*

男の浴衣は左前が正しい?わかりやすく解説!参考動画あり!

夏は花火を見に浴衣を着る機会が多くなります。
浴衣は女性というイメージが強いかもしれませんが、
男性の浴衣色っぽくて素敵です。

しかし、浴衣の着方で時々間違っている人を見かけます。
それは温泉や旅行に行って浴衣を来ている男性の胸元です。
浴衣の襟を男性はどちらが前にするのが正しいのでしょうか。

今年の花火大会には甚平もいいですが、浴衣をパリっと
正しく着付けて、彼女を驚かせてみませんか。

SPONSORED LINK

浴衣の歴史・由来

男性の浴衣

浴衣という言葉の由来は、もともと湯帷子(ゆかたびら)が語源です。
湯帷子というのは平安時代、貴族の人達が蒸し風呂に入る際に
裸の上に着た麻の単衣の事です。
それが江戸時代初期ごろには浴衣という言葉に変わり、
庶民の間でも盆踊りなどの際に着るようになりました。

庶民の間でも浴衣を着るようになってから、肌触りがいい事から
寝間着として子供から大人までみんなが着るようになったのです。
浴衣は古くから日本人には馴染みの深いものとなりました。

昔は紺や蒼などが主流でしたが、近年ではカラフルな浴衣が増えて、
また形も個性的な着付けとなり親しまれています。

しかし、カラフルな浴衣が増えるにつれて、やはり紺色などの
落ち着いた色が清楚だと好む人もたくさんいます。

ちなみに、なぜ昔は紺色の浴衣が多かったのかというと、
浴衣を紺色に染める際に使われる藍の匂いを虫が嫌って
寄って来ないからと言われています。

昔の人達はオシャレだけでなく、そういった生活の知恵
浴衣に取り入れていたのです。

 

どちらが正しい?

浴衣男女
いつも来ている洋服のボタンは、男性と女性とでは逆に付いています。
男性であればボタンは右についており、女性はボタンが左についています。
それはボタンを閉めた際に、男性は左側が上に、
女性は右側が上にくるような作りになっています。
では、浴衣はどちらが上にくるように着ればいいのでしょうか。

【男性の浴衣の着付け方】

  1. 下に肌襦袢を着ます。(着なくても問題はない)
  2. 浴衣を羽織り、両手で浴衣の端を持つ。
  3. 右手に持った端をお腹に当てます。
  4. 次に左手に持った端を上に合わせます。
  5. 腰紐で結びます。

という事で、男性の正しい浴衣の合わせ方は左が前になります。
ちなみに女性も左が上前で、浴衣だけでなく着物も同じです。
男性も女性もピシっと浴衣を着付けられていると、とても美しいですね。
シワが寄らないようにパリっと着こなしましょう。

 

左前が正しい理由

着物や浴衣の衿合わせが右手側が先、左手側が後に合わせると
決まったのは養老3年(719年)という昔のことでした。
元正天皇が発令した衣服令(右衽着装法)によって定められました。
依頼、着物や浴衣を着る際はだれもがそのように着るようになったのです。

ちなみに、左右逆の着方をするのは亡くなられた方に着せる着物だけです。
その際の着物は経帷子(きょうかたびら)と言い、
生きている間には絶対しない右が上の着方です。

時々間違ってそのように着付けてしまっている人もいるようですが、
とても恥ずかしい事ですから絶対に間違えないようにしましょう。

SPONSORED LINK

さいごに

今年の夏は男性も正しく浴衣を着付けて、かっこ良く周りの目をひいてしまいましょう。
男性の浴衣はまだまだ少ないため、ぜひ男の色っぽさを浴衣で醸しだしてみませんか。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
男の浴衣に似合う髪型はどう選ぶ?年代別オススメはコレ!
男の浴衣の柄はどう選ぶ?失敗しない選び方を解説。

不安な人は誰かに手伝ってもらうといいかもしれません。
今年の夏の花火大会やお祭りは浴衣で決まりですね。

SPONSORED LINK

関連記事

お年玉つき年賀状。当選番号の確認方法は?景品交換はどうする?

皆さんは、年賀状を書いていますか?最近は、メールやLINE、SNSなど、年中友達と近況報告をし合う機

記事を読む

お正月

浮気する女の特徴はこう見分ける!得する超簡単チェック方法!

恋愛はいくつになっても心弾む出来事ですが、浮気はいつでも恋愛に影を落とす存在です。一途な人もいれば、

記事を読む

20077c3a8663d4cb22c1073f019018ac_s

葬式のマナー。女性の正しい服装をチェック!靴や小物はどうする?

悲しいことに、突然身内や知り合いに不幸はやってきます。大人たるもの、葬式に参列しなければなら

記事を読む

入浴

手皿は下品なのか!?真相を調べてみました。

皆さんは、食事のマナーについて普段意識していますか? 自宅での日々の食事の時には、あまり意識していな

記事を読む

麦わら帽子の洗濯方法は?詳細を調べてみました。

夏!!夏と言えば暑さ対策ですね。 暑さ対策で有効なもののひとつに「帽子をかぶる」というのがありますね

記事を読む

梅まつり

梅まつり2016の詳細まとめ!日程やアクセスは?穴場スポットは?

2月から3月頃にかけて花を咲かせ、桜よりも早く私たちに春の訪れを報せてくれる『梅』。奈良時代には花見

記事を読む

ふるさと

ゴキブリとコオロギの違いを超わかりやすく解説!

さて、ジメジメする梅雨真っ盛り! 超えれば夏ですねぇ。 夏と言えばお祭りなど楽しいイメージの反面『

記事を読む

痩せる歩き方

引越し祝いの金額。いくらがマナー?相場と渡し方を超詳しく説明!

引っ越し祝いって難しいですよね。 そうそうあることでもないし、他の人がいくら包んでいるのかも分からな

記事を読む

水天宮で七五三。初穂料は?予約は?最新情報はココでチェック!

現在建て替え工事を行っていて仮宮で参拝が出来る水天宮。 水天宮といえば安産祈願ですが、七五三の祈祷

記事を読む

写真1

みかんの食べ過ぎは肌に悪い?便秘や下痢の心配は?効果効能まとめ

日本人なら、こたつにみかん が定番ですよね。こたつはなくても、みかんだけは、冬の果物として欠かせませ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑