*

放生会を見たい!2015最新情報をどこよりも詳しく紹介!

突然ですがクイズです。
「筥崎宮放生会」これ、何と読むかわかりますか?
(ちなみに私は読めませんでした)

正解は「はこざきぐうほうじょうや」です。
後ろ三文字を「ほうじょうえ」と読んだあなたは非常に惜しい!
通常の読み方なら「え」でいいのですが、
筥崎宮に限定されている場合、最後は「や」となります。

と、言うことで、ここでは筥崎宮放生会の
2015年最新情報をご紹介します!

「最新情報と言われても、そもそも放生会って
何のことだかわからないよ」という方に、ここで簡単にご説明。

一言で言えば、筥崎宮放生会は、福岡県で開かれる
秋のお祭りのことです。

放生会とは、仏教の「不殺生戒」という、生き物を無闇に殺しちゃダメだよ、
という教えに習って行われる神事のことなのですが、
筥崎宮で行われる放生会は、それと同時に秋の豊穣を感謝する
お祭りでもあります。

現在では、神事というよりお祭りとしての意味合いが強く、
毎年何と150万人以上もの人が訪れる、福岡を代表するお祭りなのです。

5月の博多どんたく港まつり、7月の博多祇園山笠と並び、博多三大祭りとも
称されています。
さあ、先ほどとは違って今度は興味が沸いた方もいるのではないでしょうか?
では改めて、筥崎宮放生会の2015年最新情報を一緒に見ていきましょう!

SPONSORED LINK

日程 場所 アクセス

稲穂
開催日程はこちら。

2015年9月12日(土)~18日(金)

開催期間はたっぷり1週間あります。

日程は毎年9月12日~18日と決まっていて、2015年のカレンダーだと
12日は週末の土曜日にあたりますので、初日から盛り上がること請け合いです。

場所・会場は、名前の通り福岡県にある筥崎宮です。
これだけの人出を迎え入れるだけあって、筥崎宮の境内は中々に広いです。

続いてアクセス。
車で来られる場合
福岡都市高速の東浜I.Cから国道3号経由でおよそ10分。
駐車場は、筥崎宮の参道に入る大鳥居の周辺に筥崎宮専用の
有料駐車場が5箇所ほどがありますので、そこが利用できます。

ですが冒頭でもお話した通り、1週間合計とはいえ計150万人を超える人出が
あるお祭りですので、当然、開催期間中は大変混雑します。

有料でも駐車場はすぐに埋まってしまうどころか、周辺にあるコンビニの駐車場
でさえ奪い合いになりますので、近場での駐車はあまり期待しない方が
いいかもしれません。
(周辺コンビニの駐車場を利用するのは、マナー的にも問題なのでやめましょう)。

多少歩くことになっても、電車で一つ隣の吉塚駅周辺の駐車場を
利用するなど、少し遠方で探したほうがかえって早く来場
できるかもしれません。

電車を使う場合のアクセスは、次の二通りあります。

  • 福岡市営地下鉄の箱崎宮前駅を下車、1番出口から徒歩3分
  • JR鹿児島本線の箱崎駅を下車、徒歩8分

余談ですが、箱崎駅の「箱」の字は、「筥」の誤字ではありません。
また、この「箱」違いは駅だけに限らず、筥崎宮のある地名も
また「箱」崎と表記します。
その理由は、筥崎宮が祀る筥崎八幡神に対し、同じ名前を使うのは
恐れ多いから、ということのようです。なんとも珍しい話ですよね。

SPONSORED LINK

歴史について

放生会の歴史は相当に古く、延喜19年(919年)から始まったと
言われています。実に1,000年以上続いているということになりますね。

江戸時代には、当時の福岡の藩主であり、あの黒田官兵衛でも有名な黒田家の
心の拠り所となっていたこともあり、一層の盛り上がりを見せたそうです。

明治時代には、明治新政府により出された神仏判然令(いわゆる神仏分離)により、
放生会は「仲秋会」と、その名を改められたことがありましたが、
地元の人々は以前通り「ほうじょうや」と呼び続け、それに応える形で、
戦後にふたたび「放生会」と呼ばれるようになりました。

 

みどころ

露店
筥崎宮放生会の最大の魅力は露店です。
お祭りなら露店なんて珍しくもありませんが、筥崎宮放生会の露店は規模が違います!

境内を貫く参道沿いには、西日本屈指となる、およそ700軒もの露店が立ち並ぶのです!
実際の様子はこちら。

焼きそば、たこ焼き、綿菓子などの定番はもちろん、射的や輪投げなどの
昭和を感じさせるような古き良き露店、更にはお化け屋敷や見世物小屋など、
かなり珍しいものも出店します。

また、箱崎にはショウガ農家が多く、9月がちょうど収穫期と重なる関係で、
新ショウガを売る店も多数あるのが特徴だったりもします。

 

穴場スポット

穴場スポット、と言うべきか難しいところですが、先ほども触れた
見世物小屋は中々面白いです。

100人入れるかどうかくらいのスペースで、ステージの上にはマイクを
持った司会者らしき人がいます。

そして“見世物”となる怪奇生物が登場するのですが、いわゆる本物ではなく、
仮装のようなものです。

ちなみに2013年の見世物小屋では、「狼女」、「首狩族」、「アマゾネス」などが
登場したようで、その年によってラインナップは変わるので
2015年はどのような見世物が出てくるかを見に行ってみるのも
面白いと思います。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
放生会の「おはじき」って何?販売価格は?詳細をチェック!

いかがでしたか?古くから愛され続け、多くの人が訪れるのには、
やはり相応の理由があります。

ここ数年の9月中旬は、秋の豊穣を祝うにはまだまだ残暑が厳しい時期ですが、
2015年はこのお祭りで思いっきり遊び、遠い歴史に思いを馳せながら、
秋の訪れを感じてみてはいかがでしょう。

SPONSORED LINK

関連記事

グッドコミックシティ22へ行こう!2015最新情報はココでチェック!!

今、若い世代を中心にマイノリティからマジョリティへと、その勢力を拡大しつつあるのが、いわゆる「オタク

記事を読む

大船渡まつり2015へ行こう!詳細はコチラ!!

今回は大船渡夏祭りをご紹介します。 岩手県大船渡市は東日本大震災津波被災地の一つ。2014/9/3

記事を読む

秋葉原

アニマックスカフェの楽しみ方!営業時間と場所は?徹底紹介!!

子供の頃、見たいテレビと言えばもっぱらアニメ。親が見るニュース番組などは退屈以外の何者でもなく、「ず

記事を読む

ぶどう棚

愛知でぶどう狩り!おすすめは?時期は?2015最新情報をお届け!

愛知県はあまり知られていないかもしれませんが、実は果物の生産が盛んで、ぶどうの中でも「巨峰」は全国生

記事を読む

ふくろ祭りへ行こう!2015最新情報をどこよりも詳しく紹介!!

ふくろ祭りを知っていますか。 普段は買い物等で賑わう池袋ですが、このふくろ祭りの2日間は 音楽と踊り

記事を読む

55088c64033a82517e38ebea582b03e7_s

神奈川で花見!オススメの公園ランキング!場所選びに役立つ動画あり

冬も終わり寒空に浮かぶ桜の枝にはいつの間にか蕾を持ち、桜の開花を示すようなそんな時期。桜の季節といえ

記事を読む

fddaf3f77f41999ee4eb5e9fbbc1a5e5_s

こどもの日のイベント2016!東京の超人気おでかけスポットを紹介!

小さなお子さんをお持ちのお父さんお母さん、今年のゴールデンウィークの予定はもう決まっていますか?

記事を読む

天の川イルミネーション

夏のイルミネーション!関東の穴場スポットはココ!!

恋人たちの夜を、ロマンチックに演出してくれるものといえば、イルミネーションですよね。まるで地上に星空

記事を読む

a0726_000194

関西の初日の出2016。意外と知らない大阪・京都の穴場スポット!

そろそろ涼しくなってきて、季節は秋から冬へ向かうと、もう年末!?なんて1年って早いんでしょう。初日の

記事を読む

小型犬 抜け毛

かまぼこ博物館に行こう!体験は無料?口コミは?詳細はココ!

おせちやうどん、お寿司やお吸い物などなど、様々な日本料理に欠かせないかまぼこ。 たとえ目立たなくても

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑