*

秋田竿燈まつりの場所は?2015最新情報はココ!!

皆さんは、秋田竿燈まつりって、ご存じですか?
このお祭りの原点となる「ねぶりながし」については、
もっとも古い文献の中では、寛政元年(1789年)に行われていることが
記されています。

そして、このお祭りは、重要無形民俗文化財に指定されています。

青森のねぶた祭り、仙台の七夕祭りと並び、東北三大祭りの1つともされています。

東北の夏を彩る大きなお祭りは沢山ありますが、
この竿燈まつりも壮大な夏のお祭りの1つなのです。

秋田竿燈まつりを知らない方、まだ行った事の無い方のために、
詳しい内容を調べてみましたので、ご紹介いたします。

SPONSORED LINK

日程 場所 アクセス

写真1

平成27年度の秋田竿燈まつりの日程と場所、会場へのアクセスは以下の通りです。

日程:平成27年8月3日(月)から8月6日(木)
場所:昼竿燈 エリアなかいち にぎわい広場
夜竿燈 竿燈大通り

夜の本番では、多くの町内や企業が参加し、270本以上の竿燈に灯が灯ります。
夜の竿燈は、まるで沢山の稲穂に灯が灯っているようです。

終了後は、ふれいあ竿燈では、竿燈を持ったり、記念撮影なども
出来る時間があるので、身近に感じることができますね。

お祭りの様子を知りたい方は、以下の動画を参考にしてください。

駐車場情報

駐車場は下記の場所に用意されています。

  1. 秋田県立体育館  140台
  2. 裁判合同庁舎   100台
  3. 秋田地方法務合同庁舎  30台
  4. 秋田地方合同庁舎    81台
  5. 秋田県庁     280台
  6. 秋田地方総合庁舎 70台
  7. 秋田県庁第二庁舎 60台
  8. 多目的グラウンド南側 70台

会場は秋田駅周辺のため、駅前の公共の施設の駐車場を使用することが出来ます。
バス専用の駐車場は別に用意されているので、一般車用も十分な数が用意されています。

SPONSORED LINK

歴史について

竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払うねぶり流しの行事です。
宝暦年間には、その原型となるものが出来ていたそうです。

寛政元年の文献にもねぶり流しが紹介されるほど、この祭りは、
秋田の歴史・風俗として伝えられています。

長い竿を十文字構え、それに数多くの灯火をつけ、
太鼓を打ちながら街を練り歩きます。

ねぶり流しとは、五穀豊穣や技芸上達を願って、
七夕と陰暦のお盆を迎えるための一連の行事でもあります。

長いお祭りの歴史の中で、現在は、厄除け、みそぎ、五穀豊穣などを
願う竿燈の形が出来上がってきました。

お祭りの歴史について知りたい方はこちらの動画をご覧ください。

 

みどころ

竿燈まつりのみどころは以下の通りです。

  1. 大中小と様々な大きさの竿燈。
    大若:重 50㎏ 長12m 提灯46個
    中若:重 30㎏ 長9m 提灯46個
    小若:重 15㎏ 長7m 提灯24個
    幼若:重 5㎏ 長5m 提灯24個
  2. 卓越した技の数々。
    5つの基本技(流し・平手・額・肩・腰)があり、それぞれの場所に乗せ、バランス
    を取ります。
    熟練者は、扇や和傘を持ったり、一本歯(天狗下駄)を履いて、これらの技を行う
    者もいます。
  3. 竿燈妙義会。
    竿燈や囃子の技術を保存されるために妙義会が行われています。
    基本演技が忠実に、安定して行えているかを競います。
    団体戦・個人戦があります。

熟練者たちの技の競い合いは、必見ですね。
これらの伝統文化を残すための妙義会も応援に熱が入りそうです。

おまつりの様子を知りたい方はこちらの動画をご覧ください。

 

穴場スポット

お祭りを楽しむスポットは下記の通りです。

  1. 秋田駅から広小路を進むと竿燈妙技会会場となる「エリアなかいち」
    雨天の場合は「秋田市立体育館」になります。
  2. 山王大通りが夜のメイン会場になります。
    竿燈が続々と集まる市役所前辺りは見所です。
  3. 山王十字路から二丁目橋までは有料の観覧席が設けられています。
    A席2100円から1枡(6名まで)2000円まで。
  4. 秋田ニューシティー跡地では、グルメフェスティバルも開催しています。

いかがでしたか?
昼も夜も楽しめる秋田竿燈まつり。
伝統ある技を堪能し、ライトアップされた力強い提灯を担ぐ様は、
圧倒されることでしょう。

是非、今年は、東北三大祭りのひとつである
秋田竿燈まつりへ行ってみてはいかがでしょうか?

SPONSORED LINK

関連記事

P130001

東京で花見2016!見頃の時期は?絶対行きたいおすすめの場所!

忙しない東京でも唯一季節を感じ楽しめるといえば春。 そして春といえば桜!桜といえば花見ですね!

記事を読む

清水みなと祭りの日程は?2015の最新情報はココ!!

皆さんは、清水みなと祭りって、ご存じですか? このお祭りは、今年で67回目を迎えるお祭りです。 毎

記事を読む

a0960_003793

東京のうさぎカフェ。おすすめの超人気3店舗はココ!動画あり。

動物は大好きだけど、東京ではちょっと一緒に暮らしにくい、だけどどうしてもモフモフしたい! 癒されたい

記事を読む

a67f71dd7dbef592abbe6cd6889a763d_s

京都の花見2016!名所ランキング紹介!アクセスや駐車場、動画まで。

今年も花見の季節がやってきました。 花見と言えばやはり京都!という人も多いのでは? 京都では

記事を読む

大阪 厄年 厄払い

大阪で厄払い。効果絶大で有名な人気の神社5選!動画付きで紹介。

日本には古くから厄年という考え方があります。この厄年とは一般的に災厄に遭いやすいといわれる年齢です。

記事を読む

a1020_000139

2015年の鉄道の日はいつ?記念切符の買い方は?最新情報はココ!!

突然ですが、鉄道の日ってご存知ですか?普段、通勤や通学などで電車を使っている方なら、なんとなく聞いた

記事を読む

滋賀 栗拾い

滋賀で栗拾いに行くならココ!家族で行けるオススメスポット紹介!

長い休みは自然の中で子供たちと一緒に遊びたいですよね。 キャンプや果物狩りなど日頃、自然に触れる事

記事を読む

オギノパンの工場見学に行こう!場所は?口コミは?詳細はココ!

突然ですが、オギノパンってご存知ですか? パンはわかるけど、オギノっていったい?って感じでしょうか

記事を読む

a1620_000129

山梨でぶどう狩り!2015人気おすすめスポットはココ!

皆さん、ぶどうは好きですか?ぶどう狩りに行ったことはありますか?フルーツ狩りって家族や友達と行くとす

記事を読む

高崎まつりへ行こう!2015最新情報はココ!!

う~ん…なんだか最近、良いことないなぁ…。 と、お嘆きのあなた! 今年は夏の休暇を利用して、縁起

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑