*

洗濯物の生乾き。臭い匂いの消臭対策まとめ!超有効な予防方法とは?

休みの日にまとめて洗濯をして、さあ干すぞ! と思ったところでいやな匂いがしてがっかりって経験ありませんか? 

毎日洗濯しているのに、干す時は柔軟剤の香りが部屋に充満していたのに、たたむ時にはなんだか・・・匂う、という脱力した経験ありませんか? 我が家でも、毎日こまめに洗濯をしているのに、なんだか匂ってがっかりすることがあります。何かしらいい対策はないものかと調べてみました。

SPONSORED LINK

生乾きが臭い原因

きれいに洗濯をしても雑菌が好きなのは食べカスや皮脂などのほかに、湿った場所も大好きなのです。最近このいやなにおいの原因になる雑菌が分かりました。

モラクセラ菌というのだそうですよ。

消臭対策

まず1つ目 洗濯機が、汚れた洗濯物の置き場所になっていませんか?

意外としてしまっている方も多いと思いますが、換気されない、風が通らないため湿った物を入れているのですから、高温多湿になり菌の絶好の繁殖場所になってしまいます。

汚れたものは専用のかごなどに入れるなど、密閉された空間に入れないようにしましょう。

2つ目 まとめて大量に洗っている。

楽ですよね。(かくいう私も一人暮らしの時は3日に1回くらいで洗濯していました・・・・・・)これも菌の繁殖を助けているのです。数日置いているということで汚れが定着してしまい落ちにくい、ということもありますが、洗濯機の許容量いっぱいに入れているということも、洗濯機の性能を落としてしまい汚れが残っている可能性があるのです。

出来ればこまめに洗濯をする。また、大量の時は小分けにして洗濯をする。

臭い

3つ目 洗った洗濯物を洗濯機に入れっぱなし。

忙しくて・・・つい忘れて・・・後でしようと思って・・・洗濯機に入れてそのまま放置していませんか? これかなり厄介なことになります。(果てしなく後悔したことがあります。飼っている犬のタオルを洗って忘れてしまったんですが、仕事から帰って洗濯機を開けたら、洗濯機から匂いが・・・)洗った物だけでなく、洗濯機自体が匂うなんてことにもなりかねません!

洗ったらすぐに洗濯機からは出しましょう(洗濯物が匂うのなら洗いなおせば何とか回復可能ですが、洗濯機自体が匂うと、取り返しがつきません!)

4つ目 洗濯機はふたを開けていますか?

洗濯が終わった後、開けっぱなしにすることが、消臭対策になるのです。(なんとなくお行儀が悪い気もしますが、ふたを閉めたままだと、洗濯が終わった後の水分が残った状態で高温多湿になります。)

ふたは開けたままにしておく。または、洗濯槽洗剤などで洗濯機の掃除をするのも効果的です。

生乾きに効く洗剤は?

除菌効果のある酸素系漂白剤が含まれているものがお勧めです。
SPONSORED LINK

生乾きの予防

衣類は間隔を適度に開けて干すことで予防になります。

洗濯

外で太陽と風に当てるのが一番いいのですが、そんなことも言っていられない日もありますので、間隔をあけて干すこと、干す場合、外側から中央に向かって山形になるように干すとより効果的です。
また、部屋干しの時は換気をしましょう。換気をしないまま室内干しをすると、湿度が上がり菌の絶好の繁殖場所になるからです。

適度に適量に

洗濯が終わった呼び出し音がなったからすぐに干さなければならないわけではありませんが、適度に忘れないように早めに干すことを心がけましょう。洗濯をする量は、洗濯機の許容量を見極めて適量にしましょう。洗剤の量は多くても洗濯槽にのこります、適量を守りましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

おたる潮まつり 2015 日程 花火

京都で10月にオススメの紅葉はココ!みどころ満載スポットを紹介!

秋といえば紅葉、紅葉といえば京都ですよね。 というわけで、今年は是非とも京都に紅葉を見に行きたい!と

記事を読む

結婚 生活費 平均

結婚後の生活費。平均はいくら?管理や分担は?内訳を調査。

お金って羽が生えているに違いない!と思ったことありませんか? 使ったつもりがなくてもどんどん消えて

記事を読む

お歳暮のお礼状。例文はこれでOK!ビジネス用の書き方のポイント

お歳暮の御礼状は書きましたか? 知人や親戚なら手っ取り早く電話でお礼という手もありますが、仕事関係の

記事を読む

ハート

子供向けクリスマスプレゼント。小学生の女の子が絶対喜ぶベスト3!

女の子に贈るものって難しいですよね。趣味を深く追求するタイプの男の子に比べて、趣味が幅広くなりがちで

記事を読む

ココナッツオイル

ココナッツオイルの肌効果。美容に効く秘密とは?効能と注意点。

ダイエットや身体にいい万能薬として最近話題の「ココナッツオイル」あまり知られていませんが、なんと!肌

記事を読む

スイカ割り

スイカ割の棒は新聞紙がオススメ!作り方を紹介!!

さて、今回は夏の代名詞とも言えるスイカ!その楽しみ方の中の一つスイカ割についてご紹介します!

記事を読む

男の浴衣は左前が正しい?わかりやすく解説!参考動画あり!

夏は花火を見に浴衣を着る機会が多くなります。 浴衣は女性というイメージが強いかもしれませんが、 男性

記事を読む

0316c1052e3952a1f565b7c23fbeed4d_s

マーガレットの育て方。切り戻しの時期、鉢植え、剪定のポイント。

道端で見かけることもあるマーガレット。 白い花やピンクの花びらが特徴的でどこかしら繊細なものを

記事を読む

41464e91c3a9a4e0b56837da5a8e2039_s

母の日の花言葉2016。カーネーションの色の意味や由来は?

日本では母の日に「カーネーションを贈る」という風習があります。 母の日ではなくてもカーネーショ

記事を読む

bsPAK75_5syuruinorancyon20141206165130

【超簡単】巾着袋の作り方まとめ!動画でわかりやすく解説。

お子さんが入学するときや、新学期が始まる時などに必要になるのが、巾着袋。お子さんのお弁当を入れたり、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑