*

簡単なトマトの育て方。ペットボトルの使い方やプランターの選び方。

皆さんは家庭菜園ってしたことありますか?
最近ではエコやオーガニック志向が広まり、自宅の庭やベランダを使って自分の手で野菜を育てる人が増えていますね。

キュウリ、ナス、ピーマン、インゲン… ご家庭で栽培できる野菜は色々ありますが、中でも人気があるのは「トマト」です。栄養の豊富さや味は勿論ですが、真っ赤で可愛らしい見た目も人気の理由のようですね。

SPONSORED LINK

そんなトマトを美味しく、たくさん食べるにはどうすればいいの?
これからご家庭でトマトを栽培してみようとお考えの方の為に、初心者でもできる上手なトマトの育て方を調べてみました。

  • 初心者でも簡単なトマト栽培の手順
  • トマト栽培のポイントと注意点
  • 丈夫な苗を選ぶ
  • 栽培に適した土を用意する
  • 植え付けの時期を選ぶ
  • 大きくなってきたら支柱を立てる
  • 水やりは少なくする
  • わき芽を摘んで整枝する
  • 人工授粉をする
  • 追肥のタイミング
  • 収穫時の注意

上記の流れで説明していきますので、宜しくお願いします!

初心者でも簡単なトマト栽培の手順

8ab6f969dd5c65a61811f922c90a1422_s
まず、トマトの苗を植えてから実を収穫するまでの流れを簡単にまとめてみましょう。今回はベランダなどの狭いスペースでも育てやすい『ミニトマト』を例としてご説明します。

  1. 苗を植える
    苗を購入し、土に植えます。トマトは夏の野菜ですので、植える時期は4月~6月までの暖かくなってくる頃がいいでしょう。
  2. 水遣りなどの世話
    植えてからしばらくは水をやったり、支柱を立ててやって本枝が大きくなるように育てます。
  3. 整枝や病気・害虫の対策
    ある程度本枝が育ってきたら、実成りが良くなるようにわき芽を摘んで整枝したり、病気や害虫対策をします。
  4. 人工授粉を行う
    マンションの高層階などで育てる場合、虫の飛来が少ないのでなかなか受粉しないことがあります。花が咲いたら、結実できるように人工授粉をしましょう。
  5. 追肥をする
    最初の実が膨らみ始めたら様子を見つつ追肥をします。
  6. 収穫する
    実が色付いたら収穫します。

SPONSORED LINK

トマト栽培のポイントと注意点

トマトの栽培は手順も少なく簡単ですが、それぞれの作業を行う際には気を付けなければいけない点もいくつかあります。実際に栽培を始めた時に失敗しないよう、以下にあげるポイント・注意点を覚えておいてください。

丈夫な苗を選ぶ

ミニトマトは種子からでも育てられますが、初心者は苗を買った方が手間が掛からず簡単です。苗を買う際は、茎が太い・全体が濃い緑色・葉が厚くつやがある、などの点をポイントにして丈夫なものを選びましょう。

栽培に適した土を用意する

作物が元気に育つ為には、良い土が欠かせません。

ミニトマトを育てる場合、土は排水性の高い用土が適しています。また、トマトは弱アルカリ性の土を好みますので、植え付けを行う2~3週間前から最適な土を作っておきましょう。

自分で土を配合するのが難しい場合は、市販されている培養土を使いましょう。探してみればトマト専用に調整された土もあります。

植え付けの時期を選ぶ

トマトは夏の食べ物ですので、4~6月頃に植え付けをして育て始めれば丁度旬の時期に実がなります。

また、苗に一つ目の花房ができ、それが開花し始めた頃に植え付けすると、その後の成長の具合が良くなります。

大きくなってきたら支柱を立てる

苗を植えてから2~3週間もすると本枝が大きくなってきますので、倒れないように支柱を立ててあげましょう。

つぼみの出ている側の反対に立て、本枝と支柱を紐で結ぶと安定します。

水やりは少なくする

トマトは乾燥に強い作物で、逆に水を与えすぎると茎が弱ったり病気になってしまいます。水やりはできるだけ少なくし、葉っぱが乾燥して萎れ始めたらやるくらいで十分です。

また、水やりをする時は日中の暑い時間は避け、朝や夕方の涼しい時間にやるようにしましょう。

わき芽を摘んで整枝する

あまり枝が多すぎると栄養が十分に行き渡らなくなり、実付きが悪くなります。

また枝葉が茂ると日が当たらなくなったり、風通しも悪くなり病気の原因にもなります。不要なわき芽はできるだけ摘んで整枝するようにしましょう。

人工授粉をする

虫などが少なく自然での授粉が難しい環境で栽培する場合は、人工的に授粉をしてやる必要があります。

特に一番花(その苗で一番最初に咲いた花)は大切なものなので、しっかりと授粉させて実になるようにしましょう。

人工授粉の方法は、茎を指で弾いたり、軽く叩いて花粉を飛ばしてやるだけでいいので簡単です。

追肥のタイミング

追肥は最初の実が膨らみ始めてから行います。

あまり早くから追肥すると実がつきにくくなるので注意して下さい。最初の追肥の後は、実を収穫しつつ数週間置きに追肥します。あまり栄養を与えすぎても良くないので、様子を見て控えめに与えるようにしましょう。

収穫時の注意

実が赤く色付いてきたら収穫できます。収穫する時は必ず一粒ごとに、ヘタの上を切って採るようにしましょう。

ff5714750adc694708626aa328837505_s

自家製トマトで家庭菜園デビュー!

水のやり方など色々と気を遣うところもあり、育てるのが難しいと感じられた方もいるかもしれませんが、逆に考えると、トマトはこまめに水をやったりするのが苦手な人でも気軽に栽培できる野菜なんです。

今まで野菜を育ててみたいと思っても尻込みしてなかなかできなかった…なんて方も、まずは育てやすいトマトから、家庭菜園デビューしてみてはいかがでしょうか?

SPONSORED LINK

関連記事

ホテルからの夜景

花粉症やアレルギー性鼻炎の症状と対策。薬は有効?病院は必要?

もうすぐ花粉症やアレルギー鼻炎に悩まされる方が多くなってくる時期ですね。 花粉症は毎年ニュースで取り

記事を読む

42163cd4598a37f2f656e0421beb0134_s

ペアリングのブランド。社会人におすすめの人気ランキングはココ!

「ペアリング」をもらって嬉しくない女子なんているんでしょうか? 世間の男性の方々、そんな女子は

記事を読む

ガクアジサイ

紫陽花の育て方を解説!病気や毒の見分け方は?剪定や挿し木の方法。

紫陽花と書いてアジサイ。その名のとおり紫の陽だまりのような、きれいな花ですよね。梅雨どきの暗い庭に紫

記事を読む

塩対応とは?由来は?超わかりやすく解説!

塩顏・醤油顏・ソース顏・・・最近調味料を使って 顔や仕草などを表現するのが流行っていますね。 「ソー

記事を読む

ミサンガを足首にする意味とは?知って得する手首との組み合わせ方。

「お守り」として知られるミサンガ。学生時代はよく流行りませんでしたか?私の高校でも先輩が部活を引退す

記事を読む

イルミネーション 屋外

屋外でイルミネーション。電源やコンセントの注意点まとめ

観光スポットなどで見かけるイルミネーション。暗闇の中で輝く光、幻想的できれいですよね!また、家庭用の

記事を読む

湘南ひらつか七夕まつり 日程

職場でのいじめ。困った時の相談先はどこ?

職場でいじめにあった時、一体どこに・誰に相談すればよいのでしょうか。 社会で生活するのに切っても切り

記事を読む

餅つきの由来。子ども向けに超わかりやすく説明!保育園用の簡単例文

年末年始には、あちこちで「餅つき」行事が行われます。 うちの子の保育園でも餅つきをやりましたが、その

記事を読む

お歳暮のお礼状。例文はこれでOK!ビジネス用の書き方のポイント

お歳暮の御礼状は書きましたか? 知人や親戚なら手っ取り早く電話でお礼という手もありますが、仕事関係の

記事を読む

a1380_000401

へそピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ!参考動画あり

本格的な夏が近づき、薄着になるこの季節。 シャツの裾から、チラリとへそピアスが見えたりすると、 「お

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑