*

秋バラの開花時期は?オススメスポットは?超詳しく解説!

「桜といえば春、ひまわりといえば夏。では、バラといえばなんでしょう?」
これ、決してなぞなぞじゃありませんよ。普通のクイズです。
ですが、案外答えられる人は少ないのではないでしょうか。

バラといえばベルサイユ?プロポーズ?フラメンコ?
いやいや、春、夏ときているのだから季節が入るはず、
でもバラの見頃ってそういえば何時なの?
と、こんな風に考えてしまったそこのあなた!
分からないなら一緒に学びましょう。

ここでは花の女王とも称されるバラ、特に秋に咲く秋バラについて
詳しくご紹介します。

SPONSORED LINK

秋バラとは

バラ

先に、冒頭のクイズの正解をお教えしましょう。

答えは「春と夏と秋と冬」です。

なんだそれっ!と、お怒りの方もいらっしゃるかと思いますが、
苦情は受け付けませんのであしからず。
この理不尽な正解が一体どういうことなのかをご説明しましょう。

バラは開花の性質によって以下の3つに分類されます。

  • 四季咲き(開花が終わっても剪定することでまた次の花が咲く)
  • 一希咲き(春にだけ咲く)
  • 返り咲き(春以降も不定期に咲く)

ということで、四季咲きのバラであれば、春夏秋冬その開花を
楽しむことが出来るのです。
ただし、四季咲きも四季とは言うものの、あまりに気温が下がる寒い地域の
冬では休眠してしまいます。

また後ほどお話しますが、冬に関してだけは多少条件付きで、ということになります。
話は秋バラに戻って、この3つのうち、秋に花を付ける可能性があるのは
四季咲きと返り咲き

そして、通常秋バラといえば四季咲きの品種のバラのことを指します。
返り咲きの方はなにぶん不定期ですからね。

 

開花の時期

では、開花の時期についてですが、実は一概に何月頃とは言えません。
それは、暖かくなったら自然と咲いてくれる桜などとは違い、
秋バラは育てる人によって開花時期が異なるためです。

四季咲きのバラに継続して花をつけるには、剪定という、開花が終わった
古い枝を切り落とす作業が必要です。
剪定を行うことで花のつきやすい新芽が生まれ、およそ45日~60日
次の花が咲きます。
なので、開花の時期はいつ剪定を行うかで変わるということになります。

これを利用して、剪定で開花時期を調節すれば、比較的温暖な地域では
一年を通して継続的に花を咲かせることもできるというわけです。
ということで、

8月末~9月上旬までに剪定を終えておけば、
10月中旬~11月初旬に開花させて秋バラを楽しむことができます。

このように、秋バラは人の手を加えてあげることよって始めて
鑑賞できる特殊な花なのです。

ところで、ここまで読んでみてこんな疑問を持った方はいませんか?
「剪定が必要なのは分かったけど、育てるんじゃなくて
桜とかひまわりみたいに自然のままにしておいたらどうなるの?」

確かに、剪定なんてバラにとっては大きなお世話かもしれませんよね?
ですが、そうではありません。

そもそも、皆さんがバラと聞いて思い浮かぶあの花は、
自然には自生していないということをご存知でしょうか。

バラの歴史は、人の手による交配と改良の歴史でもあります。
中国やヨーロッパといった、世界各地に自生する様々な野生種を、
長い時間と手間暇をかけて交配させることで誕生したのが、
皆さんの思い浮かべるあの美しいバラであり、いわば園芸用の品種なのです。

そうして作られたバラは、野生種と区別して現代バラとも呼ばれます。
ちなみに、日本で野生種のバラとして有名なのはノイバラ。
ご存知の方は分かると思いますが、いわゆる一般的なバラとは
見た目がかなり違います。

つまり、秋バラには自然のままという状態が存在しないということなんですね。

秋バラの魅力

秋バラ
なぜそんな手間をかけて秋にバラを咲かせるのか。
それは、他の季節にはない秋バラならではの魅力があるからです。
春のバラと比べたときの、秋バラの魅力は大きく2つ

  • 花の色が濃く鮮やか
  • 良い香りが長く続く

秋の大きい気温差によって花の色が濃く鮮やかになるので、
例えば同じ赤でも深みと艶を感じるバラ本来の発色となります。

また、香りについては本来湿度の高い春のほうが強く出るのですが、
その分、朝の短い時間ですぐに香りが飛んでしまいます。

その点、秋の低い湿度は香りが強く出過ぎるのをおさえてくれるので、
長時間持続します。
そういう意味では、春バラより秋バラのほうが香りを楽しむことができると言えます。

SPONSORED LINK

オススメ鑑賞スポット

そんな秋バラのオススメ鑑賞スポットは、

静岡県にある「河津バルガス公園」。

フランスの庭園をモチーフに作られたこの施設。
一足踏み入れればそこはまさにフランス。
日本とは思えない異国情緒が漂います。

バラ園も本格的で、公園内ではなんと約1,100品種6,000株もの
バラが出迎えてくれます。

秋バラは10月~11月下旬が見頃ということですので、
是非一度遊びに行ってもらいたいと思います。

★地図はこちら

バラの歴史は、人の手による交配と改良の歴史と言いましたが、
実は四季咲きという特性も、この交配の歴史の中で生まれたものです。

秋に咲く美しいバラが楽しめるのも、長い歴史と先人たちの苦労があってこそ。
そう考えると、より一層秋バラが綺麗に見えてくるから不思議ですね。

SPONSORED LINK

関連記事

オギノパンの工場見学に行こう!場所は?口コミは?詳細はココ!

突然ですが、オギノパンってご存知ですか? パンはわかるけど、オギノっていったい?って感じでしょうか

記事を読む

P130001

東京で花見2016!見頃の時期は?絶対行きたいおすすめの場所!

忙しない東京でも唯一季節を感じ楽しめるといえば春。 そして春といえば桜!桜といえば花見ですね!

記事を読む

ほうらい祭り2015の日程は?交通規制は?最新情報はココ!

「造り物(つくりもん)」と呼ばれる巨大な人形神輿を担ぎ、 街を練り歩く「ほうらい祭り」。 古い歴史

記事を読む

祭り

伊勢まつり2015の駐車場は?交通規制は?パレード動画あり

さぁ、秋祭りの季節がやってまいりました! どこに行こうかな秋祭り? どうせ行くなら、楽しくなくっち

記事を読む

チーズ2

チーズフェスタ2015とは?チー1グランプリって?歴史や概要をチェック!

突然ですが、チーズ、美味しいですよね!温めてとろ~りフォンデュやピザのチーズ・・が好き、いやいや噛み

記事を読む

東京で見られる桜の名所ランキング2016版!地図、動画あり

街並みでみられる桜もいいけれどせっかくならばお花見の名所に足を運んでたくさんの桜の中を散歩するのもい

記事を読む

江差追分全国大会へ行こう!2015最新情報を紹介!!

皆さんは、江差追分全国大会って、ご存じですか? 江差追分とは、「えさしおいわけ」と読み、北海道の民

記事を読む

富山,秋,大収穫祭,2015

富山の秋の大収穫祭2015に行こう!最新情報&動画はココ!

お祭りのシーズンと言えば夏が定番。 ですが、農村地帯などでは作物が収穫される秋こそがお祭りシーズン

記事を読む

わっしょい百万夏まつりに行こう!2015最新情報が満載!!

夏になると皆が心待ちにする夏祭りが全国で開催されます。 そんな中、「わっしょい百万夏祭り」と題した

記事を読む

清水みなと祭りの日程は?2015の最新情報はココ!!

皆さんは、清水みなと祭りって、ご存じですか? このお祭りは、今年で67回目を迎えるお祭りです。 毎

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑