*

アーモンドの効能と効果。ダイエットに有効?食べ過ぎは悪影響?

ダイエット中なのについつい口寂しくて菓子を食べてしまう、とこぼすと「どうせ食べるんだったらアーモンドを食べればいいよ」といわれました。「ダイエットに効果があるから」と。これ、本当でしょうか?

アーモンドチョコなどはお菓子の定番ですから、けっこうカロリー高いんじゃないの? そう思って調べてみたところ、アーモンドって実は様々な効能を備えた魔法の食品だということが判明したのです。でも、食べすぎには要注意ですよ!

SPONSORED LINK

アーモンドの効能は?

アーモンドにはさまざまな栄養素が含まれています。

中でも有名なのが「ビタミンE」。

アーモンド20粒を食べれば一日分のノルマがクリアできるのだとか。ゴボウに勝るという食物繊維と、良質の脂質も見逃せません。では、それらの栄養を取り入れるとどんな効能があるのでしょうか。

ダイエット

単純に、油が多いものは太ると思ってしまいがちですが、アーモンドに含まれる脂質は「太りにくい油」なんです。そのうえ糖の吸収を抑える効果があり、糖質制限中の方でも食べることができます。ローストすれば歯ごたえもよく、満腹感が味わえますのでダイエットのお供にピッタリです。

アンチエイジング

「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEを多く含んでいるため、しわやたるみを防ぎます。
アーモンド 効能 効果 食べすぎ (3)

デトックス

アーモンドには食物繊維が多くふくまれています。つまり、出すもの出してお腹スッキリ! 体内からキレイになれる、というわけです。

病気を防ぐ

オレイン酸により血液をサラサラにする効果があります。血糖値も上がりにくくなるため、アーモンドを食べると脳梗塞や糖尿病などの生活習慣病になりにくいといわれています。

アーモンドの種類

アーモンド 効能 効果 食べすぎ (2)
アーモンドの花ってご存知ですか? 白っぽいピンクの可愛い花で、桜や桃に似ています。アーモンドの種類はたくさんありますが、一般に食べられているのは「ノンパレル」が多く、小粒な「ビュート」や大粒の「モントレー」、他に「カーメル」「カルフォルニア」などがあります。

効果的な食べ方

アーモンドを食べるときは「ロースト」したものを選ぶか「生」のままか…。これは賛否両論で意見の分かれるところです。栄養価は生のままのほうが高いといわれています。が、生だとカビが生えやすく、衛生面に不安が残ります。扱いやすいのはローストアーモンドでしょうか。

アーモンドでダイエットをする場合、私がおすすめするのは、ローストアーモンドです。理由はずばり、美味しいから! …すみません、好みです。口寂しいから食べてしまう場合、ローストアーモンドがあれば、いつでも気軽にポリポリつまむことができ、甘いものを食べてしまうのを防ぐことができます。

次におすすめなのは、アーモンドミルクです。牛乳の代わり飲めるので人気ですね。

★アーモンドミルクの作り方動画

もしくは、アーモンドミルクを「買うこと」です。レシピを調べれば自分でも簡単に作ることもできますが、これだとかなり高くついてしまうんです。アーモンドって、ピーナッツに比べるとそんなに安くないんですよね。

アーモンドミルクを作るには結構な量が必要ですし、ポリポリかじるにしても、定期的に食べたり飲んだりするにはそれなりにお金がかかります。なので、アーモンドミルクは加工されたものを購入するほうが手っ取り早く安上がりなわけです。

SPONSORED LINK

アーモンド選びのポイントや注意点

「購入する量に注意!」

ローストアーモンドを買うにあたって、ちょっとだけ忠告しておきます。「最初は小袋から」! 実は私、少しでも安くあげようと企み、コストコでアーモンドの巨大な袋を買ったんです。これでアーモンドダイエットを始めるぞと。

けれど袋が大きすぎたため、アーモンドがちっとも減らず、ぜんぶ食べきる前に湿気てしまいました。湿気ると歯ごたえがなくなるため、食べるたびにフライパンで炒りなおす必要があり、大変めんどうでした。アーモンドミルクにすれば減りが早かったのでしょうが…。

もうひとつは、「食べ過ぎに注意」!

なんでもそうですが『過ぎたるは及ばざるが如し』。いくらダイエトや美容に良いからといってもカロリーがあるわけですから、食べすぎれば確実に太ります。一日20粒を目安にしましょう。また、便秘解消になる一方、食べすぎれば下痢になります。口唇ヘルペスになりやすくなるともいわれています。

さいごに

私はアーモンドダイエットというほどでもないのですが、口寂しくなったときはスナック菓子ではなくアーモンドを食べるようにしました。20粒も食べていないのですが、油のためかかなり満腹感がありました。結果、ちょっとずつですが体重が落ちています!(実話)

SPONSORED LINK

関連記事

とびひの症状。発熱は?大人も感染する?対策や治療法。

夏と言えば、アウトドアなイベントが満載で気分も盛り上がる楽しい季節ですよね。 しかし!暑さで汗ダク

記事を読む

929c46152e585180b7577746585d8ba3_s

給食袋の作り方。超簡単!動画付きで複数パターンを詳しく紹介!

最近は小学校では給食袋をもたされることがほとんどのようです。私の時は給食袋といえば各クラスに学校から

記事を読む

1

合唱で歌う唄!人気卒業ソング2016!学生向けのオススメを紹介

人生に置いて、卒業式で歌う合唱は一生の思い出です。 そんな卒業式がもうすぐ近づいてきているわけ

記事を読む

滋賀 栗拾い

「ー」の読み方。意外と知らない真実とは?わかりやすく解説!

「ー」 あなたはなんと読みましたか? 「うわーい」とか伸ばすやつ 小説とかで回想シーンとかの

記事を読む

プールのルールとは?知らないと恥ずかしい基本の知識!

夏になると行きたくなるのが海やプールです。 でも、プールに入る際にもルールがあるのをご存知ですか。

記事を読む

鍵屋 玉屋 花火

花火の掛け声はなぜ「鍵屋」と「玉屋」?解説します。

質問です! 「た~まや~!」、「か~ぎや~!」と聞いて何を思い浮かべますか? この質問に

記事を読む

巻き爪

足の親指の巻き爪はこれで治った!対策まとめ

足の親指が巻き爪になっている方は、軽度なものを含めると全人口の約10%にも達するのだそうです。10人

記事を読む

ステロイド 副作用

ステロイドの副作用とは?筋肉や精神に及ぼす影響をチェック!

「ステロイド」という言葉はよく耳にする言葉だと思います。 このステロイドとは一体何なのでしょうか?

記事を読む

男の浴衣は左前が正しい?わかりやすく解説!参考動画あり!

夏は花火を見に浴衣を着る機会が多くなります。 浴衣は女性というイメージが強いかもしれませんが、 男性

記事を読む

青じそ保存

青じその保存方法。冷凍や乾燥のコツを超わかりやすく解説!

天ぷらにしてもよし、ドレッシングにしてもよし、パスタから肉料理まで何にでも使える青じそ。しかも栽培が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑