*

静電気の除去方法。誰でも簡単!3つの技はコレ。

静電気・・・毎年思うのは、このパチってどうにかならないの?

ドアノブを触った瞬間、車に乗る時、髪を触ればふわふわとまとまりなく。。冬の憂鬱の1つは、この静電気も関係ありそうな気がします。

SPONSORED LINK

でも必ずバチっとなる人と、そうでない人がいるようだけど、その違いは一体なんでしょうか?

冬の乾燥した湿度では、さらに起こり易い静電気。
この冬快適に過ごすために、いくつかの静電気除去方法を調べてみました。

簡単!静電気除去方法 その1

まずは身体の中から改善

健康的な人の体内(血液)は「弱アルカリ性」
皮膚は「弱酸性」ですが、不規則な生活や、ストレス、食生活の変化などで乱れている人が多くなってきたと言われています。

ジャンクフードなどは、栄養を偏らせ、血液が濃くなります。
写真2

血液を弱アルカリ性に戻す食べ物、食生活を見直すことも、
静電気を予防・除去する一歩です。

弱アルカリ性を摂取するには、サプリメントを利用する方法もありますが、
たまねぎやキャベツ、小松菜、大根の野菜や、豆腐、小豆、りんごなどからも摂取が可能です。

日ごろからアルカリ性の食品を摂取する事を心がけましょう。

簡単!静電気除去方法 その2

イラスト1

普段着るものを改善する。

衣類の静電気予防法としては、合成繊維の衣類をやめ、綿・絹・麻・羊毛などの天然繊維100%の素材の服を着ることにより、軽減することができます。

冬の定番のフリースは、合成繊維のため、バチバチの静電気を防ぐことはできません。
とはいっても、すべて同じ素材で毎日組み合わせるのはなかなか難しいのではないでしょうか?

そんな時は、組み合わせに気をつけてみましょう。
フリースの下には、綿のTシャツや肌着を合わせるだけで、帯電しにくくなります。

また最近は、導電性繊維の生地を使った衣類もあります。
スカート裏地で使われていたり、そのような生地も売られていたりしますので、それらを縫いつけるだけでも違います。

また、衣類の洗濯の際には、柔軟剤を使うことでも静電気は予防することができます。
柔軟剤に使われている界面活性剤の分子には、水になじみやすい部分と油になじみやすい部分があります。

これらが繊維に付着することで、繊維同士の摩擦を防いでくれます。

SPONSORED LINK

簡単!静電気除去方法 その3

普段使っているもの・使い方を見直す。

女性のお悩みナンバー1は、髪の静電気ではないでしょうか?

髪の毛は何もしなくても摩擦し合います。
子供のころは面白がって、下敷きで髪の毛をこすって立たせて静電気を発生させたりしたことはありませんか?

この時、数万ボルトの電流が流れている、とも言われています。
確実にキューティクルが剥がれ、髪は痛んできます。

イラスト2

静電気を防止し、髪の痛みを防ぐために、下記にようなことに気をつけてみましょう。

  1. そのままブラッシングしない。
    髪を少し湿らせてブラッシングしましょう。
    そのまま摩擦が多い状態でブラッシングすることにより、静電気が起こります。

    くしやブラシはプラスティック製・ナイロンブラシなどは避けましょう。
    豚毛や木製・つげ櫛など天然のものを使いましょう。

  2. ブラッシング前に靴下・ストッキングなどを脱ぐ。
    履物を履いたままですと、静電気が上手に放電されないと言われています。
    ブラッシングの際は素足になった方が、足から上手に放電されます。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
静電気除去グッズ。口コミで話題?安価で効果抜群のオススメ紹介!

静電気は痛いだけじゃない・・

写真1

なんと、静電気でバチっときた時、ただ、痛いだけではありません。それにより、カルシウムやビタミンCが放出されると言われています。

ビックリですね。それらが放出されることにより、健康を害することもあります。免疫力が低下したり、疲れやすくなったり、ストレスがたまり易くなることもあります。

身体の不調が、こういった静電気のせいだとは、今まで気がつかなかったかもしれません。普段の生活で気をつけることが出来るものは、積極的に改善してみましょう。ただでさえ、不快な思いをする静電気。

今年の冬は、静電気にバイバイ!ですね。

SPONSORED LINK

関連記事

写真1

逆さ箸はマナー違反?一発でわかる正しい知識!!

沢山の人数で食事に行くのは、楽しいですよね。色々な種類のものを頼んで、取り分けて食べれば、何種類もの

記事を読む

キラキラネームは後悔する?名付け前に考えるべきポイントとは?

テレビや雑誌など至る所で一年中話題となる『キラキラネーム』 なんとなーくイメージは出来るんだけどイマ

記事を読む

換気扇

キッチン換気扇の簡単な掃除方法。フィルターやレンジフードに有効

キッチンの中でお世話になっているけど、掃除が大変なものの代表、換気扇。大変ですよね。分解の仕方も頑固

記事を読む

液体歯磨きの使い方とは?!正しく磨いてキレイな歯を作ろう!

皆さんは、歯磨きの時、どのような歯磨き粉を使っていますか? 私は、普通の歯磨き粉、いわゆる練り歯磨き

記事を読む

灯籠

石巻川開きへ行こう!2015最新情報はココ!!

先日、東北のお祭りのCMをみました。 そこには沢山の東北のお祭りが力強い姿をみせていました!

記事を読む

0134c0706b014af40e623c44f4cc03e4_s (1)

引越しの荷造りを手際よく!究極のコツは?手順やポイント徹底紹介

3月から4月にかけては、卒業や入学、入社や転勤など、生活スタイルの変化に伴って引越しをする人が最も多

記事を読む

男の浴衣の柄はどう選ぶ?失敗しない選び方を解説。

ここ最近、浴衣を着る男性が増えていると思いませんか? 女の子は、花火大会やお祭りで浴衣を着ることもあ

記事を読む

お風呂

お風呂掃除の頻度は?カビ防止に効果的な洗い方とタイミング。

お風呂掃除、ちょっとめんどくさいですよね。どれくらい洗えばいいのか、どうやって汚れを落としたらいいの

記事を読む

結婚式の余興。鉄板で盛り上がるダンスは?男性向けおすすめ選曲集!

結婚式で、新郎新婦から「忙しいのに申し訳ないんだけど……」と余興を頼まれる経験は誰にでも1度ならある

記事を読む

角砂糖

砂糖税とは?いつから導入?メリットは?わかりやすく解説!!

「仕事を頑張った自分へのご褒美に、今日はケーキでも買って帰ろうかな?」なんて経験ありませんか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑