*

彦根城に駐車場はある?!周辺情報を超詳しく紹介!!

ひこにゃんのキャラクターで有名な彦根は滋賀県にあります。
ひこにゃんはゆるきゃらの先駆けとして多くの人に
愛されていますが、彦根を代表するもう一つが彦根城です。

天守、彫りなども当初の状態で、さらにその保存状態が良い事から
国の特別史跡となりました。
歴史好き、城好きな人にはたまらない彦根城ですが、日本に4つしかない国宝
とされる彦根城ですから多くの人におでかけして頂きたいです。

SPONSORED LINK

場所・アクセスは?

桜田門

【場所】滋賀県彦根市金亀町1-1
【電話番号】0749-22-2742
【アクセス】JR琵琶湖線彦根駅を下車して徒歩10分程度です。
最寄りのインターは名神高速 彦根ICです。そこから約10分ほどで彦根城に着きます。
【営業時間】開城は8時半。閉城は夕方5時です。

駐車場
【駐車場】朝8時に開き、夕方6時までとなっています。1日400円で停める事ができます。
彦根城を観覧する為の料金は下記のとおりです。
【一般】600円、【小中学生】200円
彦根城博物館とセットにすると、一般は1000円、小中学生は350円になります。

 

歴史について

関が原の戦いの後、石田三成に変わって佐和山城主を務める事に
なったのが、戦いで活躍を残した井伊直政(徳川四天王の一人)です。
井伊直政の夢は佐和山城主に変わる城の建設でした。

しかし、井伊直政は関が原の戦いで負った鉄砲傷が悪化して
戦いの2年後に亡くなってしまいます。
その井伊直政の夢を叶えたいと立ち上がったのが、
直政の長男である井伊直継でした。
井伊直継は直政が亡くなった翌年から築城を開始してその4年後には
直政の夢であった彦根城が完成したのです。

彦根城が築城してから408年が経ちますが、これまでには多くの危機がありました。
1868年には明治維新が始まった事で、廃城令が発令されました。

武士の時代が終りを迎え、それに伴ってその象徴とされた全国にある
城の解体の命令が出たのです。
しかし、解体途中に大隈重信が彦根城を訪れ、その消失を惜しんで
天皇に願いでた為に彦根城は解体されずにすんだのです。

他にも地震、火災、戦争といった数々の危機を乗り越えて現代の私達が
彦根城を見る事が出来るのは奇跡に近い事なのです。

 

みどころ

彦根城の見どころは、やはりその城にまつわる歴史です。
歴史の教科書で”井伊直弼”という人物を覚えている人は
多いのではないでしょうか。

井伊直弼は幕末を生きた大名で、天皇の許しを得ずに
アメリカと不平等条約(日米修好通商条約)を結びました。
これによって開国反対派との対立が激しくなります。
そして安政の大獄が起こります。
水戸藩の家来や幕府反対派の人々を処分し、吉田松陰も
斬首刑としたのが井伊直弼その人なのです。

安政7年桜田門外の変が起こります。
井伊直弼の考えに反対する水戸藩の家来たちは、籠に乗って
桜田門にさしかかった井伊直弼を襲います。
それにより井伊直弼、その家来たちが命を落としました。

井伊直弼は命を落すまで彦根城で生涯を過ごしています。

彦根城には井伊直弼の生きた時間が刻まれているのです。
そのような事を知った上で彦根城を見学する事が、
彦根城を楽しむ最大のみどころとなるでしょう。

SPONSORED LINK

周辺オススメスポット または穴場情報

彦根城を訪れるのなら是非一緒に見て回りたいスポットは

彦根城博物館と玄宮園です。

まず彦根城へいく前に彦根城博物館へ行くことをお勧めします。
彦根城博物館には井伊直政、井伊直継、井伊直弼など井伊家の歴史が
集められています。

関が原の戦いで活躍した直政、安政の大獄を指揮した井伊直弼、
桜田門外の変など詳しくわかります。

また、彼らが愛用した朱色の甲冑、国宝の彦根屏風や、茶道具や
直筆の手紙が展示され、寝室や能舞台なども再現されています。
子供達にはひこにゃんショーもありますので楽しめるのではないでしょうか。
まずは井伊家の歴史を博物館で学んだ後に彦根城へ行く事をおすすめします。

玄宮園は彦根城に隣接していて、玄宮園からも彦根城が望めます。
その日本庭園の美しさは大きな池、回遊式庭園が美しく、
一度見たら忘れられない庭園です。
ぜひその美しさを体感して下さい。

 

さいごに

桜
彦根城は日本の歴史をずっと見守ってきた数少ないお城です。
そして彦根城だけでなく周りには歴史にまつわる素敵な文化や
お店がたくさんあります。

春には桜、秋にはもみじが綺麗に彦根城を彩ります。
ぜひ古き良き日本に触れに彦根散策に出かけてみませんか。

SPONSORED LINK

関連記事

a0002_001847

デザインフェスタ2015の日程は?入場料やチケットの入手方法をチェック!

プロ・アマ問わず、「表現したい!」を表現するアートイベント。オリジナルであれば、審査なしで誰でも参加

記事を読む

a1020_000139

ヤクルトの工場見学に行こう!お土産は?感想は?詳細をチェック!

皆さんは子供の頃、ヤクルトを飲んでいましたか? 私は小学生の頃は毎朝飲んでいました。 あるとき、お

記事を読む

愛知 栗拾い

竹ん芸2015の日程と時間は?みどころは?最新情報はココ!

あなたは竹ん芸(たけんげい)というのを知っていますか? 消防出初式のはしごのりの原型ともされている

記事を読む

文化の日イメージ

文化の日のイベントは?東京周辺の穴場スポットベスト3を紹介!

11月3日は文化の日です。個人的にはなんとなく「体育の日」の反対に位置するようなイメージを持っていま

記事を読む

大阪 桜 開花 予想

大阪の桜の開花予想2016!見頃の時期は?動画つきで穴場を紹介!

私は寒さの冬の厳しい寒さに心が折れそうになる時は「今が寒いからこそ、春に桜が咲くんだ!」と自分に言い

記事を読む

ドイツクリスマスマーケット大阪2015。開催期間や食べ物をチェック!

クリスマスと言えば、本場はヨーロッパですよね。 中でもドイツのクリスマスマーケットは世界最大のものか

記事を読む

雪印の工場見学に行こう!料金は?口コミは?チェックはココ!

雪印メグミルクと言えば、昔から牛乳をはじめ、チーズやヨーグルトなどで小さいころからお世話になっている

記事を読む

a1600_000097

挙母祭りに行こう!2015最新情報はココ!必見の動画あり

愛知県豊田市といえばトヨタ自動車の町としてその名を知られています。 恥ずかしながら、私は豊田市の車

記事を読む

川内大綱引を見に行こう!2015最新情報はココでチェック

今回は川内大綱引(せんだいおおつなひき)を紹介します。 「綱引?なんだそれ」 あなどることなかれ!

記事を読む

沖縄

ツールド沖縄2015の日程や穴場スポット。雨天決行?簡単チェック!

沖縄の風を全身に浴びて、ロードバイクで走りぬける贅沢を味わいたいと思いませんか?想像しただけで、さわ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑