*

秋の花粉症対策。原因はブタクサ?薬やグッズは有効?

春を耐え、夏が過ぎたと思ったらまたやってくる。
そう、あいつです。秋の花粉症

鼻水や目のかゆみ、それに伴う様々な症状に毎年苦しめられる方も多いのではないでしょうか?仕事や学業に集中できないし、とにかく辛い!

「いっそ花粉のない世界に行きたい!大気圏を飛び出してしまいたい!」
「目がかゆい!目を取り出して洗いたいくらい!」
これは私の周りの患者さんがおっしゃっていた感想ですが、そんな様々な妄想まで飛び交ってしまうくらい辛い症状です。

この秋を快適に過ごすには、一体どうしたらいいのでしょうか?
花粉に苦しめられるその前に、是非ご一読ください!

SPONSORED LINK

秋の花粉症はなぜ起こる?

OZP86_kahunsyounokisetudesune-thumb-1000xauto-16294
そもそも、秋の花粉症は何が原因なのでしょうか。

春の花粉症といえば、スギ花粉やヒノキ花粉など大きな木の花粉が代表的ですが、秋に注意しなければならないのは背の低い草花!ブタクサ、ヨモギやカナムグラなどキク科やイネ科の花粉です。

ブタクサなどはよく言われていますが、他にも意外な草花が原因になっていたようでとても驚きですね。

特にヨモギなどは、小さい頃に摘んで傷口に塗ったり、お餅にしようと家に持ち帰ったりしていた思い出がありませんか?なんだか裏切られたような気分ですね…!なんて。

これらは春の花粉ほど飛散しませんが、野原や道端などいたるところに現れる草花です。
どうやら、思わぬところに敵はひそんでいたようです。

 

有効な対策はある?

花粉症は一度かかるとなかなか治りにくいそうですから、事前に予防することが大切です。

まず、原因となる草花に近づかないことが大切です。
春の花粉たちはもうそこらじゅうに飛散していて防ぎようがありませんが、その点秋の花粉は比較的対策しやすいようですね。

また、帰宅した際には家に入る前に衣服をよく払い、花粉を落としましょう。

 

それでも症状が出てしまった場合!

安心してください。それが初期ならば、まだ治療がしやすいようです。
ですので、できるだけ早めに自分の体調の変化に気がつけるよう気を配っておきましょう。

「放っておけば治るだろう」という考えは捨てて、できるだけ早めに医師の診断を受けるようにします。

また、花粉症は風邪の症状と似ていて紛らわしいですが、そこで鼻水をチェックするようにします。

風邪の時に出る鼻水は黄色や緑色の粘り気のある鼻水ですが、花粉症の時には無色で水っぽい鼻水が出ます。

 

薬は効くの?どこでもらえる?

それでも残念なことに、花粉症が重症化してしまうこともあるでしょう。
そんな時に有効な薬は、主に3つに分けられます。

抗ヒスタミン薬
ヒスタミンは本来多くの人の体内で作られ、適量であれば体を守ってくれる物質ですが、その分泌量が過剰になるとアレルギー疾患の原因となるとされています。

その過剰なヒスタミンを抑えるのがこの薬。
くしゃみや鼻水、目のかゆみなどがひどいときに有効な薬です。

抗アレルギー薬
ヒスタミンの発生と放出を抑えることにより症状を軽くし、さらに症状が出始めるのを遅らせることができます。ですので、花粉症の予防としても有効な薬といえます。

ステロイド
ステロイドとは、本来人体の副腎皮質で分泌されているホルモンを人工的に作り出した薬のことです。ヒスタミンによって起こった鼻や目の粘膜の炎症を鎮める効果があります。

効果はとても強力で、花粉症だけでなく多くの疾患で有効ですが、その効果の強さゆえに最後の切り札として登場することが多いようです。

 

薬の入手方法は?

ひとつは、もちろん薬局。
医師の診断を受け、処方箋を書いてもらってから貰う薬ですので、自分に合っている薬が手に入るのがメリットです。また、比較的副作用が軽いものが多いのも良い点として挙げられます。

もうひとつは、どこにでもあるドラッグストアなど。花粉症用、あるいは鼻炎用として売られている市販薬はほとんどが抗ヒスタミン薬です。

即効性が高く、また処方箋が不要なのがメリットなので、出先で急に症状がひどくなってしまった時には大変重宝するでしょう。しかし眠気が強く出るという副作用もあるので、車の運転などをする前などには不向きといえます。

SPONSORED LINK

オススメの花粉症グッズ

このように、今や世の中には大変多くの有効な薬がありますが、できたら薬に頼りたくない!という方もいらっしゃることでしょう。

そんな方のためにオススメな花粉症グッズをご紹介します。

顔にフィットする立体マスク

まず花粉症対策のテッパン、マスク。
しかし、ただのマスクではなく、鼻や頬、顎にぴったりフィットするマスクを選びましょう。

これなら隙間から花粉が入り込む心配もありません。
その上、立体型という構造は普通のマスクをする上でのデメリットも解消してくれます。

まず、立体型なので苦しくなくしゃべりやすいこと。電話を取るお仕事をする方には特に向いています。さらに女性に嬉しいのは、口紅やファンデーションがマスクに付着して落ちる心配がないことです。

こういったマスクは様々な薬局やドラッグストアで手軽に手に入りますから、使わない手はありません。

鼻洗浄ミストウォッシュ

シュッとひと吹き!チューブを鼻に差し込んで鼻洗浄をするアイテムです。鼻腔内の花粉や汚れをすっきり洗い流し、快適にします。かつてアレルギー性鼻炎だった私も、過去に大変お世話になったものです…。

しかし、鼻洗浄なんて痛そうで怖い…というイメージがありませんか?

今は肌と同じ弱酸性の洗浄液のものがありますので、大丈夫。あの頃にこれがあれば…と思っております。

花粉を鼻でブロックするクリーム

クリームを鼻の中に塗るだけ。マスクいらずのアイテムです。
高性能なフィルター成分が、鼻に侵入してこようとする花粉や汚れをブロックしてくれます。

もちろん無味無臭ですから食事の邪魔にもなりませんし、飲み薬と違って眠くならないのもポイントです。

PAK74_honyomuookawa1209-thumb-1000xauto-16385

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
花粉症やアレルギー性鼻炎の症状と対策。薬は有効?病院は必要?
秋の花粉症の時期。いつから注意?症状は?
ブタクサのアレルギー。注意すべき時期は?対策まとめ!

本来ならば、「読書の秋」「食欲の秋」など、様々な楽しみ方ができるはずの秋。

そんな過ごしやすい季節を、花粉症なんかで無駄にしてしまうのはもったいないと思いませんか?毎年悩まれていた方も諦めないでください。

今年はしっかりと対策をして、快適な秋を過ごしてください!

SPONSORED LINK

関連記事

妊婦

妊娠中の親知らず。抜歯は危険?妊婦への影響や注意点の詳細。

妊娠中に歯医者には行かなくて済むように、って言われているの知ってました? 私は知らなかったのですが、

記事を読む

めまい 対処法 貧血

貧血によるめまいの対処法とは?原因を知って予防をしよう!

しゃがんだ姿勢から急に立ち上がったときに、クラクラ~っとした。 ほとんどの方が、一度はこんな「めま

記事を読む

高温期 いつから 妊娠

高温期っていつから?妊娠を期待する前に知っておこう!

16日以上高温期が続いているなら妊娠しているかもしれない。 なんて話を聞いたことはありませんか?

記事を読む

きのこ鍋

痛風に効く食事。良いものダメなものは?オススメランキング紹介!

痛風は、かつて贅沢病と思われていた時代がありました。というのも、尿酸値を上げ痛風を起こしやすいプリン

記事を読む

ハッカ油虫除けスプレーの超簡単な作り方。効果が強いので要注意!

入浴剤やマウスウォッシュなど、さまざまな場面で使えると話題の「ハッカ油」。虫よけとしても効果的だって

記事を読む

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_s

巻き爪は病院で治すべき!?何科を選ぶ?オススメの専門外来は?

足の親指の爪が内側に入り込み、孤を描いたような状態になってしまう巻き爪。巻き爪になったばかりのころは

記事を読む

b1bd239f288f3fb8e6259196e08c2d27_s

膝の痛み。子供の場合の原因とは?一番の原因と効果的な治療方法。

もしお子さんが突然「膝が痛い」と言ってきたら、あなたはどうしますか? 私は子どもの頃バスケット

記事を読む

鼻かみ

インフルエンザ検査キット。費用はいくら?陰性、陽性の見分け方。

寒くなって空気が乾燥してくると流行ってくるのがインフルエンザ。かかりはじめは風邪の症状とほぼ変わらな

記事を読む

魚の目

足の裏の魚の目が痛い!一番の原因は?治療方法や対策を簡単チェック

私はなったことはないんですが、皆さん口を揃えて「痛い!」と言う魚の目。足の裏に出来ることが多いようで

記事を読む

イラスト2

妊婦の陰部のかゆみの原因とは?薬の効果は?超効果的な予防と対策。

女性は妊娠すると様々な身体の変化があります。今まで大丈夫だったものが、急にダメになったり、すぐに体調

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑