線/日比谷線「上野駅」下車、徒歩約5分 京成本線京成「上野駅」下車

駐車場情報:上野恩賜公園第一駐車場のほか、周辺にも多くの駐車場があります。予約を受け付けている駐車場もあるので、お花見の時はそれを利用するのがおすすめです。

おすすめポイント:東京の花見といえば上野がまっさきに思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。江戸時代から続く桜の名所で「さくらの名所100選」にも選ばれています。

通称アブアブ広場から上野動物園入り口までの区間(中央園路)がお花見スポットです。園内には動物園や美術館、博物館などがあり、老若男女とわず楽しむ事ができるお花見スポットですね開花の時期には園内にある約1300個のぼんぼりが灯され、夜桜を楽しむ事もできますよ。

場所取り:「中央園路」は7時にはほぼ埋まっているという事も考えられるので、場所を確保するのであれば早朝から行く必要があります。また園内は23~5時は立ち入りが禁止となっており、誰もいなかったり何も書いていないと朝の清掃の際にシートが撤去されてしまいます。
徹夜での場所取りはマナー上避けるのがいいですね。

上野公園の桜

上野恩賜公園 桜祭り

第2位 飛鳥山公園

住所:東京都北区王子1-1-3

マップ:

アクセス:JR「王子駅」下車、徒歩約3分
東京メトロ南北線「王子駅」下車、徒歩約5分
都電荒川線「飛鳥山駅」下車、徒歩約2分

駐車場情報:収容数23台ですので、公共の交通機関を利用されるのをおすすめします。

おすすめポイント:八代将軍徳川吉宗が、江戸っ子たちの行楽の地とするために桜を植えたのが始まりで、実は日本初の公園でもあります。公園の北側の高台と公園中央にある野外ステージ周辺がお花見におすすめのエリア。

開花の時期にはライトアップも行われます。駅近くから高台の公園入口までをつなぐ無料のモノレール「あすかパークレール」も人気がありますね。ほかにも園内には紙専門の博物館や郷土資料館、渋沢史料館、旧渋沢庭園などがありお花見以外にも楽しめそうです。

場所取り:平日でも朝早くから埋まってしまいますので、早朝からの場所取りが必要になります。24時間解放の公園なので、休日には寝袋を持参して徹夜するという人も散見されるほど激戦区です。

飛鳥山公園の桜

飛鳥山公園 夜桜

第1位 六義園

住所:東京都文京区本駒込6-16-3

マップ:

アクセス:JR「駒込駅」下車、徒歩約2分

駐車場情報:徒歩3分のところにある「文京グリーンコート」があります。114台が収容可能です。シーズンは大変混み合うため公共の交通機関を利用されるのをおすすめします。

おすすめポイント:徳川五代将軍綱吉の時代に造営された大名庭園です。ここで有名なのがシンボル的存在である”しだれ桜”。高さ約15m!幅約20m!なんと5階建てのマンションほどの高さがある超巨大のしだれ桜なんです。

それが満開になると、あたかも流れ落ちる滝のように咲き誇ります。開花時期に合わせて行われるライトアップも行われ幻想的な雰囲気を味わうことができます。しだれ桜がメインなので、ソメイヨシノよりも少し開花が早いです。時期にはお気をつけ下さい。

場所取り:園内は敷物を敷くなど宴会は禁止されています。花見の後に宴会をしたい場合は、周辺のお店を事前予約しておくと便利ですね。

六義園しだれ桜ライトアップ

六義園のしだれ桜

いかがでしたでしょうか。

それぞれの名所でおもむきが異なるため、例えば敷物を広げてにぎやかに宴会をしたり、桜並木をのんびり散策したりと、色々な楽しみ方ができそうですね。

春といっても朝晩は冷え込むので場所取りを考えている方はしっかりと防寒対策をとりましょう。今年のお花見の参考になるとうれしいです。

SPONSORED LINK

関連記事

ほうらい祭り2015の日程は?交通規制は?最新情報はココ!

「造り物(つくりもん)」と呼ばれる巨大な人形神輿を担ぎ、 街を練り歩く「ほうらい祭り」。 古い歴史

記事を読む

JAZZプロムナード2015とは?誰でもすぐにわかるイベント概要!!

皆さんは「〇〇の秋」といえば、何を思い浮かべますか? 読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋…などなど、

記事を読む

鍵屋 玉屋 花火

高円寺阿波踊りへ行こう!2015最新情報はココでチェック!!

東京の夏を代表する阿波踊り、今年の夏も高円寺阿波踊りの季節になりました。 昭和32年に始まった東京円

記事を読む

鳥羽水族館の駐車場情報をどこよりも詳しく解説!!

鳥羽水族館をご存じでしょうか? 鳥羽水族館は、三重県鳥羽市にある、飼育数日本一の水族館です。 入

記事を読む

a0002_001847

デザインフェスタ2015の日程は?入場料やチケットの入手方法をチェック!

プロ・アマ問わず、「表現したい!」を表現するアートイベント。オリジナルであれば、審査なしで誰でも参加

記事を読む

page2_spot2_img

京都の花見。ライトアップの有名スポットは?おすすめランキング紹介

京都の花見。単純に楽しむだけでも最高の気分ですが、ライトアップされた花見もまたいいものですよね。

記事を読む

愛知 栗拾い

竹ん芸2015の日程と時間は?みどころは?最新情報はココ!

あなたは竹ん芸(たけんげい)というのを知っていますか? 消防出初式のはしごのりの原型ともされている

記事を読む

お城 桜 名所

お城と桜を堪能できる名所まとめ!最新おすすめスポット一挙紹介!

日本の『お花見』は奈良時代にはじまったと言われています。 当時は梅が鑑賞されていましたが、平安

記事を読む

檜枝岐歌舞伎とは?2015の最新情報をお届けします!

皆さんは、檜枝岐歌舞伎って、ご存じですか? 檜枝岐歌舞伎(ひのえまたかぶき)は、福島県の桧枝岐の伝

記事を読む

松前城

ゴールデンウィークのイベント。北海道の穴場スポットを厳選!

お待ちかねのゴールデンウィーク! 過酷な年度末を越え、せわしない4月を過ぎて、ようやく春がやってきま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑