*

蚊取り線香は犬に危険?効果や害を徹底調査!

暑い日が続く今日この頃。日が出ていなくてもムシムシしますよね。そんな時にやってくるのが蚊!!
外にいる時には知らぬ間に「ちくっ」寝ている時に耳元に「ぶ〜ん」

一日中私達のまとわりつくこの蚊ですが、対処法として最初に出てくるのは『蚊取り線香』ではありませんか?

「んーでも、うち犬買ってるし、煙とか出ないのもあるけどなんか不安」

今回はそんな愛犬家さんに向けて蚊取り線香の情報をお届けします!!

SPONSORED LINK

影響について

蚊取り線香

蚊取り線香やスプレーの多くはピレスロイドという蚊等をやっつける合成化合物が含まれ舞います。この煙等を多く摂取すると犬だけではなく、人間にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

なので、「場所がなんかまとまってていいからー」とゲージの横で炊いたりしてしまうと、アレルギー反応等を引き起こしてしまう可能性があるのです。

もちろんこれは煙の出る線香タイプ、電気で薬剤を散布するタイプのもの両方に言える事です。電気タイプは薬剤が見えるわけではないので近くに置きがちですが、出来れば離して使用するのがいいでしょう。

元々、蚊取り線香は花から取られる天然成分ピレトリンが使われていました。現在でもこの天然成分のみの製品が販売されており、こちらは蚊にだけ効く物なので、人間や犬に安全な物になっています。

大日本除虫菊(株)のHPはこちら

SPONSORED LINK

食べてしまったら

絶対にダメ!!本当に危険!!というわけでもなさそうです。

先に説明した通り、植物由来成分から成り立っているものはちょっとでも体が悪くなるという事はなさそう。ただ、一般的な物は科学成分も含まれるので大量摂取してしまうと危険!

でも食べてしまったら、次の事を気をつけましょう。

  • 口の中の確認。残っているのは出す。ヤケド等していないか確認する。
  • 大量に食べてしまうと中毒を起こす可能性があります。
  • 獣医への受診。蚊取り線香、パッケージを持参するのがいいでしょう。

匂いがあっても、ビスケットのようだからと食べてしまうこともあるようです。床に置くタイプではなく、ぶら下げるタイプがいいでしょう!

 

人間用と犬用の違い

犬

まず、大きく違うのは認可省の違いです。

ペット用は農林水産省。人間用は厚生労働省。

ですが認可省はちがえど、内容物はほとんどかわりません。違うところと言えばひとつの大きさ。ペット用は外で使う事が多いので13時間ももつ物があります。

また、外に火を置いておくのはやはりちょっと怖いですよね?そんな時に使えるのがゲルタイプの蚊取り線香!
有名ペットブランドのドギーマンから販売されています。
ハウスの中に入れて使っても副作用が起こらない代物で、安心して使用できます。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
犬に梅干しは大丈夫?わかりやすく調べてみました。
猫に蚊取り線香は大丈夫?効果や害を徹底調査!

犬も人間も同じ生き物!!ここまで違いが出ないとは思いませんでしたが、蚊取り線香って予想以上に安全な物という事がわかりました。

特に犬は蚊から感染するフィラリア症
予防接種は行っていてもやっぱり怖いですよね。
蚊取り線香は蚊に刺され対策に大変有効なので、上手に使用して暑い夏をわんちゃんと一緒に乗り越えましょう!!

SPONSORED LINK

関連記事

発熱イメージ

ノロウイルスの予防接種は効果なし?費用は?他に効果的な対策は?

段々と、秋~冬にかけて湿度が下がり乾燥してくる時期となりましたね。 この時期からインフルエンザやノ

記事を読む

犬 夏バテ 対策 食事

犬の夏バテ対策はココ!!知っておくべき食事とは?

ここ最近の日本の夏はとにかく暑い! 夏バテや熱中症にかかってしまう人も年々増加しており、しっか

記事を読む

血液検査のCK。高い?低い?基準値は?大人と子供の違いはある?

血液検査項目の中に、CKという表記がありますが、一体これは何を表すものなのか、結果の数値を見ただけで

記事を読む

ウイルス性胃腸炎の潜伏期間は?空気感染でうつる?原因と予防対策。

あなたはウイルス性胃腸炎ってご存知ですか? 実は私は先日、胃腸風邪にやられて寝込みました。 思った以

記事を読む

はちみつ

喉が痛い時の食事。飲み物や食べ物はどうすべき?薬は何を選ぶ?

風邪を引いたときにつらい症状として発熱や頭痛、鼻水やくしゃみなどがありますが、喉の痛みは病気中の食事

記事を読む

c406109b82932d1027bd62a3d844a2b8_s

冷え性が妊娠確率に影響する?子宮を冷やすと危険?原因と改善策。

女性で冷え性の人、多いです。私もそのうちの一人です。冬が始まると手足が冷え切って、どうにも辛いですよ

記事を読む

イラスト1

膝の痛み。ランニングは危険?故障前の注意点まとめ!

手軽な運動として、ランニングはとても人気なスポーツです。 運動不足を感じたときに、「とりあえず

記事を読む

(はじめに)鼻毛

鼻毛に白髪は病気の危険あり?!真相を調べてみました。

若い頃には絶対になかった鼻毛の白髪。いつの頃から鼻毛に白髪が混じっているのに気が付きましたか。 『

記事を読む

a0006_001002

赤ちゃんの鼻づまり。グズって寝れない夜に有効な原因と対策まとめ

小さい赤ちゃんはよく風邪をひいたり、熱を出したりします。特に呼吸がしにくく苦しそうにしているのが、鼻

記事を読む

5b70fd2fc5ffe8189c636121ee5b2468_m

耳たぶのしこりが痛い原因。ピアスは危険?トラブル対処法まとめ

「あれ? これなんだろう?」 いつのまにか耳たぶにしこりができていることに気づきました。小さく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑