*

男の浴衣は左前が正しい?わかりやすく解説!参考動画あり!

夏は花火を見に浴衣を着る機会が多くなります。
浴衣は女性というイメージが強いかもしれませんが、
男性の浴衣色っぽくて素敵です。

しかし、浴衣の着方で時々間違っている人を見かけます。
それは温泉や旅行に行って浴衣を来ている男性の胸元です。
浴衣の襟を男性はどちらが前にするのが正しいのでしょうか。

今年の花火大会には甚平もいいですが、浴衣をパリっと
正しく着付けて、彼女を驚かせてみませんか。

SPONSORED LINK

浴衣の歴史・由来

男性の浴衣

浴衣という言葉の由来は、もともと湯帷子(ゆかたびら)が語源です。
湯帷子というのは平安時代、貴族の人達が蒸し風呂に入る際に
裸の上に着た麻の単衣の事です。
それが江戸時代初期ごろには浴衣という言葉に変わり、
庶民の間でも盆踊りなどの際に着るようになりました。

庶民の間でも浴衣を着るようになってから、肌触りがいい事から
寝間着として子供から大人までみんなが着るようになったのです。
浴衣は古くから日本人には馴染みの深いものとなりました。

昔は紺や蒼などが主流でしたが、近年ではカラフルな浴衣が増えて、
また形も個性的な着付けとなり親しまれています。

しかし、カラフルな浴衣が増えるにつれて、やはり紺色などの
落ち着いた色が清楚だと好む人もたくさんいます。

ちなみに、なぜ昔は紺色の浴衣が多かったのかというと、
浴衣を紺色に染める際に使われる藍の匂いを虫が嫌って
寄って来ないからと言われています。

昔の人達はオシャレだけでなく、そういった生活の知恵
浴衣に取り入れていたのです。

 

どちらが正しい?

浴衣男女
いつも来ている洋服のボタンは、男性と女性とでは逆に付いています。
男性であればボタンは右についており、女性はボタンが左についています。
それはボタンを閉めた際に、男性は左側が上に、
女性は右側が上にくるような作りになっています。
では、浴衣はどちらが上にくるように着ればいいのでしょうか。

【男性の浴衣の着付け方】

  1. 下に肌襦袢を着ます。(着なくても問題はない)
  2. 浴衣を羽織り、両手で浴衣の端を持つ。
  3. 右手に持った端をお腹に当てます。
  4. 次に左手に持った端を上に合わせます。
  5. 腰紐で結びます。

という事で、男性の正しい浴衣の合わせ方は左が前になります。
ちなみに女性も左が上前で、浴衣だけでなく着物も同じです。
男性も女性もピシっと浴衣を着付けられていると、とても美しいですね。
シワが寄らないようにパリっと着こなしましょう。

 

左前が正しい理由

着物や浴衣の衿合わせが右手側が先、左手側が後に合わせると
決まったのは養老3年(719年)という昔のことでした。
元正天皇が発令した衣服令(右衽着装法)によって定められました。
依頼、着物や浴衣を着る際はだれもがそのように着るようになったのです。

ちなみに、左右逆の着方をするのは亡くなられた方に着せる着物だけです。
その際の着物は経帷子(きょうかたびら)と言い、
生きている間には絶対しない右が上の着方です。

時々間違ってそのように着付けてしまっている人もいるようですが、
とても恥ずかしい事ですから絶対に間違えないようにしましょう。

SPONSORED LINK

さいごに

今年の夏は男性も正しく浴衣を着付けて、かっこ良く周りの目をひいてしまいましょう。
男性の浴衣はまだまだ少ないため、ぜひ男の色っぽさを浴衣で醸しだしてみませんか。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
男の浴衣に似合う髪型はどう選ぶ?年代別オススメはコレ!
男の浴衣の柄はどう選ぶ?失敗しない選び方を解説。

不安な人は誰かに手伝ってもらうといいかもしれません。
今年の夏の花火大会やお祭りは浴衣で決まりですね。

SPONSORED LINK

関連記事

218385

だるまの色の意味とは?みんなが知らない赤い理由と目の真相。

お正月というと、何が思い浮かびますか? 私は、買ったこともないのにだるまが頭の中に浮かびます。選挙と

記事を読む

虫は痛みを感じない?熱さや冷たさは?感情は?徹底リサーチ!

虫って不思議ですよね。 動物と同じように、手も足も、目も口もありますし、飛んだり走ったりするのですが

記事を読む

夏休み 自由工作 中学生

夏休みの自由工作。中学生にオススメはコレ!動画も満載!

現在中学生の方や、中学生のお子さんをお持ちの方の悩みの一つとしてあげられるのが「夏休みの自由工作」で

記事を読む

af4d6f8bd62f59424483c0f130e91bf1_s

足の末端冷え性はこれで改善!症状別の原因と対策。運動の効果は?

気づけば寒い季節になりましたね。こんな時期、冷え性の私は辛くてたまりません。 寒い冬に寒い手足

記事を読む

男の浴衣の柄はどう選ぶ?失敗しない選び方を解説。

ここ最近、浴衣を着る男性が増えていると思いませんか? 女の子は、花火大会やお祭りで浴衣を着ることもあ

記事を読む

結婚式の余興。鉄板で盛り上がるダンスは?男性向けおすすめ選曲集!

結婚式で、新郎新婦から「忙しいのに申し訳ないんだけど……」と余興を頼まれる経験は誰にでも1度ならある

記事を読む

悩める幹事イメージ

忘年会の景品。3000円、5000円、1万円で人気のおすすめ紹介!

「じゃあ今年の忘年会の幹事は君にお願いするよ」会社の上司とかに急にこんなこと言われて困った経験はあり

記事を読む

静電気の除去方法。誰でも簡単!3つの技はコレ。

静電気・・・毎年思うのは、このパチってどうにかならないの? ドアノブを触った瞬間、車に乗る時、髪を

記事を読む

年越しそば タイミング

年越しそばはいつ食べる?夜食?夕食?正しいタイミングを調査。

年越しといえば、「年越しそば」ですよね♪ 日本人なら一度は食べたことはあるはず。 でも、年越

記事を読む

29a2afd568cbfe129f9c243abf0a4e90_s

夏バテ予防の食事や食材!解消に超効果的な食べ物を徹底紹介!

毎年夏が近づくと年々気温が上がっているそんな感じしますよね。 熱中症になり現状亡くなられている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑