*

ブタクサのアレルギー。注意すべき時期は?対策まとめ!

クシュン、ショボショボ、ズルズル・・・春が近づくと始まる花粉症の症状。
しかし、花粉症は春だけでないことをご存知でしたか?

代表的なのはスギ、ヒノキ、イネなどですが、次に多いのが実は雑草といわれる
ブタクサの花粉症だそうです。

今回は、そんな悩ましいブタクサのアレルギーについてお話していきたいと思います。

SPONSORED LINK

ブタクサとは?

sougen

ブタクサは、道路の端や空き地、河川敷などに年中生えている雑草の一種です。よく黄色くて背の高いセイタカアワダチソウと間違えられることも多いようですが、セイタカアワダチソウの花粉は大きく、虫が媒介して運ぶという点で異なります。

ブタクサの花粉は、

8月頃から飛散し始め、ピークは9月に達し、秋が深まるにつれて縮小

していきますが、関東のほうでは真冬でも飛散し続けているようですので、アレルギーを持っている方は「ブタクサの花粉症は年中ある」と思っておいてよさそうです。

 

ブタクサの対策

ブタクサの対策と言っても、花粉症予防になりますので、まずは体内に花粉を入れないように物理的に予防することが大事です。

  • マスクをする
    鼻腔への花粉が付着することを防ぐためにマスクをしましょう。
  • 花粉メガネをする
    マスクと同様、目への侵入を防ぐため、花粉メガネもお勧めです。
  • 服についた花粉を取り除く
    帰宅したら真っ先に服に付いた花粉を掃除機などで取り除き、着替えることも花粉症対策には必要です。
  • こまめに掃除をする
    外出からの帰宅や換気などで室内にも花粉が入り込みますので、掃除機で常に花粉を取り除くようにしてください。
  • 日ごろから乳酸菌を摂取する
    ヨーグルトなどの乳酸菌を日ごろから摂取し、腸内の環境を整えて免疫力をアップさせることで、花粉症やアレルギーになりにくい体を作ることができます。

SPONSORED LINK

花粉症になってしまったら

それでも、万が一、ブタクサの花粉症になってしまったら
以下のことを試してみてください。

  • 抗ヒスタミン剤配合の薬を飲む
    花粉症の発症初期に、抗ヒスタミン剤を飲むのが効果的とされています。ただし、アレルギーの症状によって飲む薬の種類も異なるため、安易に判断して市販薬などを購入せず、病院を受診してくださいね。
  • サプリメントで治す
    sapli
    サプリメントの中にはブタクサに効果があるものもあります。レモンバームが花粉症の症状を改善すると言われていますが、べにふうき茶も効果があると言われています。
    ただし、サプリメントは即効性があるものではなく、飲み続けることにより効果が表れるものですので、日々継続して飲むようにしてくださいね。
  • 舌下免疫療法を試してみる
    花粉症の治療法には、シダトレンを服用する舌下免疫治療療法があります。これは毎日続ける必要がありますが、完全に治って薬がいらなくなった方は2割、8割の方は症状が和らいだり薬を減らすことができたそうです。

    sugi
    ただし、日本ではまだこの花粉治療法はスギ花粉にのみ適用されています。
    欧米ではブタクサにも臨床例があるようですので、日本でもスギ花粉の臨床例の数が多くなればブタクサにも適用されるようになるかもしれません。
    詳しくはかかりつけの病院でお尋ねください。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
花粉症やアレルギー性鼻炎の症状と対策。薬は有効?病院は必要?
秋の花粉症対策。原因はブタクサ?薬やグッズは有効?
秋の花粉症の時期。2015はいつから注意?症状は?

最後に

ブタクサのアレルギー対策、いかがでしたか。
私の弟もブタクサのアレルギーを持っていますが、子供の頃は何もアレルギーなんて持っていなかったのに、大人になっていつの間にか発症したようで、いつもこの時期辛そうに涙ぐんでいます。

最近では花粉症に効果的なサプリや改善方法なども出てきたようですので、
本気で治したい!なら検討されてみるのもいいかもしれないですね。

SPONSORED LINK

関連記事

f47e260b5651d86f6116e42fed2502be_s

左のみぞおちの痛み。一番の原因と効果的な治療方法。何科に行く?

なんだか左にある心臓付近が痛む…、左側のみぞおちがズキズキする…。そんな症状ありませんか?心臓に近い

記事を読む

花粉症の薬。妊娠中の妊婦は危険?鉄板で効く対処法とは?

日本人は花粉症の人が多いです。特に妊婦さんは、妊娠前よりも花粉症の症状が悪化する事が多いようです。

記事を読む

ブラシ

高校生の抜け毛はどれくらい?平均は?原因と対策まとめ

抜け毛薄毛・・・それは大人の男性について回る髪の毛のアクシデント。男性ほどではありませんが、最近では

記事を読む

虫垂炎の初期症状とは?下腹部の痛みは危険?盲腸との見分け方。

「お腹が痛い!!」と腹部に激痛を感じて、想像するのは“盲腸”か“虫垂炎”ですよね。盲腸の方がメジャー

記事を読む

イラスト1

中性脂肪が低い原因。知らぬと危険?女性が注意すべき症状と改善策。

皆さんは中性脂肪が高いと良くない、ということは何となくご存知ですよね。でも、中性脂肪が低いと言ったら

記事を読む

猫に蚊取り線香は大丈夫?効果や害を徹底調査!

暑い夏が来た!!ムシムシジメジメ。実家の猫も至る所で涼んでいます。ある時はフローリングの廊下。ある時

記事を読む

秋の花粉症対策。原因はブタクサ?薬やグッズは有効?

春を耐え、夏が過ぎたと思ったらまたやってくる。 そう、あいつです。秋の花粉症。 鼻水や目のかゆみ、

記事を読む

鼻かみ

インフルエンザ検査キット。費用はいくら?陰性、陽性の見分け方。

寒くなって空気が乾燥してくると流行ってくるのがインフルエンザ。かかりはじめは風邪の症状とほぼ変わらな

記事を読む

めまい 対処法 貧血

貧血によるめまいの対処法とは?原因を知って予防をしよう!

しゃがんだ姿勢から急に立ち上がったときに、クラクラ~っとした。 ほとんどの方が、一度はこんな「めま

記事を読む

ホテルからの夜景

花粉症やアレルギー性鼻炎の症状と対策。薬は有効?病院は必要?

もうすぐ花粉症やアレルギー鼻炎に悩まされる方が多くなってくる時期ですね。 花粉症は毎年ニュースで取り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑