*

洗濯物の色落ちを防ぐ方法&裏技を紹介!

これから夏に向けて、クローゼットの中もだんだん夏色のカラフルな洋服になってくるのではないでしょうか。
色鮮やかな洋服に包まれていると、気分も高揚しますよね。

しかし!気になるのがそのお手入れ方法

冬より汗をかくので、こまめに洗濯したいけれど…。
色落ちや色移りで、せっかくのおしゃれ着が台無しに!
という経験、ありませんか?

そんな「困った!」を解決する方法を、今回はご紹介します。

SPONSORED LINK

色落ちしやすい服の種類

a0027_002337
その前にまず、知っておいていただきたいのが、色落ちする服は安物だろうが高級品だろうが関係ないということ。

安物だから色落ちする、ということはありません。
それでは、色落ちしやすい服とはどんな服なのでしょうか?

まず、一番色落ちしやすいのが、濃い色の服だと言われています。
これはもちろん、生地に対する染料の量が多いため。
特に赤や青の色が落ちやすく、要注意です。

代表的なものがジーンズですね。
あえて色落ちを楽しんでいるジーンズファンの方もいらっしゃいますが、買ったままの姿で履き続けたいという方もいらっしゃることでしょう。

続いて、綿、麻、シルク、本革素材の服。
特に綿素材は注意が必要です。綿素材の下着やタオルなどは色落ちしにくいようですが、
濃い色の綿素材かなりの確率で色落ちするようです。

 

種類別に原因を確認

a0790_000614
では、どうして色落ちしてしまうのでしょうか?

濃い色の服は生地に対する染料が多いことをご説明しましたが、
そういった生地は『染色堅ろう度』が低い場合が多いのです。

今、耳慣れない言葉が出てきましたね。
『染色堅ろう度』とは、衣類の色の丈夫さのこと。
服は洗濯や紫外線の影響、着用時の摩擦により、退色したり変色したりします。
この色の変化が少ない服は、『染色堅ろう度』が高いといえます。

また、綿、麻、シルク、本革素材の服。
これらの共通点は全て『天然』の素材であること。

天然繊維に着色する時には、風合いを保つために、染色条件がゆるやかなことが多く
高い『染色堅ろう度』が確保しにくいのです。

また、天然繊維は化学繊維に比べて染色性が良くないことが多く、それが色落ちの原因につながるようです。

SPONSORED LINK

対策方法

a0055_000415
洗濯機に放り込んで、変わり果てた姿の服を確認した後では
もう遅いのです。事前に対策を立てましょう。

まず一番確実なのは、その服が色落ちするか否かを確認すること。

おしゃれ着用洗剤の原液をつけた白い布を、
服の目立たない部分にギュッと押し付けてみます。
白い布がうっすら染まっていたら…。その服は色落ちする証拠!

しかし、色落ちしてしまう服だとわかったところで、洗いたい気持ちは変わりませんよね。
そんな時は服を裏返して洗ってみましょう。
裏返すことで、服の表面を直接的に摩擦することを防ぐことができます。

また、おしゃれ着用洗剤など、適切な洗剤を使いましょう。
それでも心配な場合は、中性洗剤を使うのもおすすめです。
しかし、衣類の汚れはたいてい酸性の場合が多いので、若干落ちにくくなります。

ついでに洗濯時の色移り対策もご説明しておくと、たっぷりの水ですばやく洗うことがポイント。

色移りは衣類同士の接触で起こるものではなく、水に溶けた染料が他の衣類に移ることで起こります。
なので、水量が少ないほど色移りしやすくなるのです。

 

色落ちを防ぐ裏技

大切な自分の服を守りたい!
そんなおしゃれさんの為に、さらに色落ちを防ぐ裏技を伝授します。

洗濯の際に、塩を大さじ2杯程度入れる
塩に含まれるマグネシウムやカルシウムが染料と結合して、安定することで色落ちしにくくなるとか。

洗濯の際に、酢を100cc程度入れる
酢には色をとめておく効果があるそうです。
またふっくらと仕上げる柔軟材のような効果も期待できるとのこと。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
洗濯機のドラム式と縦型の違い。使い勝手は?水道代は?徹底調査!
洗濯物の生乾き。臭い匂いの消臭対策まとめ!超有効な予防方法とは?
帽子の洗濯はどうすれば良い?種類別に洗い方を解説!!
麦わら帽子の洗濯方法は?詳細を調べてみました。

さぁ、これで洗濯の悩みも解消ですね!
今年の夏はカラフルな服で、めいっぱいおしゃれを楽しみましょう!

SPONSORED LINK

関連記事

さんま 塩焼き 内臓

さんまの塩焼き。内臓は食べられる?食べ方は?寄生虫の危険は?

秋刀魚(あきのさかな)と書いてサンマと読む。そんな季節の訪れを感じさせてくれる日本人ならではの和食の

記事を読む

彼岸花はいつ開花する?2015最新情報をお届けします!

「あきらめ」、「悲しい思い出」、「想うはあなた一人」。 この少し寂しい雰囲気漂う言葉は、彼岸花の花言

記事を読む

静電気除去グッズ。口コミで話題?安価で効果抜群のオススメ紹介!

冬になると憂鬱なのは静電気。髪の毛はぼさぼさ、スカートはまとわりつく。 ちょっとしたところで、バチっ

記事を読む

太陽

帽子の洗濯はどうすれば良い?種類別に洗い方を解説!!

皆さんは、普段帽子をかぶりますか? 私は、冬はニット系のもの、夏は麦わら系などをよくかぶります。

記事を読む

キスマークの付け方。女性でも超簡単に出来るコツ!動画解説あり。

あなたはキスマークをつけたり、つけられたりしたことがありますか?場所によっては、こんなとこにつけない

記事を読む

d9a11a92b519a59d3a0cac9177a3173c_s

【超簡単】窓の結露を防止する方法とは?サッシやペアガラスの対策術

冬になると、どうしても気になってしまうので窓の結露じゃありませんか? 私の家でも、窓という窓は

記事を読む

鍵屋 玉屋 花火

花火の掛け声はなぜ「鍵屋」と「玉屋」?解説します。

質問です! 「た~まや~!」、「か~ぎや~!」と聞いて何を思い浮かべますか? この質問に

記事を読む

218385

だるまの色の意味とは?みんなが知らない赤い理由と目の真相。

お正月というと、何が思い浮かびますか? 私は、買ったこともないのにだるまが頭の中に浮かびます。選挙と

記事を読む

白封筒

キラキラネームは改名が出来る?方法は?具体的に解説。

今やどこに行っても珍しくなくなってきた『キラキラネーム』。 キラキラネームとは、パッと見で読めないよ

記事を読む

a0001_017114

男の子の名前。漢字一文字で迷ったらコレ!流行と定番を一挙紹介。

名前って、一生のものですし、その子の一生を左右すると思うと少し慎重になってしまいますよね。最近はキラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑