*

うるま市エイサー祭り!2015最新情報はココ!動画あり

夏と言えば旅行のシーズン!!

暑さをしのぐ為に避暑地に赴いたり、反対に暑さを楽しむ為に
南国に行ったり。楽しみ方は人それぞれですよね?!

今回は9月に沖縄で行われる『うるま市エイサー祭り』を紹介します!

ちょっと遅めの夏休みを取って楽しみたいお祭りとはこれいかに!!

SPONSORED LINK

日程、場所、アクセスは?

シーサー

前夜祭
2015/9/11 18:30-21:00


うるま市役所本庁舎周辺(予定)

本まつり
2015/9/12-13 16:00-21:00

うるま市与那城総合公園陸上競技場

うるま市役所までは那覇空港から車で約一時間です。
陸上競技場は市役所からそのまま海沿いを16分ほど走るとあります。

[沖縄自動車道「那覇I.C」→「沖縄北I.C」→県道36号線]

那覇空港から路線バスも出ています。
詳しくはこちら↓
うるま市アクセス

 

駐車場情報・交通規制について

去年の情報になりますが、前夜祭では駐車場を設けていないみたいです。
本まつりも会場周辺に一般の駐車場はなく、

  • うるま市民芸術劇場 430台
  • 海中道路ロードパーク 400台
  • 東照合田商業等施設 200台
  • うるま市商工会本所 200台
  • 平敷屋浦ヶ浜公園400台

に臨時駐車場ができ、そこから無料シャトルバスが運行されました。

会場内にある駐車場は関係者や出演者の方々の駐車場になるので
くれぐれも迷惑のないようにしましょう。
身体障害者の方が利用できる駐車場は会場周辺にあります。

また、当日海側の道は18時から22時まで交通規制が行われ
車両通行止めになるので気をつけてください。

 

歴史について

そもそも「エイサー」とはなんなのか?
それは、盆に季節に踊られる伝統芸能のこと。

始まりは1603年東北出身の袋中上人が3年間首里に滞在して浄土宗を
布教し、王家や貴族を中心に念仏が広まったのがきっかけ。

18世紀ころに托鉢等を行う「念仏にゃー(にんぶちゃー)」を招いて
先祖供養を行っていたそうです。
その当時は門付歌と念仏歌だけで踊る大変シンプルなものでした。

明治以降になると念仏を若者が代行する形で庶民の間にも広まって行く中で、
民謡等を取り入れたりして親しみやすい形へと変わりました。
戦前までは浴衣等の普段着で手ぬぐいを頭に巻くスタイルが主流でした。
一方その時期にはもう念仏にゃーの存在はほぼ消滅していたそうです。

戦後、エイサーは大きくスタイルを変えました。
1956年には全島エイサーコンクール(現・全島エイサー祭り)が始まり
それをきっかけに、派手な衣装や太鼓を使うパフォーマンスが取り入れられ、
現在ではそのスタイルが主流となっています。

また、多くの青年会が参加し青年会の活動費や地域の活動費を
集める役割も持ち、大事な観光イベントの一つとなっています。

 

みどころ

さて、エイサーとはなんなのか!!
ということがわかったところで「うるま市 エイサー祭り」のみどころです!

今回で10回目となるうるま市エイサー祭り。

うるま市は10年前[具志川市・石川氏・勝連町・与那城町]が合併してできた市。
それをきっかけに始まったのがこのお祭りで今年は10周年の
メモリアルイヤーなんですね!!

先に話した通り、エイサーとは盆の時期に行われるのですが、このお祭りでは
様々な団体が集まり披露します!

青年会はもちろん、保育園や子供会等みんなが楽しめるおまつりなんですね!
その団体数は3日間で20を超えます!!

青年会で全然雰囲気が違いますね!!
また、本まつりの二日間両日とも花火が打ち上げられます。

エイサーを見て高ぶった心をさらに盛り上げてくれる花火も要チェックです!!
各日ともに入場無料で参加する事が出来ます。
沖縄の暖かい空気と心に触れながら楽しんじゃいましょう!!

SPONSORED LINK

オススメスポット

エイサー太鼓
当日観覧出来る場所は芝生の上とスタンドの二つあるみたいです。
スタンドは当日係員が配置され入場制限がおこなわれるそうなので、
芝生の上がオススメです。

やっぱりこういったお祭りは目の前で味わうのがいいんですよ!!
それに踊りたくなったらスタンドじゃあちょっと邪魔ですしね・・・
また、市内各所から出店も開かれるので「こんなのあったのか!!」
という沖縄フードに出会えるかも!

いかがでしたか?

THE沖縄な三味線の音と力強い太鼓とかけ声で繰り広げられる
うるま市エイサー祭り。

青年会のエイサーの違いを見比べるもよし!!
ちびっこたちの踊りに癒されるのもよし!!

なんと、うるま市観光物産協会が発行するエイサーについての
リーフレットがwebで公開されています!

これを見てエイサーの深さを実感して楽しみましょう↓↓
うるまのエイサーありんくりん

九月のお休みは沖縄旅行で決まりだね!!

SPONSORED LINK

関連記事

ふくろ祭りへ行こう!2015最新情報をどこよりも詳しく紹介!!

ふくろ祭りを知っていますか。 普段は買い物等で賑わう池袋ですが、このふくろ祭りの2日間は 音楽と踊り

記事を読む

栗拾い 埼玉

埼玉の栗拾いならココ!2015のオススメ3選を紹介!

皆さんの身近で栗拾いに行かれる場所ご存じですか? 秋と言えば、やはり味覚の秋。 様々な果物狩

記事を読む

熊谷うちわ祭り 日程 穴場

熊谷うちわ祭に行こう!2015の日程チェック&穴場スポット紹介!

埼玉県熊谷市と言えば猛暑の本場! 夏場の最高気温はなんと40.9℃に達します。 しかし、夏の

記事を読む

帯広 平原祭り

帯広の平原祭り2015へ行こう!最新情報を詳しく紹介!!

突然ですが、「帯広の平原祭り」てご存じですか? 帯広って北海道の?って感じでしょうかね。私もよ

記事を読む

牛鬼まつり 2015

牛鬼まつり2015の花火情報はココを見よ!!

いきなりですが、私はまだ四国って行った事がないんです。 人生で一度は四国に行ってみたいなーなん

記事を読む

東大寺

いま夏のイルミネーションが凄い?関西の超オススメスポット紹介!

普段の何でもない風景を、光によって瞬く間に幻想的な世界に変えてくれるイルミネーション。クリスマスや遊

記事を読む

浴衣の女の人

宝塚観光花火大会へ行こう!2015最新情報はココでチェック!!

兵庫県宝塚市といえば!!『宝塚歌劇』ですよね?!大階段を豪華な衣装で下って行く姿はだれもが見た事があ

記事を読む

東京の大晦日イベント2015-2016まとめ!カップルや友達でチェック

1年の間でたくさんのイベントがありますが、大晦日ってなんか特別な感じしますよね。子どもの頃から夜中ま

記事を読む

川内大綱引を見に行こう!2015最新情報はココでチェック

今回は川内大綱引(せんだいおおつなひき)を紹介します。 「綱引?なんだそれ」 あなどることなかれ!

記事を読む

京都 桜 ライトアップ

京都の桜。ライトアップが絶景のおすすめ人気ランキング2016!

桜といえば京都、というくらい素晴らしい名スポットの多い京都の桜。 実は夜桜も人気で、ライトアップさ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑