*

とびひの症状。発熱は?大人も感染する?対策や治療法。

夏と言えば、アウトドアなイベントが満載で気分も盛り上がる楽しい季節ですよね。

しかし!暑さで汗ダクダク、虫に刺されてイライラ、といった具合に、楽しいばかりでもありません。

SPONSORED LINK

汗疹ができたり、蚊に刺されたりで、なんだか身体中が痒い!
なんていう嫌な経験をされた方もいるのでは?

実は、そんな夏場にこそ気をつけたい病気があります。
それは「とびひ」

特に小さいこどもがかかりやすいと言われており、決してマイナーな病気ではありません。
ですが、症状の現れ方や進行の早さのせいで、いざ自分やこどもが発症すると結構ビックリします。

そこで、ここではとびひの対策や治療法をご紹介。
とびひになっても慌てずしっかりと対応できるようにここで勉強しておきましょう。

とびひの症状

細菌イメージ
まずは、とびひとは何者か、というところをおさえておきましょう。
とびひとは皮膚病の一種で、
正式な病名は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」
と言います。

黄色ブドウ球菌という細菌に感染することで発症し、
発症すると皮膚に水疱(水ぶくれ)が出来てしまいます。

そして、なんとも厄介なのが、この水ぶくれがかなりの痒みを伴う
というところ。

痒みに負けて水ぶくれを掻いてしまうと、破けたりして
黄色ブドウ球菌が手指に付着、その手で別の箇所を触ると、
そこも感染して水ぶくれになってしまう、
といった感じで、炎症がまるで“飛び火”するように
瞬く間に広がってしまうことから通称“とびひ”と呼ばれているのです。

とびひの解説動画

・とびひ(伝染性膿痂疹)のしくみ

・やさしく学ぶ-子どもの病気 とびひ

とびひは感染する?

伝染性というだけあって、炎症が起きている患部、
もしくは発症者本人に触れて原因菌もらってしまうと、
人から人へ感染する可能性があります。
とはいえ、原因となる黄色ブドウ球菌自体は、常在菌と呼ばれる
どこにでも存在するありふれた細菌です。

健康な皮膚であれば、黄色ブドウ球菌は侵入できないので、
健康状態の良い人に対しての感染リスクはそう高くありません。

感染の危険があるのは、皮膚が弱い人。

幼児_乳幼児イメージ
例えば、

  • 肌のバリア機能が弱い幼児や乳幼児、
  • アトピー性皮膚炎の人

などがそれに該当します。

また、風邪などで免疫力が低下しているときは感染しやすくなりますし、
怪我をしている場合はその傷口から感染することもあるので要注意
いずれにしても、身近な人との接触は極力避けたほうが無難です。
直接でなくとも感染の可能性がありますので、
お風呂は別々にしたり、こどもの場合プールなどには
入れないようにしましょう。
 

対策

事前の対策としては、とにもかくにも清潔を心がけることです。
こまめな手洗いはもちろん、長く伸びた爪は細菌が溜まりやすく
なってしまうので、伸ばしすぎないよう常に
短く切りそろえましょう。
しっかりと汗を拭いたり、虫除けスプレーをかけるなどして
汗疹や虫刺されを予防することも重要です。
もしなってしまっても掻き壊すのは絶対NGです。

SPONSORED LINK

治療法

では、実際にとびひになってしまった場合の治療法について。
基本的には病院でもらう抗生物質を服用して殺菌します。
原因に対して働きかける治療法となりますので、
ほとんどの場合はこの処置で完治します。

それと並行して、抗ヒスタミン薬で痒みや炎症を抑えつつ、
無意識に掻いてしまわないように、ガーゼや絆創膏で
患部を覆って、拡大を防ぐ処置が行われることもあります。

自分でも出来る治療法として、患部を石鹸などで洗って清潔にし、
しっかりと保湿するのも非常に効果的です。
そうすることで、菌の活動を弱めることができます。
ただし、洗浄だけでは不十分。
素人考えで放置していたりすると、菌が身体に入り込んで
別の病気に繋がることがあるので、病院には必ず行くように
してください。
 

さいごに

とびひは感染の可能性もある怖い病気ですが、落ち着いて
対処すれば大きな問題にはなりません。

飛び火の如く拡大する前に病院に行くのがベストなので、
少しでも疑わしいと感じた場合、特にそれがこどものときは、
早めに診てもらうようにしましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

ステロイド 副作用

ステロイドの副作用とは?筋肉や精神に及ぼす影響をチェック!

「ステロイド」という言葉はよく耳にする言葉だと思います。 このステロイドとは一体何なのでしょうか?

記事を読む

RS繧ヲ繧、繝ォ繧ケ縺ョ讀懈渊雋サ逕ィ繝サ菫晞匱蟇セ蠢彌36e12542a419c73881c08fe17da23f20_s

RSウイルスの検査。費用は?保険適応の条件は?超わかりやすく解説

もうすぐ色々なウイルスの動きが活発になる時期がやってきますね。子供を病気に感染させたくないですよね。

記事を読む

秋の花粉症の時期。2015はいつから注意?症状は?

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ…etc. これらの症状、花粉症の人は聞いただけでもムズムズし

記事を読む

24285123-白い背景の上の彼女の肘の痛みを持つ若い女

肘の痛み。内側が痛い原因!しびれの治療や失敗しない病院の選び方

最近、母が「特に何もしていないのに、手や手首を動かすと肘の内側が痛くなるのよ~。」とぼやくようになり

記事を読む

20cd476983ec22c07eb186882116e31f_s

風邪で声が出ない。原因と対処法。病院は何科?仕事に影響は?

「ある日突然声が出なくなってしまった!」そんな経験された方も少なからずはいるでしょう。特にこれからの

記事を読む

花粉症の薬。妊娠中の妊婦は危険?鉄板で効く対処法とは?

日本人は花粉症の人が多いです。特に妊婦さんは、妊娠前よりも花粉症の症状が悪化する事が多いようです。

記事を読む

インフルエンザ A型

インフルエンザA型の症状や潜伏期間。完治するまでの期間と対応策。

インフルエンザと聞いて思い出すのは数年前の冬のこと。あろうことか我が家は、家族全員が同時にインフルエ

記事を読む

ものもらいはプールでうつる?!調べてみました。

ものもらいというと、どうしても人から人へ「うつる」というイメージを 持たれている方も多くいらっしゃる

記事を読む

87f4e6679ba4a29c21e03f17cbacc87e_s

ノロウイルスの症状。幼児は発熱や下痢がひどい?食事はどうすべき?

ノロウイルスといえば、感染して発症すると腹痛や嘔吐や下痢を引き起こすつらいウイルスです。大人でもかな

記事を読む

蜂 刺された 腫れ

蜂にさされた時の対処法。腫れやかゆみはどうする?

皆さんは蜂に刺された事がありますか? 私はとある観光名所に行った時、写真を撮ろうとしてしゃがむ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑