*

ウイルス性胃腸炎の潜伏期間は?空気感染でうつる?原因と予防対策。

あなたはウイルス性胃腸炎ってご存知ですか?
実は私は先日、胃腸風邪にやられて寝込みました。
思った以上につらいんですよね、なにも食べられなくて…おかげで体重は減ったんですけど。胃腸風邪は正式には「感染性胃腸炎」といいます。原因が細菌なら抗生物質で治せるのですが、ウィルス性の場合は大変です。

SPONSORED LINK

有名なノロウィルスをはじめ、ウィルス性胃腸炎は薬が効かない上に人にうつりやすいからです。つらい胃腸風邪にならないために、感染経路や潜伏期間などを調べてみました。

ウイルス性胃腸炎の症状と原因

ウィルス性胃腸炎 潜伏期間 (2)

胃腸炎を起こすウィルスにはいくつか種類があります。共通する症状として、激しい下痢と嘔吐がみられ、脱水症状に陥りやすいのが特徴です。

高齢者や小さな子供の場合はとくに重症化しやすいので注意が必要です。

ノロウィルス

成人も多くかかり、冬に感染が広まることで有名です。主に食べ物、カキなどの二枚貝から人に感染するといわれています。生野菜やよく火の通っていない食べ物が汚染されている場合もあります。

ロタウィルス

冬に多く乳幼児に多い病気で、5才までに90%の人が感染するといわれています。米のとぎ汁のような白っぽい水下痢が特徴です。多くの人がかかる病気ですが悪化しやすく、脳炎を併発したり、命にかかわることもあります。

アデノウイルス

子供に多い病気で夏でも多くかかります。いくつもの型があり、プールで感染するプール熱もアデノウィルスの一種です。下痢や嘔吐のほか、発熱やのどの痛みを伴うこともあります。

どうやってうつる?空気感染する?

口から入る経口感染が主で、厳密な意味での空気感染はしないといわれています。しかし、ウィルスというのは電子顕微鏡が必要なくらい小さくて軽いものです。

感染者が勢いよく嘔吐することで飛び散ったり、排泄物を掃除したときにわずかなウィルスが空中に舞い上がって埃にくっつき、空中を漂って人の体内に入り込むことでも感染します。また、汚染された衣類を洗濯し、乾いたときにウィルスが空中にばらまかれることがあります。

潜伏期間は?

ウィルスによって異なります。

  • ノロウィルス 1~2日
  • ロタウィルス 1~2日
  • アデノウィルス 3~10日

潜伏期間だけでなく、回復したあとも排泄物にウィルスが含まれていることがあり、感染を広げますので十分に注意しましょう!

SPONSORED LINK

発症後の対応と知っておくべき予防方法

恐ろしいことにウィルス性胃腸炎には効果的な治療法がありません!

抗生物質は効かず、抗ウィルス薬もほとんどありません。できるのはせいぜい対症療法ですが、市販の下痢止めなどは絶対にやめましょう。ウィルスが外に出られずかえって長引くことになります。

とにかく安静にし、ウィルスが出ていくのを待つことです。脱水症状を起こしやすい状態にありますから、なるべく水分補給をしましょう。水やお茶よりもスポーツドリンクやOS-1などの経口補水液が有効です。

大切なのは感染を広げないことです。

排泄物や吐しゃ物の掃除は素手で行わず、必ずマスクと手袋を着用しましょう。嘔吐したあとを処理するとき、紙などで覆ってから掃除をすればウイルスの飛散を防ぐことができます。汚物を片づけたあとは、塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)で消毒しておきましょう。排泄物の処理はビニール袋で厳重に密封しましょう。

・感染者の嘔吐物の処理方法動画

※注意点
感染した人は必ずマスクをして、調理などをせず、お風呂も最後に入るようにしましょう。
タオルも別のものを使いましょう。嘔吐などで汚れた服はそのまま洗うとかえって感染を広げます。

1分以上の熱湯消毒、または塩素系の漂白剤に浸してから、家族のものとは別々に洗いましょう。トイレ掃除は毎回行い、塩素系漂白剤を250倍に薄めたもので拭き取りましょう。便座や便器、フタの裏、床や壁も拭きましょう。

感染していない人は、予防のためにこまめに石鹸と流水で手洗いをしましょう。

ウィルス性胃腸炎 潜伏期間 (1)

まとめ

手洗いはすべての病気の予防の基本ですね。が、どんなに気を付けていても会社や学校でうつされてしまうことも多いです。「もしかしたら」と思ったら、悩まずすぐに感染予防につとめましょう。ちなみに私はつきそいで行った病院でうつされてしまったようです…。皆さんもお気を付けて。

SPONSORED LINK

関連記事

bbabfb954962537388b480b91df3740a_s

赤ちゃんの鼻づまり解消法!超簡単に出来る5つのワザとは?

「ゴーゴー」「ズーズー」「プシュー」「スピー」 赤ちゃんの鼻づまりの音がして、ママも気になっち

記事を読む

a1380_000401

へそピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ!参考動画あり

本格的な夏が近づき、薄着になるこの季節。 シャツの裾から、チラリとへそピアスが見えたりすると、 「お

記事を読む

ノロウイルスの感染期間や感染経路。空気感染するの?詳細を調査!

さあ、冬本番です。楽しいことがたくさんありますよね。クリスマス、お正月休み、お年玉(人によりますが・

記事を読む

bsPAK75_tekubiwoitametakabedon20140322

切り傷を圧倒的に早く治す処置方法とは?動画で解説!

紙や包丁で指を切ってしまったり、また、ガラスの破片を片付けているときに切り傷を作ってしまったことはあ

記事を読む

妊婦

妊娠中の親知らず。抜歯は危険?妊婦への影響や注意点の詳細。

妊娠中に歯医者には行かなくて済むように、って言われているの知ってました? 私は知らなかったのですが、

記事を読む

軟骨ピアス 痛み

軟骨ピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ

ピアスといえば、一昔前では耳たぶが主流でしたが、 最近では耳の軟骨部分にピアスをしている方も多く見

記事を読む

猫に蚊取り線香は大丈夫?効果や害を徹底調査!

暑い夏が来た!!ムシムシジメジメ。実家の猫も至る所で涼んでいます。ある時はフローリングの廊下。ある時

記事を読む

イラスト1

膝の痛み。ランニングは危険?故障前の注意点まとめ!

手軽な運動として、ランニングはとても人気なスポーツです。 運動不足を感じたときに、「とりあえず

記事を読む

血液検査のCK。高い?低い?基準値は?大人と子供の違いはある?

血液検査項目の中に、CKという表記がありますが、一体これは何を表すものなのか、結果の数値を見ただけで

記事を読む

a0006_001870

赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気でも病院は必要?症状と対処法。

赤ちゃんはよく下痢をしたり、風邪をひいたりしますよね。下痢をしていても、体は元気でよく動いたりするこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑