*

川内大綱引を見に行こう!2015最新情報はココでチェック

今回は川内大綱引(せんだいおおつなひき)を紹介します。

「綱引?なんだそれ」
あなどることなかれ!!綱引であって綱引ではない!!
それが川内大綱引なのです!

SPONSORED LINK

日程 場所 アクセス

綱引き子供

毎年9/22に行われます。

9/22は敬老の日と秋分の日と挟まっているので国民の休日と
呼ばれ休みになります。俗にいうシルバーウィークですね。
20:20頃からメインイベントが始まるそうです。

国道三号線を川を挟んで北側の「向田地区」と
南側の「大小路地区」二カ所が開催地となり、
向田地区2回・大小路地区1回の3年サイクルで行われます。

2013年は大小路地区だったので、今年は向田地区なのではないかと
思われます。(詳細出てきませんでした> <)

電車でのアクセス
川内駅から徒歩10分
JR九州の九州新幹線・鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道線が乗り入れています。
博多駅から約1時間30分くらいです。

車でのアクセス
薩摩川内都I.C.から約10分

鹿児島空港からのアクセス
[リムジンバス鹿児島空港線]鹿児島空港駅→鹿児島中央駅 約40分
鹿児島中央駅→[九州新幹線さくら]→川内駅 約15分
鹿児島中央駅→[鹿児島本線]→川内駅 約45分

その他様々な方法でアクセスできるので観光協会のHPをチェック
観光協会アクセス詳細ページ

 

歴史について

石田三成

1600年関ヶ原の戦いに向けて士気を高める為に島津班が
始めたとされています。つまり、400年もの歴史があるんですね。

なぜ綱引なのかというと、韓国にルーツがあるといわれていて
薩摩藩の武士の階級子弟の教育法である郷中教育の中に取り入れ
根付かせて継承してきたものであるとも言われています。

武士の教育が関係しているせいかとても男気あふれるお祭りで、
それを一番感じさせるのが使用される大綱にあります。

全長365m・重さ6トンにもなり、日本一の大綱です。

この大綱当日の朝に近くにある自衛隊駐屯地の自衛隊員や建設業組合、
高校生等参加者が一丸となって10時間もかけて作って行きます。
これを『網練り』といいます。

【大綱ができるまで】

  • 100本程の小綱の束を三つつくり、「立山」や「寄せ山」と呼ばれる支柱にかける。
  • 数百人掛かりで小綱の束を足で転がしながらまとめ、中綱を作る。
  • 三本の中綱を集め中央に鉄パイプを通した「シンコ」と呼ばれる道具を入れて行きます。
  • 最後に両端に川内大綱の特徴である「ワサ」を作って完成です。

と、文字に起こすとなんだか簡単ですがなんせ巨大ですから、
10時間もかかるわけですね!

ただつくればいいわけでなく、職人の技と沢山の人の力があってこそできる一品!

SPONSORED LINK

駐車場情報・交通規制情報

祭りが提携する駐車場はないみたいです。
川内駅周辺には市営等約6件の駐車場があります。
川内駅周辺駐車場情報

当日3号線は通行止めになりますし、もの凄く込み合うので
公共交通機関を利用するのが好ましいでしょう。

 

みどころ

もちろん!綱引です!!!
通常の綱引きといえば綱にそって一列、又は二列に並んで
引き合いますよね?ですがこの川内大綱引は違います!

まずはみてください!!

どうですかこのバチバチ感!綱引きなのかこれは?何か別の競技にみえますね。

しくみはこうです。
上方(赤)下方(白)にわかれ、そして各チーム部隊分けをします。

  • 太鼓隊
    引き隊に合図をだす太鼓隊一番〜十番太鼓まであり一列に並んで太鼓を打ちます。
  • 引き隊
    太鼓に合わせて大縄にくくり付けた引き綱を引きます。
  • 押し隊
    これが川内大綱引最大の特徴。敵の陣地にぶつかり合いに行き、
    体勢を崩す部隊。
    普通の綱引じゃ御法度ですよね?
    突進して行く様は士気をあげるためから始まった
    というのもうなずける勇ましさですね。
  • ワサ隊(青ハチマキ)
    歴史の時に説明したように、川内大綱引の綱には両端にワサと呼ばれる
    輪っかがついています。
    このワサ綱が引かれて形勢が崩れた時に、中心にある「ダン木」に
    かける事によりそれ以上ひかれないという役割を果たします。
    押し隊はワサに手を出す事は出来ないので、ワサをかけたら
    体勢回復に力を出せるわけですね。

 

穴場スポット

川内大綱引を見るにあたって穴場はありません!
目の前で見てください!!
できれば押し隊が多く集まる中心部分で!

と、なると体力も使いますし終わるのが22時頃になるので
宿泊するのがいいのかなと。お腹もすくし。
そんな時に使えるのが

『ふるさと旅行券』

販売価格:10,000円
販売場所:薩摩川内市内ショップ・観光協会HP・ロッピー(7/20まで)
販売対象:薩摩川内市外の人
有効期限:平成28年1月31日
※売り切れ次第終了

これなにかっていうと、薩摩川内市内で使えるお得なチケットなんです!
一枚10,000円で13,000円分使えるチケットで、お土産屋さんはもちろん
ホテル・タクシー・フェリーなど色々な事につかえるんです!!
上手に使ってお得に川内大綱引を楽しみましょう!!

ふるさと旅行券詳細ページ

いかがでしたか?
私綱引きの常識を覆されました。凄いの一言!!
今までの400年これからの400年大事に守っていってほしいですね!
皆さんも是非間近で男達のバッチバチな闘いを感じてください!

SPONSORED LINK

関連記事

a1020_000139

2015年の鉄道の日はいつ?記念切符の買い方は?最新情報はココ!!

突然ですが、鉄道の日ってご存知ですか?普段、通勤や通学などで電車を使っている方なら、なんとなく聞いた

記事を読む

秋田竿燈まつりの場所は?2015最新情報はココ!!

皆さんは、秋田竿燈まつりって、ご存じですか? このお祭りの原点となる「ねぶりながし」については、 も

記事を読む

a1020_000139

ヤクルトの工場見学に行こう!お土産は?感想は?詳細をチェック!

皆さんは子供の頃、ヤクルトを飲んでいましたか? 私は小学生の頃は毎朝飲んでいました。 あるとき、お

記事を読む

天の川イルミネーション

夏のイルミネーション!関東の穴場スポットはココ!!

恋人たちの夜を、ロマンチックに演出してくれるものといえば、イルミネーションですよね。まるで地上に星空

記事を読む

スパコミ 2015 パンフレット

スパコミ2015のパンフレット入手方法はココを見よ!!

スパコミ2015がもうすぐ開催!! 2015年5月3日(日)、および5月4日(月)の2日間、東京ビ

記事を読む

相馬野馬追へ行こう!2015最新情報はココ!!

皆さんは、相馬野馬追って、ご存じですか? 「そうまのまおい」と読み、福島で行われる馬を追う神事・お

記事を読む

世田谷ボロ市2015-2016の日程や開催時間。おすすめ出店情報あり。

市場って、楽しいですよね。 魚市場や朝市はもちろん、ガラクタ市やフリーマーケットなど、 たくさんのモ

記事を読む

鯛まつり2015に参加しよう!最新情報はここでチェック!!

愛知県知多郡で行われる鯛まつりを知っていますか。 鯛まつりは地元の人達にとっては文化的な遺産でもあ

記事を読む

初日の出(海)

関東の初日の出2016。混雑しない快適な激アツ穴場スポット紹介!

初日の出見物。それは年明け最初のイベント。毎年私はその1年を占うつもりで、初日の出を全力で楽しむこと

記事を読む

高崎まつりへ行こう!2015最新情報はココ!!

う~ん…なんだか最近、良いことないなぁ…。 と、お嘆きのあなた! 今年は夏の休暇を利用して、縁起

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑